--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
08.30

薬の飲み方 水・さ湯で飲み、ジュースや牛乳はNG

Category: 未分類   Tags:健康生活
薬の体内での作用と副作用、注意したい薬同士の飲みあわせ
日本で使われている薬の種類はおよそ1万5千種。また平均して1人の患者あたり5~6種類の薬が処方されているという。
それほど薬はよく飲まれているにも関わらず、専門家からみるととんでもない薬ののみ方をしている例が少なくない。

うっかり飲み忘れたから、2回分まとめて飲む。逆に薬は体に良くないと、勝手に服薬をやめる。ジュースや牛乳で飲む。カプセルを割って顆粒を出して飲むなどである。

薬の効果は、きちんと正しい飲み方をして十分発揮されるもので、特に長期間飲む薬では、中身を良く理解して、最大の効果を生む飲み方をする必要がある。また、心臓病の薬とグレープフルーツジュースを一緒に摂ると薬がききすぎるなど、飲みあわせなどの問題もある。


●薬ののみ方の基本
水・さ湯で飲む
のみ忘れやまとめのみはしない
指示を守る

●守って欲しい薬ののみ方:
安易に薬に頼らない
のみ忘れをしない
まとめのみをしない
古い薬はのまない
指示通りにのむ

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/755-2c790025
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。