--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
05.24

若く見えるメイク術・髪型・服装

Category: a
髪型・メイク・服装で損をしていませんか? 老けてみられるという人は、この3つを改善すれば、グっと若く見えるようになります


若く見えるメイク術・髪型・服装


A 基本はショートカット
髪を短くすれば頭が小さく見え、8頭身に見えるようになります。

B 若く見せるファッション
体型を隠すために大きめの服を着るのはタブー。若さの象徴であるくびれを作るのがポイントです。 又、露出するほど若く見えますが、それは本当に若い人だけ!二の腕や首回りの肉がタプタプしてきたら、逆に隠したほうが良いでしょう。
洋服の色は、暖色系であれば非常に強い色、すっきりとした寒色系を選べばシャープで初々しいイメージとなり若く見えます。

C ファンデーションを塗る時間
ポイントメイクにばかり時間をかけて、ファンデーションを塗る時間が短いと老けて見えてしまいます。
丁寧にファンデーションを塗ると見た目年齢が若く見られます。

塗り方のコツは、ファンデーションを塗る前にマッサージをすると、 頬のたるみが引き締まり、顔がシャープに見えるようになります。


体の隅々まで調べると出てくる「生物学的年齢」


実は、メイクや髪型、服装以外に見た目の年齢を決めるものがあるんです! それは、生物学的年齢。生物学的年齢の中でも、一番重要な血液年齢は、見た目の年齢とほぼ一致します。

生物学的年齢を若返らせる方法とは?


見た目年齢と血管の状態が、その人の見た目を決めるといいます。 血管を広げるヘモグロビンの変形を促し、血流をよくし、高血圧、動脈硬化、心臓病などに効果があるのがマグネシウムなのです。ただし、無理なダイエットやストレスなどで、マグネシウムは尿中に排出されてしまいます。

マグネシウムを含む食品
・白米以外の穀類
・緑の野菜(ほうれん草などの葉っぱ類)
・魚
・海草

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/785-607e0ce8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。