--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002
07.11

片頭痛、緊張型頭痛 低髄液圧性頭痛の原因と治し方

夏、特に女性に多いと言われる頭痛、片頭痛、緊張型頭痛の予防や対処法、賢い頭痛薬の選び方や、エアコンと頭痛の関係について紹介。夏になると特に起こりやすい頭痛がいくつかあるが、この頭痛は放っておくと脳梗塞を引き起こす可能性もあるそうです。

片頭痛の特徴・治し方


特徴


・発作型の頭痛
・目の前がちかちかしたり、何らかの前ぶれがある(無い場合もある)

痛み


・脈に合わせてズキンズキン痛む
・左右どちらか、もしくは両側が痛い
・頭痛の中でもかなり強い

対処法


・こめかみ(血管)を押さえる
・缶ジュースをあてるなど、冷やす
・カフェインを含む飲み物(コーヒー・お茶など)で一服
・タバコで軽く一服
※ニコチンの作用で血管が収縮し、頭痛が治まったり軽減する
片頭痛は、痛い時には血管が広がっているが、前ぶれの時には血管が収縮している。
→まれだが、(血管が)収縮したまま脳梗塞になってしまうタイプの人もいる。

予防法


・アルコール類は控える
・起床30分前に冷房をタイマーセット
・アイス枕などを使って寝る

緊張型頭痛の特徴・治し方


女性に多い頭痛。首筋や肩がひどく凝る。
筋肉の凝りや緊張によって後頭部の神経が影響を受ける。

特徴


・両側の後頭部から首すじにかけて痛む
・ジワ−ンとした重苦しい均一性の痛み
・痛みがダラダラと連日続く

対処法


・ハーブティーや適量のアルコールでリラックス
・ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
・マッサージで筋肉をほぐし、血行を良くする

予防法


・筋肉をつけるために体を鍛える
・パソコンをうつ時や台所仕事をする時、頭が前にでることが原因(頭を前に出した(うつむいた)姿勢を続けると、首や肩の筋肉に負担をかける)なので、頭の上にお椀をのせて姿勢を保つと良い

※お椀をのせると自然と姿勢が良くなる
※背中を伸ばし、首を鍛えることもできる

低髄液圧性頭痛 夏に多い頭痛


低血圧の女性に多く、症状を聞けば思い当たる人もたくさんいる。

特徴


・朝起きたときが痛く、午後は軽くなる
・頭全体がジーンと重い感じがする
・横になると痛みはすぐ軽くなる

夏に起こりやすい理由


・夏は低血圧になりやすい
・体内の水分が少なくなり、髄液が作られにくくなる
・冷房病の影響

予防


梅干し昆布茶を飲む(血圧を上げる塩分と足りない水分が同時に摂れる)

すぐできる対策方法


・ベルトをギュッと締めて腹圧を上げると血圧が上がって髄液圧も上がり、楽になる


頭痛薬の主成分


※商品名ではなく主成分を替えて試しましょう。

アスピリン


痛みの伝わりをブロック

イブプロフェン


痛みのもとを抑える

アセトアミノフェン


胃に優しい

アセトアミノフェン混合型


上記3種類の中間タイプ
トラックバックURL
http://healthtrends.blog.fc2.com/tb.php/152-68044feb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。