--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
07.16

肺気腫の治療は禁煙と運動、口すぼめ呼吸法もオススメ

タバコの煙の中には数多くの物質が含まれており、そのうちニコチンやタールなど、いくつかの物質が体にとって有害だとされています。長く吸い続けていると、肺がんや喉頭がん、動脈硬化、肺気腫などの病気にかかるリスクが高くなると言われているタバコ。今日は喫煙と肺の病気についての悩みにお答えします。



1日15本程度、53年間喫煙している。10年ほど前に肺気腫と診断され、現在も治療中。階段を上がったり、重い荷物を持つと息切れして、みぞおちのあたりが苦しくなる。肺気腫とはどんな病気なのか? 日常生活の注意点は?


肺気腫


肺気腫とは


まず、肺気腫という病気についてご説明しましょう。人間の肺は、左右両側にあります。タバコを吸うとここにいろいろな煙が入ってくるわけですけれど、一番問題なのは肺胞への影響です。

肺胞は肺の一番端にあるぶどうの房のような形をした組織で、酸素を取り入れて炭酸ガスを出すという働きがあります。肺気腫というのはこの組織の壁が壊れて、ぶどうの房の形をなさなくなってしまう病気なんですね。

肺気腫の手術方法


肺気腫は肺の一番大切な所、よく使われる上の部分から起こってきます。袋状に大きく壊れている所があった場合、これを切り取るという手術が最近行われるようになってきました。肺気腫になると、肺が壊れて伸びきった状態になります。壊れた部分を切り取ることで、気管支が細くなっている部分が広がって、呼吸が少し楽になるんですね。

手術方法は二つありまして、一つは胸の正面を開いて手術をするという方法。もう一つは胸腔鏡(きょうくうきょう)という方法で、胸に3か所小さな穴を開けて、ファイバースコープでのぞきながら悪い部分をホチキスの大きいもので切り取り、そこに豚の心臓の心膜を張り付けるという手術です。

しかし、これらの手術は肺気腫を治すための治療ではありません。また、手術をしても3年から5年くらい経つと元の状態に戻ってしまうというデータもありますし、この手術は保険もききません。


肺気腫の治療方法


禁煙は肺気腫治療の第一歩!


肺気腫の治療として一番重要なのは禁煙です。まず禁煙していただき、そのあとは適度な運動で体を鍛えるということが大切になってきます。タバコの本数を減らすだけでは効果がありません。1本も吸わないようにしてください。

気管支拡張薬やステロイドの吸入、酸素療法


それから場合によっては主治医とよくご相談して、気管支拡張薬などの薬物を使っていただく。かなり進行した肺気腫の方にはステロイドの吸入が有効だというデータもあります。また、酸素が足りない場合は、ご自宅で酸素を吸う酸素療法という治療もあります。

運動や栄養


これらに加え、体力が落ちないように運動や栄養に気をつけていただく。そして秋口になったら必ず、インフルエンザのワクチンを打っていただくということも大切ですね。

肺気腫の主な治療はこのようなものです。とにかく、最初にやっていただきたいのは禁煙。きちんとした禁煙の指導を受けられるべきだと思います。


肺気腫の方に有効な呼吸法


では最後に、健康運動指導士の越智利国先生から、肺気腫の方に有効な呼吸法をアドバイスしていただきましょう。

肺気腫の方には適度な運動も必要です。まずは5分くらいのウォーキングから始めてください。5分のウォーキングを1日4回くらいやっていただいて、1週間ごとに徐々に時間を延ばしていくと体力がついてきます。体を動かすと呼吸が苦しくなる方は、以下に紹介する呼吸法も実行してみてください。

●ポイント
呼吸をするときは背筋をまっすぐ伸ばして、胸をしっかりはってください。正しい姿勢で行うと肺が大きくなるので、たっぷり空気を取り入れて吐き出すことができます。猫背になると、お腹とあごが前に出てしまいます。この姿勢だと肺がつぶれている状態になりますので、入ってくる空気の量も吐き出せる空気の量も減ってしまいます。

[肺気腫の人におすすめの口すぼめ呼吸法]


空気を吐き出す力を強くするために「口すぼめ呼吸法」という呼吸法があるので、実際に練習してみましょう。まず、ストローをくわえているときのように口をすぼめて息を吐いてください。口笛を吹くような感じですね。このとき、しっかり息が出ているかどうか確認するために、手のひらを口から30cmくらい離しておきます。フーッと息を吐いて、手のひらに当たっているかどうか確認してみましょう。息を感じたらOKです。

(1)4秒かけて、ゆっくり口から息を吐き出します(写真3)。
(2)今度は鼻から空気を1、2のタイミングで吸います(写真4)。

(1)(2)を繰り返します。このような呼吸法を覚えていただくと呼吸が落ち着き、精神的にも自信がつきます。ウォーキングとともにお試しになってみてください。
(指導/健康運動指導士・越智利国先生)


トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/298-12a9213f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。