--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
11.22

むくみをとる方法 むくみの原因

Category: a
水分のとりすぎがむくみの原因なのでしょうか。


実は塩分がむくみに関係ある


人の体の約60%は水分で出来ています。そしてこの水分量は腎臓の働きによって、余分な水分を汗や尿として排泄することで調節されているんです。

さらに腎臓は体内の塩分濃度も 一定に保つ働きをしています。ところが。お酒と一緒に食べるおつまみによって塩分をとりすぎてしまうと…体内の塩分濃度は一気に上昇!

そして塩分濃度を下げるために より多くの水分をとってしまいます。このように水分や塩分をとりすぎると 腎臓の働きが追いつかず、体内に余分な水分を貯め込んでしまいます。 そして、この水分が寝てる間に重力の影響で顔にたまりむくんでしまうんです。


朝むくまないようにする方法 むくみ予防法


朝むくまないようにするにはいったいどうすればいいでしょう?

step1 塩分を排出する!


体内の余分な塩分を排出させるにはカリウムが重大な働きをします。このカリウムがとても多く含まれているのがグレープフルーツ。お酒を飲んだあとにグレープフルーツジュースを一杯飲むだけでもむくみには効果アリなんです。

step2 水分を排出する!


女性に人気のハーブティー。中でもタンポポ茶は利尿作用が非常に高く、体内の余分な水分を排出する働きがあるのでむくみに効果的。

step3 血流をよくする!


飲んで帰ってきてそのまま寝るのはNG!まずはぬるめのお湯にゆっくりつかろう!半身浴がオススメ。血行がよくなり顔のむく予防には最適なんです。そしてあとはゆっくり寝るだけ。ただし、うつ伏せ寝や低い枕は、血流を悪くし顔に水分をためこんでしまうのでNG!


すぐにむくみを取る方法


step1 蒸しタオルで温める!


むくんでいるときは冷やせばオッケーと思っている人多いんじゃありませんか? それは大間違い!血流をよくするためには冷やす温めるを 交互に繰り返すことが大事。この冷温刺激によって血管の収縮が促され 血流がとてもよくなるんです。

step2 ツボを刺激する!


また、顔のむくみに直接関係ある 血管・外頸動脈を刺激するのも むくみには効果絶大。目尻と眉尻のちょうど正三角形の所にある 太陽というツボを左右5回ずつ押してみよう。 忙しい朝もたったこれだけのことで血流がよくなり顔のむくみも スッキリ解消されるんです。

これで朝のむくみ解消はバッチリ!


足の夜むくみ解消法


むくみの原因は?


基本的にむくみは運動不足が原因ですが、立ち仕事なら常に動いているように見えますが…?

むくみの原因は水。水はさまざまな形で体内をめぐり、主に血管の中・リンパ管の中を流れています。この水がなんらかの理由でどこかの細胞間に溜まってしまう。これがむくみ。
そしてのむくみの引きがねとなったのは 立ち仕事。脚の血液が重力によって下に引っ張られ、血液中の水が運ばれなくなるんです。

通常はふくらはぎの筋肉がポンプのような 働きをして血液を上に押し戻しているんです。主に水や老廃物を回収する『体の下水道』リンパ。リンパもふくらはぎのポンプ力が弱いと停滞し、結果、むくみにつながるんです。
一日中座り仕事で、足の筋肉を使わないと、むくみになってしまうんです。一見、動いているように見える立ち仕事の人の足も、実はひざの曲げ伸ばしがなく、ふくらはぎが 動いていないため、使っていないのと同じなんです!      

一方,男性のふくらはぎは筋肉が大きいため、ポンプが良く働く。だから女性と違い、男性はむくみが少ないんです。


むくみを取る方法


step1 足のむくみ解消の定番・足湯


重要なのはお湯の量。内くるぶしの上7cm以上の深さにたっぷりと。ここにはつぼのエネルギーがつたわるルート「経絡」の重要な交差点があり、ここを温めると、むくみなど女性の脚の悩み全般に効果があるという。
足湯が面倒なあなたはドライヤーで!足のウラに熱過ぎないよう距離を調整しながら15秒。脚がポカポカしてきたら冷風にして15秒。これを3回ずつ。軽いむくみならこれでOKです。

step2 足むくみに最も効果的なつぼ


脚の血流を促すスタートスイッチ『湧泉』。「人」型のようになっている所が目印。そこの中心!ここを強く、 深呼吸に合わせてゆっくりと押す。これを5回。血流やリンパ流が動き出します。
面倒な人はそんな人にはこれ『ボタン』が役に立つんです。朝出かける前に、つぼ『湧泉』にバンソウコウなどで ボタンを貼って、そのまま過ごすだけ。一日中指圧している状態!予防にもなるスゴ技です。

step3 ふくらはぎのポンプ力をフォローするマッサージ


ふくらはぎの下から上へ気持ちいい程度の力でギュッギュッともみ上げます。5セットを目安にもみましょう。

これで夜むくみもバッチリ!あとはむくみやすい体質を改善するのみ!


むくみやすい体質を改善したい


むくみやすい体質って?


その1 運動不足で筋肉が少ない…筋肉が少ないと体内で水を運ぶポンプがうまく機能しないのでむくんでしまう
その2 身体に冷えを持っている…むくんでいる人は身体の中に水分がたくさんあるために冷え性になる。腎臓機能低下で水分調節・排尿がうまくいかないため体に水分がたまってしまいむくんでしまいます。さらに、そのたまった水分が身体を冷やす原因になります。


むくまない体になるには


それじゃ、むくまない体になるためにはどうすればいいの!?
それは、身体を温めて身体の内部の冷えをとり、腎臓の機能を上げることが大切!


むくみ・冷えのある人は食生活に問題がある


むくみのある人はズバリ、水分のとりすぎ!先生曰く、最近の若い人は水分の取り過ぎだとか。 1日のトイレ回数は、正常だと4回程度といわれています。5回以上の人は水分の取り過ぎ!

さらに、健康のため、ダイエットのためにと食べていた野菜は、東洋医学では、これは身体を冷やす「陰」と呼ばれる野菜だったのです!

陰性(主に身体を冷やす食べ物)


野菜 ジャガイモ・ナス・シイタケ・サツマイモ・ほうれん草・セロリ・キュウリ・たけのこ・パセリ
果物 バナナ・ブドウ・いちじく・メロン・かき
飲み物 牛乳・ヨーグルト・ウィスキー・コーヒー・ビール・麦茶・ワイン・緑茶・日本酒・ソーダ

中間(主に身体を冷やしにくい食べ物)


海草類 海草類は全て、ほぼ中間にあり火を通して食べると陽の要素が高くなります
野菜 キャベツ・ハクサイ・ ニンジン・玉ねぎ・カボチャ・レンコン・ゴボウ・山芋・大根など主に根菜類
果物 りんご・いちご

陽性(主に身体を温める食べ物)


肉・魚 肉・魚は基本的に身体を温める
発酵食品 ミソ・たくあん・しょうゆ・梅干・チーズ・納豆
飲み物 たんぽぽ茶・番茶

むくみが気になる人は、極端に身体を冷やす陰の食品をなるべく少なくすることが大切なんですね。


冷え・むくみ対策!


その1 極端に身体を冷やす食材を避ける
その2 マッサージで足の血行をよくする
その3 足の裏のむくみツボを刺激
その4 腎臓をアンマ(温かい缶コーヒーなどを背中に当て、寝る前の5分間横になるだけ)

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/796-ad6d06ef
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。