--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
06.28

交感神経優位型・副交感神経優位型の疲れ方タイプチェックとストレス解消法

Category: a
あなたのその疲労回復法、本当に自分にあっていますか?
次の10の質問に答えて当てはまるものをチェックしてみてください


自律神経チェック


1 忙しい時は、つい食事を抜いてしまう
2 どちらかといえば頑張り屋だ
3 休みに1日中家でゴロゴロしていることはない
4 明日大事なことがあると夜眠れない
5 仕事が無い日も早く起きてあれこれ始める
6 学生の頃、一夜漬けは得意だった
7 ここ1番で集中力があるほうだ
8 与えられた仕事は努力して実行するほうだ
9 怒りを感じると血の気が引いていく
10 人前で話をするときは胸がドキドキする

当てはまる項目が多いほど交感神経優位型
少ない人は副交感神経優位型


交感神経優位型


1 交感神経に支配されるタイプ
2 夏休みの宿題 ギリギリまで手をつけずにまとめてやる
3 ここぞというときに集中力がある
4 突然の仕事をおしつけられても無理がきく
5 怒った時に顔の血管が収縮し血の気がサーっと引いて顔色が青くなる
6 ダルいときは多少睡眠時間を削っても思いっきり遊んだほうが効果的


副交感神経優位型


1 副交感神経に支配されるタイプ
2 夏休みの宿題 はじめのうちに仕上げる
3 突然の仕事をおしつけられると無理がきかない
4 計画をたててコツコツ実行
5 怒った時に顔の血管が膨張しカーっと熱くなって顔色が赤くなる
6 規則正しい生活に戻すことを心がけ、睡眠を多めに取るなどして体を休める


副交感神経優位型タイプはダルいときに休めば回復できるが、
交感神経優位型の人は休んでも回復できないそうです。

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/786-47bf4b7e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。