--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
12.03

脂肪肝になりやすい人の生活習慣チェックリスト

肝臓に中性脂肪が過剰に蓄積した病気、脂肪肝。特に自覚症状もなく軽く見られがちな病気ですが、放置しておくと、命に関わることにもなりかねない病気をもたらすことがあります。しかもこの病気、ここ10年あまりで倍以上に増えているというデータもあります。しかし、脂肪肝はその原因を知り、取り除くことが出来さえすれば、比較的簡単に直すことも出来る病気です。脂肪肝をもたらす生活習慣のチェック方法、脂肪肝の予防解消にお役立て下さい。


脂肪肝になりやすい人の生活習慣チェックリスト


以下の項目は、脂肪肝を引き起こしかねない生活習慣です。

(1)お酒を、量を気にせずほぼ毎日飲んでいる


ワインだったらグラス4杯、ウイスキーだったらダブル2杯です。但し、すでに脂肪肝と診断された人は、3ヶ月は禁酒が原則。
※因みに、お酒に強い人も弱い人も、脂肪肝などの肝臓の病気のかかりやすさは 変わりません。飲酒量、期間がつもるほど、肝臓の病気に近づくので注意してください。

(2)BMI;体重÷身長(m)÷身長(m)が25以上である


番組でもおなじみ、体格指数です。25以上の人は肥満。

(3)ウエスト÷ヒップが、男性1.0以上女性0.8以上である


これは、ウエストヒップ比といい、「内臓脂肪型」の肥満をチェックする指標。当てはまる人は、BMIで肥満に当てはまらなくても、「内臓脂肪型肥満」です。 脂肪肝になりやすいので注意してください。

(4)砂糖入りの清涼飲料水、お菓子、デザート類を1日2度以上食べる


砂糖の取りすぎは、肝臓に脂肪が貯まりやすいのです。同様に、脂質、コレステロールの取りすぎにも注意してください。

(5)果物を食事の代わりにしている


果物も、取りすぎなければ健康によい食品ですが、それだけで食事の代わりにはなりません。むしろ、果糖が脂肪肝を招いてしまいます。肥満にもつながります。

(6)肉、魚などタンパク質をあまりとらない


肝臓の中性脂肪を消費するには、タンパク質が必要。ですから、タンパク質が足りないことも、脂肪肝の原因になるのです。

(7)食事を抜くことが多い


1日3食とらず、まとめ食い、これも、脂肪肝の原因です。


脂肪肝が原因となる危険な病気


脂肪肝が、糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化のリスクを高めたり、逆にこういった病気が脂肪肝をもたらすなど、深い関係にあります。 さらに肝臓は女性ホルモン(エストロゲン)の量や働きを調節しているのですが、 脂肪肝になるとその機能が阻害され、女性は月経障害、妊娠障害、骨粗鬆症などになる危険性が高まります。

アルコール性(飲酒が原因)の脂肪肝の場合、放置していると、脂肪肝→肝炎→肝硬変に至ることも  


脂肪肝の予防、解消法


脂肪肝は「引き返せる病気」。脂肪肝になった原因を取り除けば、殆どの場合は数ヶ月で良くなります。予防解消の基本は食生活と運動です。

食生活


とりたい食品
海草、きのこ、野菜、脂身の少ない肉、乳製品、青魚、大豆食品

注意したい食品
砂糖入りの飲料、デザート菓子、果物、脂身の多い肉

運動


効果的な運動は、ウオーキング。歩幅を狭く、キビキビ歩くウオーキングがおすすめです。 少し苦しいが、会話を楽しめる程度の早いペースで1日20分。週5回が目標です。但し、運動習慣のない人は最初から無理をせず、徐々に増やしていったり、ペースをあげていくと良いでしょう。


トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/771-04c0b6ae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。