--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
02.20

動脈硬化の原因と血管年齢を若くする方法

脳卒中。心筋こうそくなど心疾患。日本人の3大死因のうち2つは血管がつまったり、破れたりすることによって引き起こされる病気です。こうした異常を引き起こす原因となるのが「動脈硬化」です。血管のしくみと動脈硬化が起きるメカニズムを徹底解明し、どうしたらしなやかな血管を守ることができるのか、その生活術を考えます。


血管のしくみと動脈硬化


動脈硬化の正体は、血管の壁の中に入り込んだコレステロールと白血球に一種が、血管の壁を盛りあげ、硬いコブのようになってしまったものです。つまり、動脈硬化の最大の原因はコレステロールです。


動脈硬化の原因


高脂血症・高血圧・糖尿病・肥満(死の四重奏)
さらに
喫煙
加齢(男性45歳以上、女性更年期以降)


血管年齢を若くする方法


高脂血症と診断された女性が、一週間でコレステロールを下げることにチャレンジ。女性の問題は、摂取カロリーが多く、身体の中で合成されるコレステロールが増えてしまうことでした。以下の4つを実行したところ、一週間で血中のコレステロール値がほぼ正常になりました。

コレステロールを下げる生活術


・20回かんで食べる
・甘いものは食事の直後に
・夜8時以降は食べない
・1日4回体重をはかる


動脈硬化治療の最先端


大阪大学の自由電子レーザー研究施設では、ウサギの血管で組織を傷つけることなくコレステロールだけを除去する研究が進められています。


動脈硬化が引き起こす恐ろしい病気


動脈硬化でもっとも恐ろしいのが、血液の塊が狭くなった血管を塞いでしまう「血栓」です。血栓ができる場所によって、様々な恐ろしい病気を引き起こします。

・脳の血液を運ぶ動脈→脳こうそく
・心臓の組織に血液を送る動脈→心筋こうそく
また、動脈硬化が進むと血管自体ももろくなります。
・脳に血液を送る血管が破れてしまうと→脳出血

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/723-b73f7df4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。