--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
09.07

症状から難聴の種類と原因を特定 高音低音、両方片方、急に徐々に

70代の約半数が悩んでいるともいわれる耳の聞こえ。音を聞きとるための器官が老化しておきる「老人性難聴」が多いが、中には神経にできたしゅようなど、重大な病気が潜んでいる場合がある。最近増えている「突発性難聴」は、どれだけ治療を早く開始するかが、その後の回復を左右するため、放置せず原因を診断することが重要。耳の聞こえからの自覚症状でその原因の見分け方や、正しい補聴器の選び方などを伝える。


難聴セルフチェック


聞こえにくさをセルフチェック


1.急に または 徐々に
2.両方 または 片方
3.高音 または 低音

難聴の種類と症状


老化による難聴:徐々に、両方、高音
突発性難聴  :急に、片方、高音・低音
急性低音障害型感音難聴:急に、片方、低音
聴神経しゅようなど:徐々に、片方、高音・低音

聞こえが低下して数日たっても戻らない時には、年齢のせいと放置せずに、専門の医師の診察を受けた方がよい。


知っておきたい補聴器の知識


1,すぐ元のように聞こえる?
2,高価な方が良く聞こえる?
3,一度買ったらずっと使える?

上記の質問は、3つとも×。
補聴器を買う時は、まず耳鼻科医の診断を受けてから。きちんと調整して自分の耳に合ったものを使う。
トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/758-ef5155e6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。