--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
11.23

右脳を活性化させる方法

Category: a
要領が良い人と悪い人の行動の違いは、右脳の活性化にあります。
右脳の働きを利用して絵を上達させようとする絵画教室を取材したところ、ここでは絵を上下逆さまにして模写しているのです。そのわけは?


右脳の活性化


たとえば「椅子に座った女性」の映像を見た場合、私たちは「椅子に座った女性」だとすぐに認識します。これは今までの経験により、左脳が論理的に処理するのでそう思うわけです。一方、これを上下逆さまの映像にしてみると、パッと見てなんの映像かわかりにくい。そこで、純粋に線と空間をイメージでとらえているのです。

この教室では5日間でモノの見方を左脳モードから右脳モードに変えていくのだそうです。そして、この講座を経験した人は5日というわずかな時間で格段の上達をしているのです!恐るべき右脳パワー!では、その右脳を活性化させる方法とは?


右脳を活性化させる方法


■指先運動
左手の指先を動かすと右脳側の血液が活発になる

■呼吸法
左の鼻を押さえ右の鼻で深く息を吸い込みそのまま右の鼻から吐き出し、右の鼻で深い深呼吸を繰り返す。

■音楽を聴く
音楽を理解するのは右脳の役割のひとつ。ただし、激しいロックや歌詞のある音楽だと歌詞の意味を左脳が理解しようと働くため、メロディー中心のゆったりとしたクラシック(特にモーツァルト)が効果的。

■絵でメモをする
道を歩く時でも、よく周りの景色に注意していつもと違いがあったり、新しい物を発見したらこまめにメモを取ります。このとき、文字よりも絵で書いたほうが右脳の力を伸ばします。

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/779-3b3c32cb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。