--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002
08.29

食中毒対策・予防法 買い物から調理、食事や保存の仕方まで

残暑に夏バテ、弱った免疫力を直撃する恐怖の食中毒は8月・9月がピーク!食中毒菌や食中毒予防法についてまとめました。


食中毒菌の常識・非常識


Q1:食中毒菌は冷凍すれば死滅する?
× 食中毒菌は冷凍しても死なない。

Q2:食中毒は100℃以上で加熱すれば死滅する?
× 摂氏100℃で1時間加熱しても死なない菌もいる。


食中毒菌の種類


家庭での食中毒対策(腸炎ビブリオ菌)


・まな板の面を使い分ける
・調理器具はよく洗剤で洗う
・魚や肉は後で調理

家庭での食中毒対策(サルモネラ菌)


・常温で解凍しない。解凍は短時間で
・十分に加熱する

家庭での食中毒対策(黄色ブドウ球菌)


・手を石鹸でよく洗う
調理後2時間以内に食べる
保存は10℃以下で

ウエルシュ菌


摂氏100度で1時間煮沸しても死滅しない。
昨日の残り物を再び加熱する場合は要注意。この菌は、主に牛や鶏、魚が持っている菌で、摂氏100度で1時間煮沸しても、死滅しない。加熱処理をした肉・魚入りの料理こそ、発生原因になりやすい。

セレウス菌


熱に強い。
朝炊いた残りのご飯を、そのまま常温で置き、それで炒飯を作ろうなんて、もってのほか。この菌は、減法熱に強く、米や小麦などが主な感染源。炒飯、パスタ、焼きそばなどが原因になることが多い。くれぐれも素材の保存には気をつけて。


食中毒予防法


家庭での食中毒対策


・生鮮食品は買い物の最後に
・持ち帰ったらすぐに10℃以下で保存
・解凍はすばやく
・手は石鹸でよく洗う
・調理器具は洗剤でよく洗う
・十分に加熱する(75℃で1分以上)
・調理後2時間以内に食べる
・時間がたちすぎたら捨てる

食中毒予防 上手な解凍術


・ビニール袋にいれ流水をかける
・電子レンジを使う
・冷蔵庫を使う



買物


・保冷用氷
・保冷バック

食品売り場のレジカゴにジャストフィット!
一番人気の保冷バッグです。


保存


・冷蔵庫の詰めすぎに注意

下準備


・まな板を使い分ける
・冷凍食品など凍っている食品は放置したまま解凍しない
・解凍は冷蔵庫か電子レンジを使う
・料理に使う分だけ解凍する

調理


・十分に加熱する

食事


・調理後の食品は長く放置しない
・O-157は室温でも15分~20分で2倍に増える

残った食品


・浅い容器で小分けにする
トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/165-22682c30
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。