--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
03.21

子宮がんの原因と自覚症状

Category: がん(癌)   Tags:健康生活
女性特有の病気・子宮がん
子宮の入り口・頸部にできる子宮頸がんは40代が中心ですが、最近20代30代の若い層に増えています。また本体の方にできる子宮体がんは50代に多く、ここ20年で2倍以上に増えています。

しかし治療技術の発達などで子宮ガンは早期発見で5年生存率が100パーセントに近づくなど決して「不治の病」ではありません。また発見が早いほど子宮を残す手術が可能になってきました。それぞれのがんの原因や早期発見のポイント、そしてがんが見つかった場合の治療法などをお伝えします。


子宮の仕組みと2種類のがん


子宮は本体部分の「体部」と入り口の「頸部」に分けられます。体部は普段鶏の卵くらいの大きさですが、妊娠すると大きくふくらみます。頸部は子宮本体を支え、細菌の侵入を防ぐ働きをしています。「体部」にできるがんを「子宮体がん」。「頸部」にできるがんを「子宮頸がん」といいます。


子宮がんの原因


子宮頸がんの原因は性交によって感染する「ヒトパピローマウイルス」です。ウイルスが頸部の細胞の中に入り込み、「がん遺伝子」と結びつくことによってがんの原因となります。感染してもすべてががんになるわけではなく様々な条件が重なってがんに至ると考えられています。子宮体がんの原因は女性ホルモンの分泌異常と考えられています。排卵異常や更年期などで黄体ホルモンが分泌されず子宮内膜が増殖する病気「子宮内膜増殖症」が体がんの前段階と考えられています。


子宮頸がん・子宮体がんの自覚症状


子宮頸がんの自覚症状
性交後の出血、不正出血、いつもと違うおりもの、腰痛、下腹部の不快感

子宮体がんの自覚症状
更年期の不正出血、閉経後の不正出血、若くても排卵障害のある人

特に子宮頸がんは自覚症状がない場合も多いので30歳以上の女性は1年に1度の検診を受けて下さい。早期発見で完治の可能性が高まります


子宮がんの治療


子宮頸がんは早期発見で子宮体部を残すことが可能です。体がんは摘出手術が基本になりますが、ホルモン療法の研究も進んでいます。


がん以外で不正出血を伴う場合


不正出血の原因
子宮筋腫、ホルモンのバランス異常、ポリープ、膣炎

不正出血があってもがんである可能性が高いわけではありません。様々な病気やホルモンのバランス異常であることが多いため専門医の診察を受けるようにして下さい。


子宮体がんは成人病とも関連


最近増えている子宮体がんは食生活の変化との関連も指摘されています。体内の脂肪は子宮内膜を厚くする「エストロゲン」という女性ホルモンを作り、ため込む性質があるため、肥満の人はやせている人よりもエストロゲンの分泌が多いということです。食生活や生活習慣にも注意が必要です。


検診と早期発見のポイント


頸がんの検診は30歳以上の女性は1年に一度自治体が実施している検診を受けることができます。体がんの検診は6ヶ月以内の不正出血など条件があります。条件に当てはまらなくても産婦人科などで検診を受けることができます。


トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/726-b9dab345
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。