--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.26

帯状疱疹 あさイチ8月28日

Category: 未分類
あさイチ8月28日
帯状疱疹

80歳までに3人に1人は一生のうちにかかる、という身近な病気「帯状疱疹」。しかも、その患者数は15年前と比べ、およそ4割も増えています。重症化すると神経が傷ついて慢性痛が残ったり、失明や顔面まひといった合併症を引き起こす可能性もある危険な病気ですが、正しく対処できた人は実は意外と少ないとのこと。最も重要なのは早期発見で、発疹が出てから72時間以内に抗ウイルス薬服用すること。しかし、発疹で帯状疱疹に気付いたのはたったの3割。痛みの症状から、四十肩やぎっくり腰、心筋梗塞や腸閉塞(へいそく)などと勘違いし、治療が遅れ、重症化するケースが多いのが現状です。

そこで番組では、簡単な早期発見のチェックポイント、予防法、痛みが残った人のための最新治療法までお伝えしました。また帯状疱疹を発症させないための、とっておきの対策についてご紹介しました。


帯状疱疹は気づくのが遅れがち


なかなか帯状疱疹と気づけなかった2人の女性のケースを紹介しました。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談1


福祉関係の仕事をしていた女性はあるとき、心臓の後ろや肩に原因不明の痛みを感じたが、当時は何が痛いのかが全くわからなかった。痛みはまるで背中から金槌で殴られたような感覚までひろがり、背中を鏡で見てようやく腫れに気がついたのだという。その後病院で診察を受け、帯状疱疹と診断された。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談2


また別の女性は、帯状疱疹だとは気づかずに整形外科に受診。すると医師は四十肩と間違えられ、別の処方を受けたという。しかし帯状疱疹ではないかと疑いながら10日以上放置し、ようやく内科に向かった。女性は、自分も整外科に言ってしまったのは悪いと思うが、医師ももう少し深く聞いて欲しかったと話した。

発疹が出る前から、不思議な痛みに襲われ「心臓が悪いの?」と思った人や、「筋肉痛だと間違えて、整形外科に行ってしまった」という人も少なくありません。
そもそも帯状疱疹の原因は、子どもの頃にかかる水ぼうそうのウイルス。水ぼうそうにかかると、ウイルスは神経節といわれる所に潜伏しています。しかし水ぼうそうウイルスに対する免疫力が下がると、ウイルスが暴れ出し、神経に炎症を起こしながら皮膚に発疹が出ます。ということから、「帯状疱疹は、神経を舞台とした病気」といわれています。


顔にできた帯状疱疹で失明・顔面まひに


耳に帯状疱疹ができ、その後、顔面まひを引き起こす「ラムゼーハント症候群」と診断された女性に話を聞きました。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談3


17年前に帯状疱疹に罹患した女性を取材。彼女の場合は、耳に帯状疱疹ができてしまったため、その後顔面麻痺の症状を引き起こされ、顔の皮膚だり半分が動かなくなってしまった。医師によるとこの症状は帯状疱疹によるラムゼーハントと呼ばれる合併症で、17年たった今も麻痺の症状は消えたが顔の左半分に対する違和感が消えていない
という。

なぜ顔面まひになるのかというと、耳の奥にある表情筋を動かす顔面神経が傷害を受けてしまったから。さらに顔面神経の近くには音の高低差や、身体のバランスをつかさどる神経も通っているため、耳鳴りやめまいといった症状も引き起こすことも特徴の一つ。さらに目の周りに帯状疱疹が出来た場合も要注意。目の場合は、眼につながる三さ神経が炎症を起こすため失明・視力障害の恐れがあるといいます。


帯状疱疹の後慢性痛に


帯状疱疹の発疹が消えたあとも、痛みだけが残ってしまった女性のケースを紹介しました。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談4


36歳の看護師の女性は19年前に帯状疱疹にかかった時に、高額だという理由で薬を処方されず、自力で治すという選択をした。しかし、腫れや発疹は治まったが体内の痛みが取れず、仕事にも支障をきたすようになった。

帯状疱疹の治療には抗ウイルス薬を処方するが、20年前に開発されたもので、VTRに出ていた女性は治療薬が出回って間もない頃に罹患してしまったため、自力で治すよう言われたのではないか、とのこと。帯状疱疹に理解のない先生がいると自力で治そうと言われるという。


帯状疱疹の治療法・早期発見のポイント


痛みを残さないためには早期治療が必要不可欠です。ウイルスの増殖は、発疹が出て72時間でピークに達するため発疹が出て72時間以内に抗ウイルス薬を服用することが大切。発疹が出て72時間以内に抗ウイルス薬を内服すれば、帯状疱疹後の痛みを抑えられるというデータもあります。また抗ウイルス薬は、1週間でおよそ6000円と高いため驚く人も多いですが、痛みや合併症を引き起こさないためにも、まずは抗ウイルス薬を、ちゃんと飲みきることが大切です。

早期発見のポイント


また、帯状疱疹を早期発見するポイントとして、
・最初に痛みがあり、4~5日後に発疹が出る
・片側だけの発疹が出る
・帯状に発疹が出る


発症しないための、とっておきの対策


帯状疱疹にならないための、とっておき対策とは、水ぼうそうのワクチン接種です。
水ぼうそうのウイルスと、帯状疱疹ウイルスは同じ。そのため、水ぼうそうのワクチンを打つことによって、帯状疱疹の免疫力が上がるといわれています。費用は、任意接種のため1万円程度かかります。また帯状疱疹にかかりにくい人として、保育士さんは、年齢を問わず、免疫力が強い事も判明。水ぼうそうの子どもと接し、体内に水ぼうそうのウイルスが入ると、免疫細胞が増えるため、帯状疱疹にかかりにくいと言われています。

※ワクチン接種を希望される方は、まずは地域の皮膚科へご相談ください。
ほとんどの皮膚科では、ワクチン接種を行っていますが、事前の予約が必要となります。


最新治療で痛みから脱出?!


現在、帯状疱疹後の痛みの治療は、劇的な変化を遂げています。2年前、神経の痛みの信号を抑える新しい薬が登場した事をはじめ、これまで帯状疱疹後の痛みで悩んでいた人でも、薬で改善する可能性が出てきました。
さらに番組では、まず薬の治療後、超音波を使った神経ブロック注射で、痛みがさらに改善した男性のケースを紹介しました。超音波を使った神経ブロック注射とは、痛みの信号を出している神経を見ながら、安全にかつ、確実に麻酔薬を注入できる治療法です。

男性の場合、腕に帯状疱疹を患い、腕の発疹が消えたあとも神経が傷ついていたため、痛みの信号が脊髄、脳へと伝わっていました。そこで超音波を使った神経ブロック注射で、手から送られる痛みの信号を確実に遮断。すると痛みの信号が来なくなった脊髄の神経は痛みを伝える必要がなくなったと判断し、痛みの信号が脳に過剰に伝えられることがなくなるというものです。また、この治療法により、帯状疱疹後神経痛の痛みを和らげられる可能性のある部位は、上肢、下肢、お腹と腰と、まだ非常に限られています。

※「超音波を使った神経ブロック注射」を受けられるのは、全国で数か所のみとなります。
※帯状疱疹後の痛みでお悩みの方は、まずは地域の皮膚科やペインクリニックへご相談下さい。






追記 関連記事

帯状疱疹は、皮膚症状が治まったあとに強い痛みを起こすことがあります。なかには、痛みのために、日常生活に支障を来す人もいます。痛みが起こったら、早めに痛みをコントロールする治療を受けましょう。  


帯状疱疹とは


帯状疱疹は、みずぼうそうを起こす「水痘・帯状疱疹ウイルス」に感染して起こる病気です。このウイルスに感染すると、最初にみずぼうそうを発症しますが、みずぼうそうが治ったあとも、ウイルスは顔や体などの神経節に潜伏しており、体の免疫力が落ちたときに再び活動を始め、帯状疱疹を引き起こします。

 帯状疱疹で起こる赤いみずぶくれと、ピリピリとした痛み(帯状疱疹神経痛)は、3週間ほどで治りますが、その後に、「風に当たるだけでも痛い」というほどの強い痛みが出現することがあります。これを「帯状疱疹後神経痛」といいます。

 帯状疱疹は、お年寄りに多い病気で、高齢で発症するほど治るのには時間がかかり、帯状疱疹後神経痛も起こりやすくなります。帯状疱疹は、主に皮膚科で治療しますが、ここでは、ペインクリニックで行われる治療について、説明します。


帯状疱疹の治療


 帯状疱疹が起こったら、ウイルスに対する治療とともに、できるだけ早く痛みに対する治療を受け、痛みの悪循環を断ち切ることが大切です。

 顔に痛みがあるときは、「三叉神経ブロック」と「星状神経節ブロック」を行います。身体に症状がある場合は、「硬膜外ブロック」が主に行われますが、胸や背中に症状が現れたときには、硬膜外ブロックに加えて「肋間神経ブロック」もよく行われます。また、薬が体質に合わない人やお年寄りには、効果は少し弱くなりますが、レーザー光線を痛みに関係する神経の近くに照射する「レーザー療法」も行われています。

 帯状疱疹後神経痛が起こった場合も、なるべく早く神経ブロックを受けたほうがよいでしょう。


効果


 神経ブロックの効果は、ずっと続くわけではないので、繰り返し行う必要があります。しかし、ブロックによって血流がよくなることで、痛みの悪循環が成立しにくくなり、新たな痛みが起こりにくくなってくると、治療の間隔を徐々に広げられます。痛みを完全になくすことは難しいのですが、痛みを弱めることで、社会生活が送りやすくすることができるのです。
トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/768-ab2b7419
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。