--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001
10.29

胆石になりやすい人セルフチェックリスト

いま、この胆石を持っている人、いわゆる胆石症の人が増えています。その数は全国に200万人とも言われています。男性ももちろんなりますが、中高年の女性に多いのが特徴です。一般には、腹部のひどい痛みが知られている胆石ですが、実際には、胆石の出来る場所や石の大きさによって様々な痛みを引き起こします。

コレステロール系胆石の発生メカニズム、胆石が引き起こす痛みや胆石の治療法、胆石を予防するための日常生活の注意点や胆石と胆のうがんの関係を考察しました。


胆石が引き起こす病気


主に
「急性胆のう炎」
「慢性胆のう炎」
「胆管炎」


胆石の痛み


・腹部の激痛
・腹部の鈍い痛み
・痛みがなく気づかない
・肩や腰の痛み

痛みの種類から病気を特定することはできない。専門家の診断が必要。


胆石になりやすい人セルフチェックリスト


(1)40歳以上
(2)太りぎみ
(3)脂っこいものや肉類をよく食べる
(4)食べすぎることがある
(5)血中コレステロール値が高い
(6)食事時間が不規則・忙しくストレスが多い
(7)胃の手術を受けたことがある


胆石をつくらないために生活習慣改善のポイント


(1)バランスの良い食生活
(2)ストレスや過労のない規則正しい生活


胆石の主な治療法


溶解療法(薬で胆石を溶かす)
 =適用条件:胆のう内にある1.5cm以下のコレステロール系胆石 ・胆のう機能正常

対外衝撃波破砕療法(衝撃波で砕く)
 =適用条件:胆のう内にある2cm以下のコレステロール系胆石 ・胆のう機能正常

胆のう摘出手術
 =適用条件:特別な場合を除いてない

内視鏡療法など


胆石とがん


胆石とがんの関係は明らかではないが、疫学的にみて胆石症の人はリスクが高い

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2001
10.22

安眠枕の作り方 奥山隆保先生

安眠を得るためには、自分に合う安眠枕を使用することが大切です。快眠のためのアイデアと、自分で作る安眠枕について。


安眠枕とは


千葉市の「さつきが丘病院」院長の奥山隆保さんが考案した枕。自分の枕をちょうどいい高さの枕にするノウハウを紹介されましたが、百貨店やネット通販などで奥山先生考案の健康枕を購入することが可能です。


安眠まくらの作り方


1.布を用意し、中心から3.5cmのところに印をつける(対角線が7cmの正方形ができる)
2.柱に背中をつけて立ち、柱から後頭部と首までの距離をそれぞれ測る
3.糸を用意し、後頭部と柱の長さで印をつける
4.布をまくらにあて、中心と四隅の5点を、まくらの中心が(2)で測った柱から後頭部の高さになるようにぬう

※まくらの首にあたる辺も(2)で測った、柱から首の高さになるよう、中身を調節する


布団の固さについて


柔らかすぎて腰や体がこったり、痛くなったりする布団には、おしりの当たりにタオルケットを2枚程度重ねて敷くことで、余分に沈み込むことを防げる。また、固すぎて寝にくい布団の場合は、肩とお尻に敷くことで触れる部分のクッションになる。


照明の明るさ


一般的には、寝ている間には光が目にあたらない方がよい。光は脳を覚醒させる作用があるため。適度な明るさは10ルクス以下、豆電球程度の明るさであれば問題ない。ただ、明るくしないと寝れない人もいて、そうした人は睡眠に問題なければ明かりを付けていても問題ない。


寝付きを良くする入浴や運動のコツ


眠りは、日中から夜間にかけて体温が下がっていく時に起きやすくなる。そこで、体温の下がりを上手に起こさせることで寝付きを良くできる。

また若い人に比べ、年を取ると日中と夜間の体温の差が付きにくくなり、体温の下がり具合が悪くなる。なので、入浴や運動を上手に利用すると体温の下がり具合が良くなり、入眠しやすくなる。


高齢になると夜中に目が覚めやすくなる理由


眠りには、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が交互に起きている。若い人は眠りが浅くなっても目覚めないが、年を取ると眠りが浅い部分で覚醒が起きてしまう。 従って生理現象の為、治療はできない。


いびきについて


いびきには「良いいびき」と「悪いいびき」がある。「良いいびき」は深い眠っている証拠で心配はない。「悪いいびき」は、いびきの音があまりにうるさかったり、いびきの最中に呼吸が止まったりするいびきで「睡眠時無呼吸症候群」のおそれがある。また、高血圧や合併症の恐れもある。相談する場合は耳鼻咽喉科や呼吸器科に医師に診てもらったほうがいい。

いびき対策


・布団の下に座布団などをたたんでいれて、体を斜めにする。
・口にテープを貼る。
・酒の量を減らす。


昼寝のとりかた


一日のうちにおそう眠気の山は二つ。夜間の他に昼間にも眠気がおそうように体は作られているので、昼間に眠くなるのは生理現象。ただ、昼寝をする場合、20分~30分が目安で、それ以上長くなると、夜の睡眠に支障がでる。また、20分を越えると起きると眠りが深くなっているため頭が冴えるまでに時間がかかる。昼寝をする場合、正午から午後2時くらいまでの間が最適。

Comment:0  Trackback:0
2001
10.18

シワの原因とアスタキサンチンの効果

Category: a

シワの原因


シワの発生には、皮膚の一番表面にある角質層の細胞と細胞の間を埋めている脂、「セラミド」の量が大きく関係してきます。

このセラミドは水分を蓄えるという大役を 果たしているのですが、外部からのダメージなどによってセラミドの量が減ってくると、皮膚は乾燥し、ひび割れ、小じわが生まれてしまうのです。つまりシワを消すには、皮膚に水分を蓄える「保湿能力を蘇らせることが必要なんです。


シワに効果のあるアスタキサンチン


雪解けの頃雪渓の表面に現れるという「赤雪」と呼ばれる薬が、シワとシミを消してくれる「幻の赤い物体」の正体で、へマとコッカス藻という微細藻類。シワ・シミに効果があるのはその中のアスタキサンチン という赤い色素。

アスタキサンチンでシワが消える?


紫外線は、シワ もシミも作ってしまう大いなる原因。この紫外線が肌の奥まで入ると、活性酸素を呼び起こし、コラーゲンの繊維をズタズタに切り刻んでいるしまうのです。ハリや弾力を保ち、水分を、蓄えるコラーゲンの役割を無能なものにしてしまった結果、肌には小じわが出現。

しかしアスタキサンチン入の薬を塗ると成分が浸透し、シワが消えていきます。その理由とは?


アスタキサンチンがシワに効果があるワケ


アスタキサンチンがシワとシミを消すのに絶大なる効果を発揮するそのわけは、シワとシミの原因となる活性酸素を退治する 「抗酸化力」がずば抜けているから。アスタキサンチンが浸透すると活性酸素を消し去ってくれるだけでなく、コラーゲンが再生されるので、シワが消えていくのです。


アスタキサンチンが含まれる食品


さらにアスタキサンチンが含まれた食品(イクラ・鮭・エビ・カニ)を食べれば効果は倍増!有効摂取量の1日3ミリグラムは、鮭一切れで十分です。













Comment:0  Trackback:0
2001
10.18

狂牛病対策 安全な部位、感染性のある部位

Category: 感染症   Tags:健康生活
狂牛病という病気のメカニズム、牛のどこが危険なのか、安全対策について解説


狂牛病の原因について


狂牛病の原因といわれるたんぱく質「プリオン」です。「正常プリオン」は哺乳類の体内に普通に存在しています。しかし、立体構造が異なる「異常プリオン」が脳の中に蓄積すると、神経細胞を破壊し、「狂牛病」の症状があらわれるといわれています。


安全といわれる部分


安全といわれる部分(国際獣疫事務局発表):乳および乳製品、骨ぬき肉、皮から作られたゼラチンとコラーゲン、たんぱくを含まない獣脂。

家畜の健康、輸出入の国際的監視機関「国際獣疫事務局」が発表したデータです。 狂牛病が数多く発生したヨーロッパで行われた感染実験の結果、これはマウスの脳に狂牛病の牛の様々な部分の組織を接種するという実験を繰り返した結果を受けて決めています。


感染性があるといわれる部位


感染性があるといわれる部位(厚生労働省):脳、目、せき髄、回腸遠位部。

厚生労働省が、発表したデータです。「安全といわれる部位」で紹介した実験結果に基づいたものです。ヨーロッパ諸国もこの基準に基づいて対策を打っている国が多いのが現状です。 この部位に関しては、厚生労働省による法律改正で、全国の食肉処理場で全て焼却処分することが義務付けらました。今後市場に出回ることはないとしています。
 

狂牛病対策について


◎危険な部位は焼却処分
  法律が施行され義務化。
◎肉骨粉の禁止
  鶏、豚すべてのえさへの使用が禁止に。
◎全ての牛を検査
  ヨーロッパでも行われている措置です。


狂牛病の検査


えん髄の一部をとり出す→異常プリオンだけを抽出・濃縮→プリオンに反応する試薬で検出→陽性反応の場合出荷停止→再検査・精密検査

全国の食肉処理場で、全ての牛に行う検査のしくみを簡単に示しました。この検査で「陰性」と判定されるまで、出荷することができません。


加工食品は大丈夫か


厚生労働省では、食品メーカーに対して「牛を原料材として使っていないか点検し、その結果を所轄の保健所に報告するとともに、危険部位の使用または混入が認められた場合に、原材料の変更、販売自粛などを行うよう」行政指導を出しています。

→調査の対象は、たとえば「ビーフエキス」「牛脂」「ゼラチン、コラーゲン」などです。

→さらに、メーカーの一部では調査結果をホームページで公開したり、電話での問い合わせに対応しています。スーパーなどの小売も、メーカーに確認するところがあります。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。