--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
10.18

狂牛病対策 安全な部位、感染性のある部位

Category: 感染症   Tags:健康生活
狂牛病という病気のメカニズム、牛のどこが危険なのか、安全対策について解説


狂牛病の原因について


狂牛病の原因といわれるたんぱく質「プリオン」です。「正常プリオン」は哺乳類の体内に普通に存在しています。しかし、立体構造が異なる「異常プリオン」が脳の中に蓄積すると、神経細胞を破壊し、「狂牛病」の症状があらわれるといわれています。


安全といわれる部分


安全といわれる部分(国際獣疫事務局発表):乳および乳製品、骨ぬき肉、皮から作られたゼラチンとコラーゲン、たんぱくを含まない獣脂。

家畜の健康、輸出入の国際的監視機関「国際獣疫事務局」が発表したデータです。 狂牛病が数多く発生したヨーロッパで行われた感染実験の結果、これはマウスの脳に狂牛病の牛の様々な部分の組織を接種するという実験を繰り返した結果を受けて決めています。


感染性があるといわれる部位


感染性があるといわれる部位(厚生労働省):脳、目、せき髄、回腸遠位部。

厚生労働省が、発表したデータです。「安全といわれる部位」で紹介した実験結果に基づいたものです。ヨーロッパ諸国もこの基準に基づいて対策を打っている国が多いのが現状です。 この部位に関しては、厚生労働省による法律改正で、全国の食肉処理場で全て焼却処分することが義務付けらました。今後市場に出回ることはないとしています。
 

狂牛病対策について


◎危険な部位は焼却処分
  法律が施行され義務化。
◎肉骨粉の禁止
  鶏、豚すべてのえさへの使用が禁止に。
◎全ての牛を検査
  ヨーロッパでも行われている措置です。


狂牛病の検査


えん髄の一部をとり出す→異常プリオンだけを抽出・濃縮→プリオンに反応する試薬で検出→陽性反応の場合出荷停止→再検査・精密検査

全国の食肉処理場で、全ての牛に行う検査のしくみを簡単に示しました。この検査で「陰性」と判定されるまで、出荷することができません。


加工食品は大丈夫か


厚生労働省では、食品メーカーに対して「牛を原料材として使っていないか点検し、その結果を所轄の保健所に報告するとともに、危険部位の使用または混入が認められた場合に、原材料の変更、販売自粛などを行うよう」行政指導を出しています。

→調査の対象は、たとえば「ビーフエキス」「牛脂」「ゼラチン、コラーゲン」などです。

→さらに、メーカーの一部では調査結果をホームページで公開したり、電話での問い合わせに対応しています。スーパーなどの小売も、メーカーに確認するところがあります。

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/761-7a90edb0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。