--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002
08.01

熱中症の応急処置

Category: 応急処置   Tags:健康元気

応急処置もくじ


1.怪我・転落事故の応急処置
2.熱中症の応急処置
3.クラゲに刺された時の応急処置
4.溺れた時の応急処置
5.蜂に刺された時の応急処置

熱中症の応急処置


熱中症(日射病と熱射病を合わせた症状)
子供の場合は大人に比べて体温の調整機能は不完全。
外に限らず家の中でも子供は熱中症になる。

・ 乳幼児→大人が熱ければその10倍熱いと考える。
・ ベビーカー等、風通しの悪い乗り物に乗っているときは要注意。

ぐったりしている場合


(1) 服を脱がせて水分を与え、風を送る。
(2) 濡らしたタオルで体をふく。
(3) だっこしてママの目線を追うかどうか確認。

応急処置


・ 体温が36.8度程度なら、服を脱がして水分を与え、風を送ると回復することも!
・ 唇が乾燥していて、オシッコも出ていない場合、濡らしたタオルで体を拭いて、風を送ると回復することも!
  ※それでもボーッとしている、黒目が一方だけ向いている場合は救急車を呼びましょう。

救急車を呼ぶ 心構え&準備 ~119番通報メモ~


(1) 救急です(火事です)
(2) 住所(現在の居場所)・氏名
(3) 近くの目標物
(4) どのような状況か(○○でケガ人がいます)
(5) 電話番号
  ※イザという場合、あわてないように日頃から119番メモを用意

熱性けいれんの場合


※刺激を与えない
EX1.強く抱きしめて止めようとしない
EX2.割箸を噛ませない




●「日射病と熱射病の処置法」
1: 涼しい場所に移動
2: 身体をしめつけるものを弛める
3: 日射病は水分補給
4: 熱射病は身体を冷やす

トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/155-b3a970e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。