--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
05.23

高血圧 薬の副作用 降圧薬をやめるとどうなる?

Category: 高血圧   Tags:健康
高血圧のために降圧薬をのみ続けなければならなくなった場合、心配なのはその副作用。そして、いつまで薬を続けるのかも気がかりです。


高血圧の降圧薬をやめることは可能?副作用


病院で測った最大血圧が140、最小血圧が90を越えると高血圧です。

血圧が高くなればなるほど、脳卒中や心臓病になりやすいことがわかっておりますから、そうした病気を予防するためにも、できるだけ上は129下は84以下の正常血圧にするよう管理していただきたいと思います。そのためには、薬の服用と一般療法がありますが、一番重要なのは食事療法です。

普通日本人は、12グラムから13グラムの食塩をとっていますが、できるだけ8グラムから10グラム以下にすることが大切です。高血圧の方の治療としては、7グラム以下にしていけば、血圧が7から8ぐらいは下がると言われています。この点はぜひそのようにしていただきたいと思います。

ラーメンやカツ丼、チャーハンは特に塩分が多く、この1食で1日分の食塩に相当してしまいます。ですから外食の時には、カロリーだけでなく塩分にも気を付けて食事を選んでいただく必要があると思います。

塩分を減らすコツは、塩ではなく酸っぱいもので味付けをすることです。これは、塩分の制限に大変重要になりますので、そうしたことも踏まえて、できるだけ昼は手作りのお弁当を持って行くような習慣をつけることが、非常に食事の管理の上ではプラスになると思います。


高血圧 薬の副作用について


高血圧の薬の服用を長く続けていっていいのか心配。

日本で使われている主な降圧薬についてですが、どの薬にも副作用があります。ですから、薬を長く続けることは、できるだけ避けた方がいいのです。しかし、こういった副作用があることを前提にしても、血圧が高い方が患者さんにとっては悪いということもはっきりしていますから、副作用があることを十分に承知した上で血圧をしっかり管理していくことが必要です。
そして肥満を抑え、食塩を極端に制限していきます。


運動や減塩などの一般療法で服薬をやめることも可能


運動も、週1回の水泳では足りません。週に2回から3回行うとともに、普段の生活でも出掛ける時は早めに家を出て一駅分は歩くというようなことを取り入れていきましょう。運動も含めて一般療法をきちんとしていけば、場合によっては薬を止めることもできます。これはあくまでも本人の努力次第です。
努力をしなければ、薬は続けなければいけないということになります。

ところで、減塩と便秘の関係についてですが、通常食塩そのものと便秘との関係はないと思います。ただし、塩辛いものをたくさんとると水分をたくさんとりたくなるのと逆に、塩分を少なくすると水分をとらない、そのために便秘をするということがあると思います。ですからその場合には、野菜など繊維の多いものをたくさん食べて塩分を少なくしていきます。減塩は便秘と直接は関係ありませんので、塩分の制限を守っていくようにしましょう。

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/240-229b4d7a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。