--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
05.17

前立腺がん手術後の尿もれ

Category: 泌尿器の病気   Tags:健康
腎臓、尿管、ぼうこう、尿道、そして男性の場合は前立腺などの男性器を含めて「泌尿器」と言います。今日は、「前立腺がんの術後、尿もれが続いている」という悩みを紹介。泌尿器科の三木 誠先生に解説いただきました。

【送料無料】前立腺のはなし [ 三木誠 ]


前立腺がんの術後、10%前後の人に尿もれの症状が出る


前立腺肥大症の場合には、少しの切除で済むが、がんの場合には前立腺の周辺までごっそり取ってしまう。病巣を十分に取ろうとすればするほど括約筋(尿をとめる筋)を傷つけ、排尿障害を引き起こしてしまうので、どんなにうまく処置しても、10%前後の方に尿もれが出てしまいます。

肛門の括約筋と尿道の括約筋というのは連動しています。したがって、肛門の括約筋を締める体操をすると、尿道の括約筋も鍛えることになります。頑張って訓練していただければ、手術によって傷つけられた機能を復活させることができます。これは女性の方にも有効ですから、尿もれでお困りの方はぜひやってみてください。


1日100回程度、肛門を締める訓練を


肛門を締める訓練についてですが、1日に2回くらいではちょっと少ない。もう少し頑張っていただきたいですね。肛門を閉じたら20くらい数えて開く。これをできれば1日に100回程度やっていただきたいです。

電車に乗っているとき、電話をかけているときなど、こまめにやっていただくと、もう少し尿もれがよくなる可能性があります。お困りでしょうけど、がんは十分取っていただいていますので、訓練とコラーゲン(注入手術)で尿もれの悩みを解決していただきたいと思います。


トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/233-eda6544b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。