--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
05.25

新生児の痣 サーモンパッチ 茶アザ

Category: 子供の病気   Tags:健康
「生まれつき、顔にあざがある」
一生残ってしまうのか、治療は苦痛ではないのか?


痣ではなくサーモンパッチ


額の真ん中の線、あるいは上まぶたの鼻筋に近い所にあるあざは「サーモンパッチ」と言って、自然に消えていくタイプのあざです。このあざは、うなじの毛の中などにできる場合もあります。

治療法の一つにレーザー光線による治療があるんですが、この種のあざの場合、無理し
てレーザー治療をなさらずに、しばらく様子をご覧になっていてもいいと思います。


茶あざは自然に消えないので、レーザー治療を


茶色いあざは、「扁平母斑(へんぺいぼはん)」と言って、でこぼこではなく、浅い所にあるあざです。このあざは自然には消えません。治そうと思ったら、レーザー治療を受けなくてはいけないんです。

茶あざは全身に拡大したり、真っ黒になってしまったり、毛が生えてしまうということはありません。したがって、手遅れになってしまうということはありませんから、お子さんが「治したい」と言ってから治療を受けられてもいいと思います。
トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/242-20ffe6ae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。