--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
10.12

太る食べ方やせる食べ方

食事と太り方の関係とは・・・?
1.大食いなのにやせている人の体を徹底解明!!
2.一日二回の食事だと太るのか?
3.別腹は本当に存在した!食に関する素朴な疑問 


大食いなのにやせている人の体を徹底解明!!


ヤセの大食い


一日の摂取量が8500キロカロリーなのに身長162センチで体重は50キロ、体脂肪率も19.5%で標準範囲のヤセ気味。なぜ食べても太らないのでしょうか? 
人間の胃は大きくわけると3種類あり、肥満体型の人は牛角層、ヤセ気味の人は長胃の傾向が強いのです。

痩せ型の長胃とは?


胃の形が縦に長く、弾力性に富み、下方向と左右に膨らみやすくするため、まずたくさん食べることができます。こうして、食べた食べ物の多くは排泄されてしまうのです。

牛角層とは?


肥満体型の人に多い牛角層に比べて、胃酸の出が悪く、消化不良のまま食べ物を腸へ流してしまいます。


脂肪には「褐色脂肪細胞」と「白色脂肪細胞」の2種類がある


一般に脂肪と言っても、脂肪は「褐色脂肪細胞」と「白色脂肪細胞」の2つにわけられ、それぞれ異なる働きをしています。
一般に、脂肪と呼ばれているのは白色脂肪細胞のこと。食べ過ぎによる余分なエネルギーを中性脂肪の形で体内に蓄える働きをします。つまり太るための細胞です。一方、褐色脂肪細胞はエネルギーを熱に変えて体外へ放出すること。

痩せ型の場合、白色脂肪細胞が非常に少なく、褐色脂肪細胞が普通の人より多いと考えられます。すると、たくさん食べても、褐色脂肪細胞がそのエネルギーを熱に変えて発散してしまい、食べても太らない体になっているということです。

白色脂肪減らすには


なんと白色脂肪細胞は、年をとるごとに増加していき、増えた数は減りません。
つまり、白色脂肪細胞を減らす方法はナイ!

白色脂肪細胞が増えやすい時期


・胎児のころ
・生後一年間
・思春期
この3つの時期のいずれかに必要以上に食べて太った人は間違いなく大人になってからも太ってしまいます。つまり、3つの時期の食事は生涯に渡って太りやすい体質を作るかどうかの重要な意味を持っているのです。


一日二回の食事だと太るのか?


東大阪市にある近畿大学相撲部の皆さんのパワーの源になっているのはもちろん豪快な食事。一日2食しか食べないそうですが、これは太る原因なのでしょうか?

■午前中に食事をすると・・・?
胃の中に入った食べ物は短時間で腸に移動するため、十分消化が出来ず、栄養分が吸収されにくいので、朝は太りにくい!

■午後の食事は・・・?
食べ物が胃にとどまる時間が長くなり、十分消化されるため効率よく吸収され脂肪を蓄えやすくなります。

■インシュリンが大量に分泌されると・・・?
蓄積される脂肪が増えていき、肥満になりやすい。このインシュリンには体の中の糖分と遊離脂肪酸を中性脂肪に合成する働きがあります。

■食事の回数によって分泌される量が違う!?
一日2回の食事と一日5回の食事では、なんと2回の食事の方が、大量にインシュリンを分泌するのです。


食と肥満に対する素朴な疑問


太る体は見苦しい!でも食べる行為はやめられない!そんな現代人の深い悩みを解消します!

別腹は本当にあるの?


別腹に甘いものを入れたくなるのはなぜ?それは感覚特異性満腹と呼ばれるもので、似た味のモノばかりは食べられないが満腹でも他の味なら食べられるというもの。一般的な食事には塩味や酸味が多く含まれていて、甘味が少ないため。食後にデザートを見るとついつい食べたくなってしまうのです!

早食いは太る原因!?


早食いという行為そのものが太るわけではなく、早食いをするとつい食べ過ぎてしまうのが問題なのです。人が満腹感を得るためには10分から15分の時間がかかるので、早食いをすると満腹と感じる前に食べ過ぎてしまい、結果としてカロリーオーバーになってしまうのです。

親が太っていると子供も太る!?


もちろん肥満遺伝子を受け継いでいれば太りますが、食生活にも問題があるのです。子供の食生活は母親の考えや好みによって決められてしまうので、母親が脂っこいものや甘いものが好きな場合、それが家庭の食事でも習慣化してしまい、子供を太らせてしまうケースが多いのです。

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/715-fece08bd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。