--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
06.29

アスペルガー症候群の特徴と対策

Category: 遺伝性疾患   Tags:健康
アスペルガー症候群」という病名は聞き慣れないかもしれません。これは、他人とのコミュニケーションがうまくできず、その結果として、社会生活上の問題が起こりやすい病気です。最近は、テレビや新聞などでも取り上げられ、注目されるようになっています。


アスペルガー症候群とは?


 子どもが成長する過程でさまざまな能力を身につけていくことを、「発達」といいます。 アスペルガー症候群は、「発達障害」の1つで、自閉症の仲間に入ります。自閉症と比べてアスペルガー症候群は、「話し言葉の遅れがない」という特徴があります。病気の原因は不明ですが、脳の先天的な生物学的異常ではないかと考えられています。スウェーデンで行われた調査によると、300人に1人くらいの割合でみられるといわれています。

 主な特徴は、
・状況を察して対人関係を保つことができない
・コミュニケーションがうまくとれない
・興味が偏ったり、特定の事柄に固執する の3点です。 


アスペルガー症候群 具体的な症状の例


 子どもの場合、例えば、先生やほかの子どもの気持を考えずに、自分が関心のあることだけを一方的に話します。特に、数字や乗り物などに固執しているケースがよく見られます。自分のことは流暢によく話しますが、場面に応じたあいさつや雑談などの、ごく一般的なコミュニケーションを、うまくとることができません。

 アスペルガー症候群の人は、知能に障害がない場合が多いので、普通学級に通っていることがほとんどです。ところが、この障害があまり広く知られていないため、病気の症状を性格やしつけの問題と判断され、周囲の反感を買ったり、仲間はずれやいじめの対象になることがしばしばあります。その結果、不登校になることもあります。

 大人になってからも、杓子定規で融通がきかない、趣味などに際限なく没頭してしまう、などの特徴が残ります。職場などで、自分のもつ知識に強くこだわったりするため、「変わった人だ」と思われ、周囲から浮き上がってしまいます。


アスペルガー症候群の診断


 アスペルガー症候群は、学童期以降になると診断が可能になります。児童精神科の専門医であれば、幼児期に早期診断ができます。子どもに「友人ができない、集団内で孤立している、社会的状況を判断して行動できない、興味が偏りやすい」などの様子が見られたら、まず児童精神科の専門医に相談してください。
 診断のためには、子どもや親と面接して状況を聞いたり、ほかの子どもたちとの交流の様子などを細かく観察する必要があります。


アスペルガー症候群の対策


 現在のところ、治療法がないため、アスペルガー症候群の特徴を抱えたまま、社会生活ができるよう、「本人に対する指導」と「周囲の人たちへの働きかけ」という2本柱で対策がとられます。

 本人に対しては、いろいろな場面での対人関係のつくり方を、集団活動を通して具体的に教えます。新しい場面では応用がきかないため、進学や就職などで周囲の環境が変わったときには、あいさつの仕方1つから具体的に細かく教える必要があります。周囲の人には、この病気の特徴を正しく理解して、適切に対応してもらうようにします。

 アスペルガー症候群の人は、自分で状況判断するのが苦手なので、判断を必要とするあいまいな状況をつくらない、叱るときも褒めるときも、はっきりとした言葉で伝えるようにするなどの対応が必要です。

 最近では学校内に、普通学級に通いながら、社会生活についての指導を受けられる「通級指導教室」が設けられています。また、各地域に「療育センター」がつくられており、臨床心理士、言語聴覚士、作業療法士などによる専門的な指導が受けられます。これらの施設を利用して、社会生活を送るうえでの技術を身につけていくのも、よい方法です。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2000
06.28

ハチに刺されたときの応急処置

Category: 応急処置   Tags:健康
ハチなどに刺されたときの応急処置。冷やすと痛みや腫れを軽減できます。


ハチなどに刺されたときの応急処置。冷やすと痛みや腫れを軽減できます。


ハチに刺されたとき


 ハチに刺されても、通常は「痛みや腫れ」など、比較的軽い症状ですみます。ところが、人によっては、強いアレルギー反応を起こし、呼吸不全、心臓の機能低下、全身のショックなどを起こすことがあります。これを「アナフィラキシーショック」と呼びます。アナフィラキシーショックは、生命の危険がある状態ですから、一刻も早く医療機関で治療することが必要です。


ハチに刺されたときの応急手当て


1.刺されたところに針が残っている場合は、針を抜きます。セロハンテープを患部に貼ってはがすと、針が抜けることがあります。袋が針に付いている場合は、毒が残っているので注意してください。

2.毒をしぼり出す……ハチの毒は水に溶けやすいので、刺されたところをつまみ、しぼり出すようにして、洗い流します。水筒の水やミネラルウオーター、川の水などを利用しましょう。毒を吸い出す器具も市販されています。

3.薬剤を塗る……虫刺され薬や抗ヒスタミン薬などがあれば塗ります。

4.冷やす……冷湿布や濡れタオルなどで患部を冷やすと、痛みや腫れが和らぎます。ハチに刺されないためには、「厚手で長袖の服を着る、黒い服を避ける、香水や殺虫剤など揮発性のにおいや甘いものに気をつける、ハチの巣に近づかない」ことが大切です。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.28

やけどの応急処置 冷やす、薬は塗らない、ラップで保護

Category: 応急処置   Tags:健康
野外では、炊事などでやけどをすることがあります。やけどの応急処置のポイントは、「十分に冷やす、水疱は破らない、何も塗らない」の3つです。


やけどによる障害 応急処置が明暗を分ける


 アウトドアでは、炊事の際の火炎、蒸気、熱湯などのほか、キャンプファイヤーや花火などでもやけどをすることがあります。

 やけどを負うと、私たちの体の表面を覆っている皮膚が破壊されるため、体液の流出が起こります。すると、血液中の血漿成分が失われ、たんぱく質が低下して、臓器に障害を起こすことがあります。やけどが広範囲に及び、大量の体液が漏出すると、血圧が低下して、ショックを起こすこともあります。また、免疫の働きをもつ抗体成分が失われると、皮膚の表面が傷つけられ、外部から細菌などの侵入を防ぐバリア(防壁)が破られることから、細菌感染を起こしやすくなります。このような障害を防ぐために、一刻も早く、応急手当てを行うことが大切です。

 やけどの程度は、「面積」と「深さ」によって判断されます。成人では、片方の手のひらの面積が、体表面積の約1%に当たるので、やけどの面積を知る目安にするとよいでしょう。重症であればもちろんのこと、軽症と思っても、水疱(水ぶくれ)ができている場合には、医療機関で診てもらいましょう。


やけどの応急処置


やけどの応急処置1.患部を冷やす


 やけどを負った患部では、熱が広がり、炎症や組織破壊が急速に進みます。痛みを和らげ、炎症や組織破壊の進行を食い止めるために、すぐに水などで患部を冷やします。アウトドアでは、川の水、水筒の水、ミネラルウオーター、クーラーボックスの保冷剤や氷など、周囲にあるもの、手持ちのものを最大限に利用してください。

やけどの応急処置2.薬は塗らない


患部には、細菌感染を起こす危険があるので、何も塗らないようにします。

やけどの応急処置3.水ぶくれはつぶさない


水ぶくれはつぶさないようにアルミホイルやラップ材などで保護し、その上から濡れタオルなどを当てます。また、衣服は無理に剥がさず、衣服の上から冷やし、そのまま医療機関で診てもらいましょう。

Comment:0  Trackback:0
2000
06.27

骨折と捻挫の応急処置 添え木やテーピング、三角巾での固定、患部を冷やす

Category: 骨・関節の病気   Tags:健康
手や足をぶつけたり、ひねったり、転んだりして、「骨折」や「ねんざ」をすることがあります。どちらの場合も、「患部を動かさない」「身近にあるものを添え木にする」「患部を冷やす」ことが大切です。


骨折とねんざ


骨折


 骨折には、皮膚表面に傷口はないものの、筋肉や血管の損傷から内出血を起こしていることもある「非開放骨折」と、傷口が皮膚から骨まで達していたり、折れた骨が皮膚を突き破ったりする「開放骨折」があります。開放骨折は、大量出血や細菌感染を起こすこともあります。

ねんざ


 一方、「ねんざ」は、関節の靭帯や関節周囲の組織を損傷したもので、痛みや腫れなどを伴います。一般に、見かけや症状から骨折とねんざを区別するのが難しい場合が多いので、ねんざと思っても骨折を想定して応急手当てをし、医療機関を受診するようにしましょう。


応急手当ての方法


1.添え木を当てる


 骨折した後で患部を動かすと、折れた骨が周囲の神経、筋肉、血管など軟らかい組織を傷つけるおそれがあるため、骨折が疑われるときは、「患部を動かさない、添え木を当てる」が、応急手当ての基本です。

添え木は、硬くて長いものを使います。アウトドアでは、木の枝、つえ、折り畳み傘、割り箸、雑誌、ダンボール、座布団など、身近なものを利用します。添え木は、患部の上下の関節を越える、十分な長さのものを用います。添え木を当てにくい場合、中指なら、両側の指を添え木代わりにしたり、下肢なら損傷していないほうの下肢と一緒に固定するなど、体の損傷していない部分を利用するとよいでしょう。添え木の下には、患部の皮膚を傷つけないように、タオルなどを当てます。

 折れた骨が曲がっている場合も、自分で曲がりを整復しようとせず、そのまま動かさないでタオルなどを当て、固定します。また、「突き指」は、ねんざの一種なので、引っ張ったりせずに、骨折・ねんざと同じように処置をします。


2.包帯や三角巾で固定する


 添え木は、必ず3か所以上を縛って固定します。固定には、あれば包帯や三角巾を使いますが、スーパーの袋、タオル、バンダナ、スカーフ、Tシャツ、ストッキングなどで代用できます。腕の骨折の場合は、三角巾やスーパーの袋などを使って、前腕部を首から吊り、胸に固定します。このとき、ひじまですっぽり覆うようにしましょう。


3.患部を冷やす


 痛みを軽減し、腫れ抑えるため、「患部を冷やす」ことも、大切な応急処置になります。 冷湿布や使い捨ての冷却剤があると便利ですが、水で濡らしたタオル、クーラーボックスの保冷剤(ソフトタイプ)や氷をタオルでくるんだものなども利用できます。また、患部を高くすると、出血や腫れを軽減することができます。 応急処置の間に体を動かすと、代謝が活発になって腫れがひどくなったり、痛みが増したりすることがあるので、なるべく全身を安静に保つようにします。姿勢は、けがをした本人が、最も楽に感じる姿勢をとるとよいでしょう。そのうえで、患部を固定したまま、できるだけ早く医療機関で、治療を受けるようにします。


●「腕の骨折」の場合
・雑誌は丸めて、新聞紙は3部ほどを折って患部に当てる
・ビニール袋やネクタイで患部の上下を2箇所結ぶ
・風呂敷やバスタオルで吊るし、二重の固定

●「足の骨折」の場合
・脛なら足首から膝まで、大腿部なら膝から股関節までを固定する「長さ」が必要
・傘や木の枝などを、脚の外側に当てる
・股間に毛布を入れ、もう一方の足を添え木代わりにする事もできる
・ビニール袋やネクタイ等で、骨折部位の上下を3~4ヵ所結ぶ。

Comment:0  Trackback:0
2000
06.26

正しい止血方法 アウトドアで出血した時の応急処置 誤った止血方法とは?

Category: 応急処置   Tags:健康
けがをして出血が起こると、だれでも動転しがちです。しかし、人間の体には、「止血作用」が備わっていますので、冷静に対処しましょう。5~15分間、正しい止血をすれば、ほとんどの出血は止まります


傷と出血の種類


 アウトドアで、けがによる出血が起こったら、落ち着いて応急手当てを行うことが最も大切です。まず傷口を見て、どんな傷であるか判断してから「止血」を行います。適切に対処するためには、傷の種類や出血の特徴を知っておくことも大切です。

傷の種類


 傷には、出血量が多くなりがちな「切り傷」や、細菌感染を起こしやすい「裂傷」「刺し傷」「すり傷(擦過傷)」、打撲による内部出血(あざ)を伴ったり、骨折の可能性もある「挫傷」などがあります。

出血の種類


 出血には、「動脈からの出血」「静脈からの出血」「毛細血管からの出血」があります。なかでも、真っ赤な血が心臓の拍動に合わせて噴き出す動脈からの出血は危険な出血で、応急手当てをするとともに、一刻も早く医療機関で治療を受ける必要があります。


出血の応急手当てのポイント


1.傷口を水などで洗浄・消毒する


 細菌感染を防ぐために、まず傷口を洗浄し、汚れを洗い流します。傷口の洗浄には、川の水、水筒の水やミネラルウオーターのほか、ウーロン茶や麦茶なども利用できます。その後、消毒薬があれば消毒します。小さな傷の場合は、ガーゼ付きばんそうこうを貼っておけばよいでしょう。

2.患部を直接圧迫して、止血する


 大量の出血が続くと、生命の危険を招きます。出血量をできるだけ少なくするためには、手早く止血することが大切です。止血の基本は、患部を直接圧迫する直接圧迫法です。

止血方法1.直接圧迫法


傷口の真上を圧迫する止血の基本。

(1)傷口にハンカチ、タオル、滅菌ガーゼなどきれいな布を当てる。
(2)その上から指や手のひらで、まっすぐ力を入れて圧迫する。
(3)出血が止まるまで(5~15分)、圧迫を続ける。
(4)出血が止まったら、布の上から包帯、スカーフ、パンティストッキングなどを巻くこれで、9割以上の出血を止めることができます。


止血方法2.間接圧迫法


傷口より心臓に近い止血点を圧迫する。
体全体の血流を阻害する恐れがあるので、直接圧迫法がうまくいかない場合(直接圧迫法を行っても止血できない場合や、直接患部を圧迫できない場合)に限って行う。


止血方法3.止血帯をかける方法


組織の壊死を起こしたり、神経などを損傷する恐れもあるので、安易に行わない。


 止血を行っても血が止まらないときや、「心臓の拍動に合わせて勢いよく血が噴き出す」「傷口から黄色い脂肪や赤い筋肉が見えている」「傷の長さが5cm 以上ある」「皮がそぎ落とされた傷」のような場合は、専門家の治療が必要です。止血をしながら一刻も早く医療機関で治療を受けるようにしましょう。


誤った止血法


 けがをした指の根元を輪ゴムやひもできつく締めつけるのは、誤った止血法です。
出血は止まるかもしれませんが、締めつけた先の組織を傷めることになります。また、傷口に灰やみそ、植物など秘伝の止血剤を塗ると、傷口に異物や細菌が入りやすくなるので、やめましょう。

 止血を行っているときは、途中で圧迫を緩めて、傷口の様子を見たりしないようにします。また、鼻血が出たときは、「鼻孔にガーゼなどを詰め、うつむき加減で、小鼻を押さえる」のが正しい処置です。後頭部を叩いても何の効果もありません。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.22

海外旅行で感染症 下痢や発熱時の注意点 輸入感染症・旅行者下痢症・マラリア

Category: 感染症   Tags:健康
「水が変わると体を壊しやすい」とよく言われますが、ことに海外では、思わぬ病気にかかることが少なくありません。海外で日本人が感染し、帰国前後に症状が続く、あるいは帰国後に症状が現れる感染症を「輸入感染症」といいます。輸入感染症は、「下痢を伴うもの」と「発熱を伴うもの」に大きく分けられます。


激しい腹痛や下痢におそわれたとき


 下痢を伴う感染症は「旅行者下痢症」と呼ばれ、熱帯や亜熱帯の国に行った旅行者にしばしば見られます。原因菌としては、「大腸菌、コレラ菌、赤痢菌」などが考えられます。これらの菌は、加熱されていない食品や、水に潜んでいます。

 下痢が起こったら、まず脱水を防ぐための水分補給が大切です。水よりもスポーツドリンクのほうがスムーズに吸収されます。下痢は、菌を体外に出そうとする生理的な反応なので、勝手に下痢止め薬などをのんではいけません。薬で排便を無理に止めるとかえって体に悪影響を与えます。のむ場合は、乳酸菌製剤などの整腸剤にします。

 旅行者下痢症の下痢には「水のような便(水様便)が大量に出る」場合と、「便に血が混じる(血便)」場合とがあります。前者の場合には、コレラなどの病気が考えられ、後者の場合には、赤痢などの病気の可能性があります。特に血便が出た場合には、危険な状態と考えられるので、一刻も早く受診しなければなりません。旅行後、1か月以内に激しい下痢におそわれた場合も、すぐに医療機関を受診しましょう。

 旅行者下痢症の予防法は、「生の食べ物や生水は絶対にとらない」ことに尽きます。発展途上国では水道水が十分に殺菌されていない可能性があるので、飲むのはもちろん、歯磨きにも使ってはいけません。水は、水道水を1分間煮沸して湯冷ましにするか、信頼のおけるメーカーのミネラルウォーターを飲みましょう。牛乳も煮沸消毒が必要です。果物は、カットフルーツなどすでに処理されたものは食べないほうがよいでしょう。


発熱を伴うとき


 「発熱」を伴う感染症の原因としてまず考えられるのは、昆虫が媒介する病気です。なかでも代表的な病気が、東南アジアからインド、アフリカ、中南米に広く分布する「マラリア」です。マラリアは、「マラリア原虫」をもった「ハマダラカ」という蚊を感染源とします。ハマダラカに刺されると、マラリア原虫が人の血液中の赤血球に寄生・増殖し、さまざまな症状を引き起こします。

 マラリアに感染すると、まず高熱が出て寒気がし、頭痛、吐き気が現れます。「周期的に発熱を繰り返す」のが特徴で、マラリアの種類によって周期の長さが異なるため、診断の際の重要なポイントになります。比較的多く見られるのは「三日熱マラリア」と「熱帯熱マラリア」で、熱帯熱マラリアは、症状が激しく、治療が遅れると死亡することもあります。

 マラリアの最も確実な予防策は、ハマダラカに刺されないことです。ハマダラカは、日没から明け方にかけて活動するので、夜間の外出は避けましょう。また、昼間に外出するときも、長そで、長ズボンで手足を守ります。虫除けスプレーも効果的です。


海外旅行に行くときの注意


 旅行先でどんな病気が流行しているのか、事前にその国の大使館に問い合わせたり、厚生省のホームページで確認しておきましょう。旅行先で発症した場合は、日本大使館や領事館を通じて医療機関を紹介してもらうこともできます。

 輸入感染症に感染しても、しばらくは症状が現れないこともあります。旅行から帰っても、最低1か月間は体の状態に注意し、何か異常が見られたら早めに受診しましょう。地域の保健所に問い合わせれば、輸入感染症の専門医を紹介してもらえます。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.21

クラミジア感染症とは 不妊・治療・予防方法

Category: 性病   Tags:健康
性感染症の中でも、特に増えている「クラミジア感染症」。女性が感染すると、気づかないうちに進行し、骨盤内感染症や不妊の原因にもなります。


クラミジアとは?


 最近、性感染症が増えています。その中で「性器クラミジア感染症」は、現在最も多いとされている性感染症です。特に10歳代後半から20歳代前半の女性に多く、クラミジアに感染している女性は、男性の2.4倍にも上るといわれています。

 クラミジア感染症とは、「クラミジア・トラコマチス」という病原体に感染して起こる病気です。女性の場合は子宮頚管から、男性は尿道から感染します。男性の場合、尿によってクラミジアが洗い流されることが多いため、女性に比べて感染しにくくなります。


感染しても症状が出にくい


 クラミジアに感染すると、男性では「排尿痛、白または黄色の分泌物」、女性では「おりものが多くなる、軽い下腹痛、性交痛、内診痛」などが現れることがあります。しかし、女性の多くの場合は無症状で、知らないうちに病状が進行し、さまざまな病気を引き起こします。

 子宮から感染したクラミジアは、まず「子宮頚管炎」を起こし、「子宮内膜炎」「卵管炎」と進行します。クラミジアが骨盤腔に達すると(骨盤内感染症)、「上腹部炎症」を起こすこともあり、骨盤内で炎症を繰り返すと、次第に卵管の周辺臓器が癒着してきます。さらに、卵管が狭くなって「子宮外妊娠」の原因となったり、「卵管閉塞症(卵管が詰まりやすくなる)」、「卵管留水症(炎症に伴う滲出液がたまる)」などが起こります。また、妊娠中にクラミジアに感染していると、早産の一因にもなるといわれていますし、出産のときに、産道で子どもにもクラミジアが感染することもあります。(産道感染)。

 クラミジアに感染しているかどうかは、医療機関や保健所で調べられます。近頃は妊娠中にクラミジア感染の有無を調べる医療機関も増えています。前述の症状のある場合や、感染した可能性のある場合には、できるだけ早い時期に調べるほうがよいでしょう。


クラミジアの治療


 クラミジアの治療は、早期であれば抗菌薬を2週間ほど服用することで治ります。妊娠している場合でも、胎児に影響のない抗菌薬を服用することで、治療は可能です。また、生まれてきた子どもがクラミジアに感染していた場合も、治療できます。

 治療後には、再度検査を受けて、必ず治癒したことを確認してください。また、クラミジアは性行為によって感染しますから、パートナーも一緒に検査を受けるようにしましょう。クラミジアの根絶には、パートナーの理解と協力が絶対に必要です。


クラミジア 予防のために


 クラミジアをはじめとする性感染症は、予防が最も大切です。予防のためにはコンドームを使用して、セーフティセックスを心がけましょう。ただし、性感染症のなかには性器ヘルペスや尖形コンジロームのように、コンドームを使っていても感染するものもあります。また、不特定多数との性交渉を繰り返していると、性感染症にかかる可能性も高くなります。女性の場合、男性よりも性感染症にかかりやすく、しかも妊娠や出産に関するリスクも高くなるので、十分注意しましょう。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.20

ペット感染症 オウム病 トキソプラズマ イヌ・ネコ回虫症

Category: 感染症   Tags:健康
かわいいペットから、思わぬ病気をもらう人が増えています。動物は、人間とは違う生き物だということをきちんと認識して、節度あるつき合いを心がけましょう。


増える「ペット感染症」


 動物がもっている病原微生物が人間にうつる「ペット感染症(人畜共通感染症)」の増加が指摘されています。ペット感染症は、人間が注意をすれば防げるものです。「ペットの糞は早めに処理する」「口移しで餌をやるなど過度の接触を慎む」「ペットに触った後は手洗い、うがいをする」などを守り、上手につきあっていくようにしたいものです。


オウム病


 「オウム病」とは、鳥類に感染する微生物「クラミジア」に、人が感染して起こる病気です。クラミジアに感染した鳥の糞、鼻水やくしゃみなどの飛沫、死体などから空気感染します。多くの場合、飼われているセキセイインコやカナリア、文鳥などからうつり、のどの痛みやくしゃみ、発熱など、かぜによく似た症状が現れます。

 オウム病には、テトラサイクリン系やマクロライド系の抗生物質がよく効きます。しかし、症状がかぜとよく似ているため、症状だけでオウム病と判断するのは極めて困難です。受診の際には、「小鳥を飼っているか」「鳥と接触する機会があったか」などを、必ず伝えるようにしてください。また、クラミジアに感染した鳥も、くしゃみ、鼻水などの症状がでるため、鳥のオウム病が疑われる場合は、取り扱いに十分注意してください。


トキソプラズマ


 「トキソプラズマ原虫」は、ネコの腸内で成長する寄生虫です。ネコの糞から感染するケースと、トキソプラズマがブタやウシ、ニワトリなどに感染し、その生肉を食べて感染するケースがあり、感染の大多数は後者のケースです。トキソプラズマ感染症はありふれた病気で、ほとんどの場合は症状が現れません。

 問題になるのは、妊娠中に初めてトキソプラズマに感染した場合で、約40%の確率で胎児に感染が見られ、そのうちの約20%に障害が起こります。障害のほとんどは、青年期になって発症する「網脈絡膜炎」に伴う視力障害です。ただし、乳幼児期に感染を察知して抗菌薬を服用すれば、網脈絡膜炎の発症をほぼ抑えることができます。

 トキソプラズマの感染時期は検査で分かり、妊娠中の感染がわかった場合は、抗生物質で治療できます。妊娠前の抗体検査で陰性の場合は、「若いネコとの接触を控える、肉の生食を慎む、生肉を扱った場合は手をよく洗う」といった注意を心がけてください。


イヌ・ネコ回虫症


 イヌやネコの腸にいる回虫が、人に感染することがあります。知らないうちに口から入って感染することもありますが、いちばん多いのは、回虫に感染した鶏のレバーを生で食べて感染するケースです。一時期、公園の砂場からの感染が騒がれましたが、実際の感染例は多くはありません。

 イヌ・ネコ回虫は、人間の体の中では成長できず、幼虫のまま体内を動き回ります。この幼虫を除去する薬はありませんが、大抵の場合は、肝臓に入ったときに免疫作用(体内の異物を攻撃し、排除するシステム)によって殺されてしまいます。しかし、ごくまれに肝臓から、肺や目の網膜の下まで移動するものもあります。回虫が肝臓に入り込むと、「おなかが張って熱が出る」ほか、砂などを食べたくなる「異味症」などの症状が現れることがあります。しかし、回虫が死ねば、症状は自然に改善されます。

 感染を予防するために、イヌを飼う人は子犬のうちに一度駆虫剤をのませます。ネコの場合は、定期的に便を調べてもらい、糞中に回虫の卵があったら駆虫剤をのませましょう。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.19

O157の症状・治療・予防法 食中毒

Category: 食中毒   Tags:健康
衛生状態が改善されたにもかかわらず、最近では結核など感染症の発生件数が再び増えてきています。今回は、身近で、しかもこの時期に多くなる食中毒「O157」について解説します。


O157による食中毒


O157の特徴


 O157は、ウシの腸に住む大腸菌の一種で、人に感染すると激しい症状を引き起こします。ウシの肉(特にひき肉)を食べて感染するケースと、牛糞から芽野菜の種などが汚染され、それを人間が口にして感染するケースがあります。O157の感染力はたいへん強く、わずかの菌が体内に入るだけで症状を起こします。食べ物から人への「一次感染」以外に、人から人への「二次感染」も起こり、家族内感染もかなりの率で見られます。

O157の症状と治療


 3~7日の潜伏期間を経て、腹痛や下痢、血便が起こります。血便は、「ほとんどが血液で便がないくらい」の鮮血便が出ることがあるのが特徴です。まれにO157が出す「ベロ毒素」が腎臓を傷害し、「溶血性尿毒症症候群(HUS)」を引き起こすことがあります。HUSは、抵抗力の弱い乳幼児やお年寄りがかかりやすく、時に命にかかわることもあります。

 治療は、輸液の点滴で下痢による脱水症状を防ぐとともに、特定の抗菌薬を服用し、体内での菌の増殖を抑えます。また、現在のところ、HUSに対する確実な治療法はありません。HUSが起こると、死亡する確率が高くなるので、できるだけ早く治療を受けることが大切です。

O157の予防のポイント


 厚生省のガイドラインでは、食品を「75℃以上で1分間」加熱することを提唱しています。特にハンバーグなどは、しんまでよく火が通っているかを確認しましょう。二次感染を防ぐために、感染者の便が付いている可能性のあるものを処理するときには、必ず使い捨てのゴム手袋を用い、処理後は丁寧に手を洗います。また、家庭での入浴は感染者が最後に入るようにし、残り湯は捨てましょう。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.19

腸炎ビブリオの治療・予防法 食中毒

Category: 食中毒   Tags:健康
衛生状態が改善されたにもかかわらず、最近では結核など感染症の発生件数が再び増えてきています。今回は、身近で、しかもこの時期に多くなる食中毒「腸炎ビブリオ」について解説します。


腸炎ビブリオによる食中毒


腸炎ビブリオの特徴


 腸炎ビブリオによる食中毒は、日本の細菌による食中毒の約3分の1を占める、たいへん多い病気です。腸炎ビブリオは、海底の泥や魚介類に好んで住む菌で、感染源は近海物の魚やたこ、貝類の腸が中心です。腸炎ビブリオの増殖速度は爆発的で、夏場なら数時間で食中毒を起こすのに十分な量に達します。

腸炎ビブリオの症状と治療


 腸炎ビブリオが腸管に達すると、そこで増殖し、同時に毒素を出します。症状は「1日数回から10回ほどの下痢や嘔吐」「激しい腹痛」「発熱(37~ 38℃)」で、ごくまれに毒素が心臓に回り、重い事態を引き起こし、死亡することもあります。症状が現れるまで(潜伏期)は、3~40時間と一定ではありません。

 治療は、安静が第一です。下痢で大量の水分が失われると、脱水症状を引き起こすこともあるので、輸液の点滴で水分を補います。また、抗菌薬を用いて菌の増殖を抑えることもあります。ほとんどの場合、症状は1週間ほどで治まります。

腸炎ビブリオの予防のポイント


 細菌に汚染された食品は、見た目やにおいからはわかりません。夏場に魚介類を食べる際は、「魚介類はよく水洗いする」「低温で保存し、なるべく早く食べる」「加熱調理する」「調理後、調理器具を消毒する」といったことに注意しましょう。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.15

胃潰瘍の治療後の食事

Category: 胃腸の病気   Tags:健康

胃潰瘍の治療後の食事について


管理栄養士の竹内冨貴子さんのお話です。

「検査の結果で、少しずつ消化の良いものをとるのがよいでしょう。せっかく今落ち着いているので、ここであせって普通の食事に変え、また悪くなってはいけません。自分で様子を見ながら、豆腐や白身魚の蒸したものなど消化の良いものを少しずつ食べ、それでも胃の状態が変わらないのであれば、徐々に普通の食事に戻していかれたら良いでしょう」

Comment:0  Trackback:0
2000
06.14

胃のポリープ 種類と見分け方

Category: 胃腸の病気   Tags:健康
胃は「心を映す鏡」と言われるほど、ストレスや情緒的不安が現れやすい臓器。今日のお話は、胃にできたポリープについて


胃のポリープとはどのような病気なのか


正常な胃の粘膜から飛び出したもの、丸くふくらんだもの、皮膚で言えばこぶやいぼのようなものです。タイプはいろいろありますが、正常な粘膜から出たものを一括して「ポリープ」と呼んでいます。


ポリープの形


ポリープにはいろいろな形がありますが、以下の4つに分けて考えるとわかりやすいでしょう。

「粘膜下腫瘍型」
ポリープとは言いません。ポリープと同じようなふくらみですが、別の病気と考えます。
一般的には「広基性」「扁平型」「有茎性」の三つが、ポリープと考えられています。


ポリープの種類


ポリープには、様々な性格のものがあります。
・腫瘍性のポリープ
・過形成性のポリープ
慢性胃炎の結果、もともと正常である胃の粘膜が増殖してしまうタイプがその代表です。腫瘍性の増殖ではないのですが、炎症の結果起きた反応性の増殖です。こちらを過形成性のポリープと言います。

腫瘍性と過形成性、ポリープは大きくこの二つに分けることがあります。このどちらかであるかで、取り扱いが変わります。


ポリープの見分け方


見分け方ですが、一番正確な方法は内視鏡で行う組織の生検です。内視鏡的には、
・腫瘍性のポリープ
広基性や扁平性のポリープが多い
・過形成性のポリープ
有茎性のポリープが多い。

過形成性のポリープ
治療が必要かどうかはいろいろな要因で決めます。一つは大きさ、もう一つは、定期的に検査をしてポリープが大きくなっていくのかどうかということです。この二つが治療の見極めの根拠になります。

良性ポリープの場合、大きさの目安として一般的には、腫瘍を含めて2センチ以上のものには何らかの処置を、2センチ以下のものに関しては組織によって治療法が異なると考えられています。


ポリープの切除法


ポリープは、内視鏡の先から「スネア」という金属のわっかを出して根元を締め、高周波の電流を流して焼き切ります。これをすると治療にもなり、組織も確実に調べることができます。

治療としてはとても簡単です。良性のポリープであれば、経過を定期的に見ていくのも一つの方法ですし、簡単な治療ですから切除をされてもよいし、どちらでも構わないと思います。ただ、切除しない場合には、内視鏡の検査をされる度に組織を取って調べていただいたほうがよいでしょう。



Comment:0  Trackback:0
2000
06.13

妊娠中の理想的な体重増加 増えすぎ、増えない場合の悩み

妊娠による体重の増加というのは、どれくらいなら正常であるのか気になるところです。


妊娠中の理想的な体重増加


正常妊娠の体重増加は、妊娠の末期ですと胎児と胎盤で約4キロになります。そのほかに水分が2キロ、乳房と子宮で1キロ、合わせて7キロぐらいは妊娠によって増えていくわけです。

正常妊娠の体重増加は、非妊時が正常な人は約7キロから10キロは増えてもいいと言われています。少し太り目の人は5キロから7キロです。
母体の体重増加のほとんどは皮下脂肪で、逆に母体の体重があまり増えずに妊娠の最後までそのままいった場合でも、赤ちゃんは正常な大きさです。それは、赤ちゃんが母体の脂肪を栄養にして、脂肪を減らしてくれるからなのです。

したがって肥満の人の場合、妊娠中に体重を増やさなければ、出産後には正常体重に戻すことがでることになります。そのぐらい赤ちゃんというのは、母体が食べなければお母さんの脂肪を食べて育つわけです。


妊娠中に体重が増えない悩み


どうしても妊娠後半になりますと、あまり一度にはたくさん食べられないものです。そういったことで、今までの生活をしていればあまり体重は増えないかもしれません。けれども胎児というのは大変生命力が強いものなので、お母さんが飢餓の状態でも、ちゃんと母体から栄養をとって育っていきますから心配はありません。

また、やせている方は体重を増やさなければならないと思いがちですが、無理に体重を増やす努力をする必要はありません。たくさん食べてもつくのは皮下脂肪と、血管の中のコレステロールが上がるというくらいです。むしろ赤ちゃんというのは食べ物よりは、お母さんの血液をもらって育っていくわけですから、血液の流れがいい方が赤ちゃんにとってはありがたいわけです。

したがって、やせた人でも赤ちゃんを育てるためにたくさん食べる必要はありません。ただし、ご自分を理想体重にするために、妊娠中にたくさん食べるということでしたら、それはそれでいいわけです。



Comment:0  Trackback:0
2000
06.12

歯周病が引き起こす全身疾患

Category: 歯・口腔の病気   Tags:健康
歯周病」は、全身の状態と深くかかわっています。糖尿病や心臓病などのほか、ストレスや喫煙などとの関係も指摘されています。歯周病を防ぐには、心身を健やかに保つことが大切です。

1.歯周病とは
2.正しい歯磨きの仕方5ヶ条 プラークコントロール
3.歯周病は治る? 最新治療法
4.歯周病が引き起こす全身疾患


全身に影響する歯周病


歯周病」は、口の中だけの病気と考えられがちですが、気づかないうちに全身の健康に影響を及ぼしています。歯周病になると、歯周ポケットから歯周組織内に細菌が侵入し、細菌自体や細菌がつくり出す毒性物質が血液内に入ってきます。

また、細菌に抵抗する白血球や白血球が放出した「サイトカイン」や「プロスタグランジン」といった生理活性物質も血液内に入って、全身の臓器に運ばれていきます。すると、そこでさまざまな影響が現れてくるのです。


歯周病と関係のある病気


1.心臓病


 歯周病がある人は、「心筋梗塞」のような心臓の血管が詰まるタイプの心臓病を起こしやすいことが明らかになっています。「高血圧、高脂血症、喫煙」に加えて、歯周病も心筋梗塞の重大な危険因子になるのです。歯周病で血管が詰まりやすくなるのは、細菌感染によって血液を固まりやすくする物質が血液中に増えるうえ、患部から血液中に入り込んだ白血球によって動脈硬化が進行しやすくなるためだと考えられています。

2.糖尿病


「糖尿病」が歯周病の危険因子であることは、すでによく知られていました。糖尿病が進行すると、免疫機能(細菌などの病原菌に抵抗する働き)が低下するため、歯周ポケットの中で細菌が増殖しやすくなるためです。一方、最近になって、歯周病が糖尿病の発病や血糖コントロールに影響を及ぼすことがわかってきました。歯周病の治療を完全に行うと、治療しなかった場合に比べ、血糖コントロールが改善されます。

3.ストレス


「ストレス」があると、副腎皮質ホルモンの分泌が高まり、それによって白血球の働きが阻害され、免疫機能が低下します。実際、ストレスが強く、それをうまく処理できない人は、唾液中の副腎皮質ホルモンの濃度が高く、歯周病も進行しやすいことが明らかになりました。また、ストレスがあると、唾液の分泌量も少なくなります。唾液はプラークを付きにくくしたり、唾液がもっている殺菌力によって、プラークの増殖を防いだりしているので、唾液の分泌量が減ると、それだけ歯周病に悪影響を与えます。

4.そのほかの病気への影響


 早産(低体重児出産)を起こしやすくしたり、歯周病菌に感染することで、胎児の成長が阻害されることもわかっています。また、口の中の細菌が呼吸によって肺に吸引され、肺炎を起こすこともあります。そのほか、骨粗鬆症も関係するのではないかと考えられています。


全身の健康管理で歯周病予防


 歯周病の発病や進行は、全身の健康状態と深くかかわっています。そこで、歯周病を予防するためには、プラークコントロールだけでなく、全身状態の健康管理も心がける必要があります。まず、ストレスをため込まず、うまく処理することが大切です。また、喫煙は歯周病の危険因子となることもわかっているので、心臓病などの生活習慣病を予防するためにも、禁煙をお勧めします。さらに、免疫機能が低下すると、プラーク中の細菌が増殖しやすくなるので、規則正しい生活を送り、全身をよりよい健康状態に保つことが大切です。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.12

歯周病は治る? 最新治療法

Category: 歯・口腔の病気   Tags:健康
以前は、進行した「歯周病」は、歯を抜くしか治療法がありませんでした。しかし、現在は超音波やレーザーなどが治療に用いられるようになり、歯周組織を元に戻す方法も開発されています。

1.歯周病とは
2.正しい歯磨きの仕方5ヶ条 プラークコントロール
3.歯周病は治る? 最新治療法
4.歯周病が引き起こす全身疾患


歯周病の治療 1.プラークや歯石を除去するスケーリング


 プラークや歯石を除去するのが「スケーリング」です。スケーリングに使う道具を「スケーラー」といい、「ハンドスケーラー(手用スケーラー)」のほかに、「超音波スケーラー」や「レーザースケーラー」もあります。

 すでに広く使われている超音波スケーラーは、患者さんに与える苦痛も少なく、細かい部位のプラークや歯石も残らず除去することができます。レーザースケーラーはプラークや歯石が取れるだけでなく、細菌を殺す効果もあります。まだ、ごく一部の医療機関でしか使っていませんが、今後普及すると考えられます。

 歯周炎の段階まで進行した場合でも、歯周ポケットの中をスケーリングすれば、歯茎の炎症が治まり、進行を食い止めることができます。ただ、しばらくすると歯周ポケットの中に、再びプラークや歯石がたまってくるので、3~6か月に1回の割合で、スケーリングを行う必要があります。

 また、プラークが付いた歯の表面には、細菌が出す毒素が染み込んでるため、プラークや歯石を除去しても歯に歯周組織がくっつきません。そこで、スケーリングの際に、毒素がしみ込んでいない部分まで歯の表面を10~20ミクロンの厚さで削り取る「ルートプレーニング」を組み合わせて行います。


歯周病の治療 2.歯周組織の再生を促すGTR法


 スケーリングを行っても、歯周ポケットがあると、そこにプラークや歯石が再び付いてしまいます。以前は、歯周ポケットをなくすために歯肉を切除していましたが、これでは歯根がむき出しになってしまいます。現在では、切除した歯周ポケット内の歯肉を歯に接触させる方法が主流ですが、退縮した歯根膜や歯槽骨は再生しませんし、再び歯周ポケットができてしまうこともあります。

 そこで最近は、歯根部の周囲に高分子バリアの人工膜を巻き、そこに歯周組織を接触させる「GTR法」という方法が開発され、一部の医療機関で行われるようになりました。人工膜があると、歯根膜が再生してしっかりと歯根部を包み込み、歯槽骨も再生して歯を支えるようになります。こうして半年~1年ほどかけて、徐々に健康な歯茎が回復してきます。

GTR法は、手術後8週間ほどで人工膜を取り出さなければならないため、手術が2回必要になりますが、手術が1回ですむように、体の中で溶けてしまう吸収性の膜も使われるようになっています。さらに、歯根膜が早く再生される物質を患部に塗っておく方法もあります。


歯周病の治療 3.歯ぎしりの予防やかみ合わせの矯正も行う


 歯周病になると、歯を支える歯周組織の力が弱まるため、歯並びが変化したり、歯の高さが変わってきたりすることがあります。すると、無意識のうちにそれを調節しようとして、「歯ぎしり」をするようになります。歯ぎしりは、歯周病を悪化させてしまうこともあります。

 歯ぎしりをすると歯がすり減ってしまい、ますますかみ合わせが悪くなるので、「咬合調整」をしてもらう必要があります。咬合調整をしても歯ぎしりが治らない場合は、「マウスナイトガード」という器具を就寝時に装着し、歯ぎしりをしても歯がすり減らないようにします。歯ぎしりする人にとっては、咬合調整も歯周病治療の一部といえるでしょう。



Comment:0  Trackback:0
2000
06.12

正しい歯磨きの仕方5ヶ条 プラークコントロール

Category: 歯・口腔の病気   Tags:健康
歯周病予防で最も大切なのは、「プラークコントロール」です。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスを利用します。自分の歯を守るために、正しい歯磨きの仕方を身につけましょう。

1.歯周病とは
2.正しい歯磨きの仕方5ヶ条 プラークコントロール
3.歯周病は治る? 最新治療法
4.歯周病が引き起こす全身疾患


歯磨きの目的


 「歯周病や虫歯」を予防するのに、食後の歯磨きが大切です。しかし、食べ物のカスを除去するだけでは、歯周病の予防にはなりません。歯磨きの目的は、食べ物のカスを栄養にして増殖している細菌の塊、つまり「プラーク(歯垢)」を取り除くことです。プラークを増やさないように努めることを、「プラークコントロール」といいます。プラークコントロールのためには、正しい道具を使い、正しい磨き方をする必要があります。 そのために覚えておきたい5か条を、次にまとめてみました。


第1条 歯ブラシを吟味せよ


 プラークを隅々まできれいに取り除くためには、口の奥まで無理なく入る大きさの歯ブラシを選びます。具体的には、柄はまっすぐで首が細くて、ヘッドは小さめのものを選びます。毛は弾力性のあるものがいいでしょう。ブラシの裏側から見て、毛先が外側に出ているようなら取り替えの時期です。


第2条 「食べたら磨く」を習慣に


 プラークは食べ物のカスを栄養源にしているので、食べたらすぐに磨くのがプラークを増やさない最良の方法です。1日3回の食事後に、歯を磨く習慣をつけましょう。歯を磨くと口の中がすっきりして、だらだらとものを食べ続けたり、間食をする習慣も減ります。


第3条 境目に注意を払え


 歯の表面だけでなく、歯と歯茎の境目に付着するプラークをきちんと除去するように心がけます。また、目で見える部分だけでなく、奥歯や歯の裏、さらには歯と歯の間など細かな部分に付着しているプラークまで、きちんと除去することが大切です。プラークは無色透明なので、目では見えません。時々、「染め出し剤」を用いて、磨き残しがないかどうか確認してみるとよいでしょう。染め出し剤は、薬局などで市販されています。


第4条 「直角」と「小刻み」がポイント


 歯ブラシの端が歯と歯茎の境目にくるようにし、歯ブラシの毛を歯に対して直角に当てるのが基本です。奥歯の内側(舌側)を磨くときには、45度くらいの角度で当てます。慣れるまでは、鏡で確認しながら行ってください。

 歯ブラシに加える力が強すぎると、歯茎を傷めてしまうことがあるので、力は200~300g程度にします。歯ブラシの毛先を調理用のはかりなどに押し当て、適切な力の入れ具合を覚えておくとよいでしょう。

 歯ブラシは振動させるように、小刻みに横方向に動かします。同じところに固定したまま、10~30回くらい動かします。前歯の裏側だけは、歯ブラシを縦向きにして、縦方向に小刻みに振動させるように動かします。磨く順序は、奥の歯から始め、1か所がすんだら歯2~3本ぐらいずらします。端から順に磨いていくと、磨き残してしまう部分がありません。


第5条 1日1回は歯間ブラシやデンタルフロスを


 歯ブラシでていねいに磨いても、歯と歯の間のプラークを完全に除去することはできないので、歯間ブラシやデンタルフロスを用います。歯と歯の間が比較的広くあいている場合には歯間ブラシを、歯と歯の間が狭い場合にはデンタルフロスを用います。歯間ブラシやデンタルフロスも、毎食後行うのが理想的ですが、時間がない場合でも、1日に最低1回は行うようにしてください。



Comment:0  Trackback:0
2000
06.12

歯周病とは

Category: 歯・口腔の病気   Tags:健康
歯周病」は中高年が歯を失う大きな原因になっています。しかし、きちんとケアすれば、年をとっても、健康な歯を保つことはできます。まずは自分の歯をチェックしてみましょう。

1.歯周病とは
2.正しい歯磨きの仕方5ヶ条 プラークコントロール
3.歯周病は治る? 最新治療法
4.歯周病が引き起こす全身疾患


日本人は半分以上の歯を歯周病で失っている


 厚生省と日本歯科医師会では、80歳で自分の歯を20本残そうという、「8020運動」を進めています。しかし、失われた歯の数を見ると、55歳で8本、60歳で12本、70歳で20本、80歳で24本となっています。つまり、80歳ではわずか4本しか歯が残っていないのです。一方、アメリカでは、60歳を過ぎても喪失歯数はあまり増えず、80歳になっても、日本の60歳の人と同じくらいの歯が残っています。

 日本人の場合、歯を失う原因で最も多いのが「歯周病」です。40歳以降では、歯を喪失する原因の6割以上が歯周病だといわれています。


歯周病とは


 歯は、歯肉、歯根膜、歯槽骨などの歯周組織によって支えられています。この歯周組織が破壊されていく病気が「歯周病」です。

歯肉炎と歯周炎


歯周病は、歯茎の最も外側にある歯肉だけが炎症を起こす「歯肉炎」と、歯茎の内側にある歯根膜や歯槽骨まで破壊される「歯周炎」とに大別されます。成人になって起こる歯周病の多くは、まず歯肉炎が起こり、それが歯周炎へ進行するという経過をたどります。


歯周病の原因


 歯周病の多くは、歯と歯茎の境の部分に「プラーク(歯垢)」が付くことによって起こります。プラークとは、何十種類もの細菌が集まっている塊のことで、食べ物のカスなどを栄養として増殖します。

プラークを放置しておくと、細菌が出す物質によって、歯茎の最も外側にある歯肉に炎症(歯肉炎)が起きます。歯肉炎が進行すると、細菌の毒素によって歯と歯茎の境が少しずつ破壊され、「歯周ポケット」という溝ができてしまいます。ここにもプラークや歯石(歯垢が石灰化したもの)が付き、歯根膜や歯槽骨まで破壊されるようになります。これが「歯周炎」です。


歯周病のセルフチェック


 歯周病で歯を失わないためには、なるべく早い段階で適切な治療を受ける必要があります。ところが、歯周病には虫歯のような痛みがないため、どうしても治療を受けるのが遅れがちです。そこで、歯周病が起きているのか、あるいは、どの程度進行しているのかといったことを、自分できちんと把握しておく必要があります。「歯周病セルフチェック法」で調べてみてください。


歯周病の進行


 歯周病の初期には、歯茎から出血しやすくなったり、歯茎が腫れたりします。炎症が歯肉にとどまっていれば、ブラッシングによって完全に健康な状態に回復させることができるので、この段階で治療を開始することが大切です。

一方、使用後のデンタルフロスがにおったり、口の中がねばねばするような場合には、炎症が歯茎の奥に及び、歯根膜や歯槽骨の破壊が始まっていることを意味しています。歯にものが挟まるのは、歯の支えが弱くなったり、歯茎が下がってきているためです。

こうして歯周組織が退縮し、歯根部の支えが歯根全体の1−3程度になると、歯がぐらつくという症状が現れてきます。こうなる前の段階で、自分の歯茎がどれだけ悪くなっているのかを判断して、きちんと治療することが大切です。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.12

妊娠中毒症と肥満、帝王切開の関係

妊娠・出産ではうれしいと同時に、いろいろな不安や悩みも出てくるのではないでしょうか。今回は肥満と妊娠中毒症について。


正常な妊娠の場合は、どのくらい体重が増えるのか


一般的には赤ちゃんが3キロぐらいで、胎盤が500グラムですから合わせて約4キロ、そのほか妊娠中に水分が約2キロ増え、乳房と子宮を合わせて1キロですから、大体7キロぐらいは妊娠によって増えるわけです。そのほかの増えるものは皮下脂肪です。

7キロ以上体重増加がある場合は皮下脂肪が増えてしまってるということになります。そうしますと、妊娠中毒症を予防しなければなりません。


妊娠中毒症について


妊娠中毒症の初期の症状
・「むくみ」
すねの上の骨を押すとへこみができるようになり、急に体重が1週間に500グラム以上増える。
・血圧が上がり、尿からたんぱくが検出される。
このような症状を妊娠中毒症と言います。


肥満で帝王切開になりやすい


赤ちゃんは、背骨からおしりの骨、前にある恥骨という骨の間を通っていきます。頭から下がってくるわけですが、もしもお母さんが大変太ってきますと、骨盤の内側に脂肪がたくさんつき、赤ちゃんが下がりにくいため、帝王切開になりやすいと言われています。


食事療法で自然分べんができる可能性も


安静にして、あまり体に負担をかけないということがまず一つです。それから、これ以上は体重を増やさないことと、塩分を控えて水のたまりを少なくすることです。
基本は、安静と食事療法です。

本来、赤ちゃんはどんどん大きくなるわけですから、体重を落とすというのは大変難しい。これ以上体重を増やさないようにするためには、ご自分の脂肪を赤ちゃんに食べてもらうというぐらいのつもりで、1日1600キロカロリーぐらいの食事をしていきますと、中毒症も悪くならずに自然分べんができる可能性もあると思います。



Comment:0  Trackback:0
2000
06.11

女性の痛風

Category: 痛風   Tags:健康
激しい痛みを伴う痛風の患者は日本で60万人。これに痛風予備軍と言われる尿酸値が高い人を合わせると、600万人もいます。特に男性に多く、成人男性の5人に1人が痛風の心配があるという身近な病気です。


女性でも痛風になりますか?


Q.痛風は男性に多いと言われているが、尿酸値が高い(8.3)場合女性でも痛風になるでしょうか?

尿酸値は7以上が高いと言われていますので、8.3という値は、やはり高いと考えてよろしいと思います。この方は心臓病のお薬をのんでいらっしゃるということですが、薬の中には尿酸値を上げるようなものもありますから、のんでいるお薬の中でそういったものがないかということを、まず一番最初に考えます。

利尿剤で尿酸値が上がる


この方は、12年ほど前に大動脈弁を人工弁にする手術をした時から利尿剤の系統のお薬をのまれているそうです。利尿剤を5年以上のまれている方で尿酸値が上がってくることはよくあります。利尿剤をのまれてる方で、痛風の発作というのはないことはないのですが、可能性としてはそれほど高くはありません。

この方は、利尿剤の服用を今はやめられないそうです。このような場合は、利尿剤を続けていただいて、いろいろ気を付けられるところだけ気を付けていただければよろしいのではないかと思います。

女性は痛風になりにくいが閉経後は注意


女性の場合は尿酸値がもともと低いので、高くなってもなかなか痛風になりません。

けれども閉経後には、女性でも尿酸値が上がります。相談者の場合には、そこにさらに利尿剤の効果がプラスされていますので、尿酸値が上がってきて、8を超えているという状態だと思います。

今後、尿酸の値が例えば9とか10を超えていくということになりますと、やはり専門医に相談して、尿酸値を下げるようなお薬も一緒にのむ必要が出てくるかもしれません。ただ現時点は、特に足が痛くないのでしたら、食事のことなどに十分気を付けて、現在できることをしていけばよろしいかと思います。
この方は、電子カルテのチェック点数がマイナス2点ということで、十分に気を付けておられるようですので、現在のまま様子をみていただければと思います。


痛風とまちがえられやすい病気に注意


痛風の患者さんの100人中95人までが男性でした。女性は非常に少ないんです。
女性は尿酸値が男性よりも低いのですが、女性の平均をとって正常の範囲を出しますと、男性の正常値よりも低いものの、高齢の女性になりますと平均の中の上の方にきますので、標準値を超えることがよくあります。
こうした方が、足が痛いとかいうことになりますと、すぐ痛風という診断を下されてしまうことがよくあるのです。

痛風とまちがえやすい病気はいろいろあります。例えば外反母趾(がいはんぼし)は、足の親指のところが外側に曲がっているようなもので、足の親指の付け根が痛くなったりします。
変形性関節症は、年齢の変化などで軟骨が少し変形してくる病気で、これも関節が痛みます。

特に高齢の女性になりますと、外反母趾や変形性関節症による痛みを痛風とまちがえて診断される場合があります。ですから、女性で痛風と言われている方は、もう一度診断の見直しが必要な場合が多いですね。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.08

アトピー性白内障 アトピー性皮膚炎に伴う目の合併症

Category: 目・眼の病気   Tags:健康
目の病気には、糖尿病やアトピー性皮膚炎など、全身の病気で起こるものもあります。今日はそんな一つ「アトピー性白内障」です。


昨年、「アトピー性白内障」と診断され手術をした。大きめのレンズを入れてもらい、現在症状が安定しているが、将来、網膜はく離を起こすのではないかと心配。網膜はく離はどのような場合に起きやすいのか? また、レンズは長期間使用しても変化は起きないのか?


アトピー性皮膚炎に伴う目の合併症


アトピー性皮膚炎から白内障になってしまうことは結構あります。アトピー性皮膚炎に伴う目の合併症にはどのようなものがあるのかといえば「目がかゆくて困る」という結膜炎が非常に多く、他に相談者のような白内障、それから網膜はく離という合併症があります。(アレルギー性結膜炎が46.3%と半数近くを占めるが、網膜はく離になる危険性も15%と少なくはない )

老人性の白内障というのは周辺から濁るのですが、アトピー性の場合はものを見ようとする中心部が濁ってきます。相談者はこの濁りをとって、新しくレンズを入れた状態でしょう。

相談者は手術の際、比較的大きなレンズを入れてもらったとのことですが、それはとてもいいことです。網膜はく離を起こしていないかを検査するときに、小さなレンズだと、ちょうどそのレンズの縁が引っかかって、目の底の周辺が見えにくくなります。大きなレンズだとこのような心配はありませんから、担当医は非常に良い判断をされたと思います。

今後、網膜はく離を起こす確率ですが、15%程度と考えられます。確かに危険性はありますが、それをあまり心配し過ぎるのも良くないでしょう。アトピー性の網膜はく離というのは、目の網膜の周辺に変化が起きやすいものです。


目に刺激を与えないように注意することが大切


網膜はく離にならないようにするためには、目に衝撃を与えないことが一番大切です。アトピー性皮膚炎だと目がかゆくなりますから、どうしてもこすったり叩いたりしがちです。そういう外的な刺激を与えないように注意して下さい。転んで頭をぶつけたり、スポーツで目に刺激を与えないよう気をつけます。普通に生活していれば、まず大丈夫だと思います。

また、白内障の手術をしているので何か月かおきに瞳を広げて、きちんと検査を受けることも大切です。

レンズについてですが、これは一度入れてたら一生変性しませんのでご心配には及びません。ただ、アトピー性白内障の場合、後発白内障という病気を起こしやすいのです。白内障の手術をするとき、レンズの袋を残してその中にレンズを入れるのですが、アトピー性白内障の場合、この袋の後ろの膜がだんだん濁ってくる可能性があります。

その場合でも、瞳の通るところだけ穴を開けてもらうと、またちゃんと見えるようになりますから、ご安心ください。仮に、時間が経ってだんだん見えにくくなるようでしたら、このような治療を受けることをお勧めします。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.07

黄斑変性症

Category: 目・眼の病気   Tags:健康
老眼になる45歳くらいから、白内障や緑内障、黄斑変性症などの目の病気が増えてきます。今日は高齢者に多い目の病気「黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)」についてです。


黄斑変性症とは


黄斑変性症」というのはどんな病気なのか。
この病気は、ものを見ようとする目の中心が出血したり、はれあがる病気です。
そのため、視野の真ん中が暗く見えたり、ものが歪んで見えたり、周りは明るくても、見ようとするところが見えなくなったりします。視力は0.1以下くらいに下がります。

黄斑は網膜の中心の部分のちょうど光が当たるところで、少しへこんでいます。そして少し色がついているところが網膜の色素がある層です。この後ろに脈絡膜という特殊な血管の組織があります。
黄斑変性症は、脈絡膜から悪い血管が色素上皮を通って、網膜の中に入ってしまうことで起こります。この血管は血液が漏れやすく、この血管が網膜の中に出てくると、漏れた血液や溜まった浸出物が網膜を盛り上げ、視力を低下させます。相談者はおそらくこのような状態になっていると思われます。


両眼とも黄斑変性症になる確率は25~30%


治療法ですが、最も多く行われるのはレーザー光線で悪い血管を固める方法です。相談者が受けている薬物治療の他、特殊な場合には手術が行われることもあります。しかし、どの場合でもきちんとこの病気を治すことはできません。病巣が中心からずれている場合にはレーザー治療が効果的ですが、薬では視力は良くなりません。

「片方の目は悪くならないのか?」
25~30 %、つまり4人に1人から3人に1人くらいの割合で、両眼ともこの病気になる可能性があります。

片方の目が悪い方は、もう片方の目の眼底も時々チェックされたほうがいいでしょう。ちょっと目の調子がおかしいなと思ったらすぐに病院に行って、きちんと検査を受けるようにしてください。

Comment:0  Trackback:0
2000
06.06

尋常性乾せん 治療方法

Category: 皮膚の病気   Tags:健康
2年程前に頭に白いかさぶた状のものができ、病院で尋常性乾せんと言われた。
それが現在は、頭と足、腰、手と広がり、大体20か所ほどになった。頭と体に2種類のステロイド系外用薬と1種類の保湿軟こうを塗っているが、良くならない。どうしたらよいか?


乾せんとは


乾せんは生命に関わる病気ではありませんが、頭に大量のふけが出たり、それから白いものがボタボタ落ちたりと、不快な症状を引き起こします。

乾せんの治療は、塗り薬が一番ポピュラーです。
その中でも副腎皮質ホルモンは効果があり、塗れば2、3日で効いてきます。
しかし長い期間使用すると、皮膚が薄くなるという問題が出てきます。
最近では、活性型ビタミンD3軟こうがあります。これは効果が比較的弱くその出かたも遅いのですが、副作用がほとんどありません。乾せんは治るまでに期間がかかる病気ですから、副作用がないというのも大切なことです。

もっと確実に治したい場合には、のみ薬があります。
特に免疫抑制薬は、効果も強く、効果の出かたも非常に早いものです。
しかしやはり副作用があります。特に顕著なのは腎障害で、他にも血圧が上がることがあります。

しかし働き盛りの方で、どうしても乾せんの症状をなんとかしたい場合には、のむだけで効果の出る免疫抑制薬が塗り薬より簡単です。
特に内科的な病気が現在はなく、病気の面積が広い場合には、免疫抑制薬のような治療薬を考慮してみるのもどうでしょう。

そのほかに、ビタミンAの誘導体というのみ薬があります。この薬も非常に強力に効きますが、皮膚がかさかさになったり、髪の毛が抜けるといった副作用があります。

一番の問題は、これからお子さんをつくる若い方の場合、生まれる子に奇形が出る心配があることです。ですからこの薬は、若い方にはお勧めできません。

特殊な治療になりますが、効果の出かたは遅いものの治療をやめた後も効果が持続する治療法に、PUVA(プーバー)という光化学療法があります。
これはソラレンという薬をつけるかのむかして、UVAという紫外線を当てるものです。
しかし、肌の色が黒くなる副作用や、長期間にわたり大量に紫外線を浴びると、皮膚がんになる心配があります。

このように、いろいろな治療法がありますので担当の医師とよく相談をして、ご自身の生活スタイルや体質に合った治療を選び、それを続けるというのがよいと思います。
今お使いの保湿剤も、皮膚の表面を守る意味で効果的ですので、続けられるとよいでしょう。

Comment:0  Trackback:0
2000
06.05

うつ病の人への接し方

「うつ病」を治療するためには、家族や会社の人など周囲の人が、患者さんをサポートすることが必要です。今回は、周りの人が患者さんにどう接したらよいのか、何をしてあげるべきなのかを具体的に紹介します。


うつ病の人への接し方 1.基本


うつ病」の患者さんが治療を行うためには、周囲の人の協力や支えが必要です。ただし、うつ病を理解していないと、患者さんに、逆に負担をかけることもあります。患者さんに接する際は、以下のことに注意してください。

1.励ますのは逆効果


 患者さんを叱咤激励することは禁物です。うつ病の患者さんは、「頑張りたくても、頑張れない」という状態にあるので、かえって患者さんを追い詰めてしまいます。うつ病の患者さんに対しては、批判をしたり自分の意見を押しつけずに、温かく受け入れて理解してあげてください。

2.うつ病の正しい知識をもつ


 うつ病になると、何もする気がなくなったり、1人でいられなくなったり、仕事に行かれなくなります。こうした症状は病気が原因であり、甘えたり、怠けたりしているわけではありません。うつ病とはどのような病気なのか、正しく理解することが大切です。

3.「必ず治る」と安心させる


 患者さんのなかには、「治らない」と思い込んだり、「なかなかよくならない」と焦る人もいます。うつ病は、きちんと治療を続ければ、回復する病気です。そのことを伝え、安心させてあげることが大切です。


うつ病の人への接し方 2.家族の対応


 家族は、患者さんの診察に同席するようにしましょう。医師にとっては、患者さんの家族からも話を聞くことで、患者さんの状態や環境などを、より把握しやすくなります。また、家族は、医師からうつ病についての正しい知識や、上手な対応の仕方を教えてもらうことができます。

 普段の生活の中では、自殺の兆候に注意します。軽症うつ病でも、「死にたい」という願望が起こることがあります。「自分はだめな人間だ」など悲観的な言葉を漏らしたり、部屋に引きこもるような場合や、大事にしていた物を人にあげたり、手紙や写真などを処分するといった身辺整理をするような行動は要注意です。おかしいと感じた場合は、かかりつけの精神科医に連絡をとってください。

 患者さんが、薬をのみ忘れたり、自己判断で服薬をやめると、症状が悪化することがあります。患者さんが薬を管理することが難しい場合は、家族が薬を管理し、医師の指示どおり薬をのませてあげることも必要です。また、患者さんにスポーツをさせたり、旅行に連れ出して、気分転換させようとする人がいますが、これは患者さんにとっては苦痛になります。症状がよくなってきて、患者さんが外出に興味を示すようになってから、散歩などに誘うとよいでしょう。


うつ病の人への接し方 3.職場での対応


 職場にうつ病の患者さんがいる場合は、励ましたり、元気づけたりせずに、仕事の量を減らしてあげるなどの配慮が大切です。特に、上司の対応が重要になります。部下がうつ病になった場合は、無理をせず、休むことを勧めてあげてください。患者さんの家族から希望があれば、受診に同席し、病気を理解することも大切です。

 うつ病が治って、職場への復帰する際も、復帰後しばらくは、勤務時間や、仕事の内容などに配慮するなど、周囲の理解ある対応が望まれます。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.05

うつ病の治し方・治療法

うつ病の治療」は、「十分な休養をとる」ことと「薬物療法」が基本です。これらの治療を根気よく続けていけば、回復します。患者さんは、医師の指示に従って、治療に取り組んでください。

1.うつ病とは きっかけ・症状
2.うつ病の治し方・治療法
3.うつ病の人への接し方


うつ病の治し方 1.休養


うつ病」の患者さんは、精神的にも肉体的にも疲れきっています。そのため、十分な休養をとって、心身の疲れをいやす必要があります。休養といっても、家で安静にしているのではなく、「音楽を聴く、趣味を楽しむ、のんびり過ごす、軽い散歩をする」など、心身をリラックスさせることが大切です。

 治療のためには、場合によっては、仕事の量を減らしたり、仕事を休む必要があります。ところが、うつ病の患者さんには、まじめで責任感の強い人が多く、休もうとしない人が少なくありません。そのような患者さんには、医師が診断書を書いて、職場の協力を求めたり、入院を勧めることもあります。


うつ病の治し方 2.薬物療法


 脳の神経の末端と末端の間にある隙間(シナプス)で、さまざまな情報を伝達する「神経伝達物質」の量が減ると、「抑うつ、不安」などが起こりやすくなります。一方の神経の末端から放出された神経伝達物質の一部は、元の神経細胞に再び取り込まれますが、「抗うつ薬」は、神経伝達物質が元の神経細胞に取り込まれるのを防ぎ、シナプスでの神経伝達物質の量が減少しないよう働き、抑うつ症状や不安感などを改善する作用があります。

 現在使われている主な抗うつ薬は、大別すると、「三(四)環系坑うつ薬」と「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」です。SSRIは、1999年から日本でも使用が認められるようになった新しい薬で、副作用がより少ないという特徴があります。薬物療法は、副作用や症状を考慮して、薬の種類や量を調節しながら行います。

 服薬中は、副作用が現れても、自分勝手に服用をやめるのではなく、必ず医師に相談してください。途中で服薬をやめると、病気を悪化させる原因になります。また、抗うつ薬は、即効性のある薬ではありません。効かないからといって勝手に服薬を中止せず、きちんと服用を続けてください。うつ病の症状がよくなってくると「治った」と思い込み、勝手に服薬をやめてしまう患者さんもいますが、完全には回復していないことも多いので、薬の服用に関しては、必ず医師の指示に従ってください。うつ病が回復した後も、再発を防ぐことを目的として、しばらくの間、薬をのみ続けることもあります。

 最近のうつ病は、軽い症状が長く続く傾向がみられます。またうつ病は、本来、よくなったり、悪くなったりを何度も繰り返しながら、徐々に回復に向かっていく病気です。いずれにしても、きちんと治療を続ければ回復するのですから、焦らずに、気長に治療に取り組みましょう。


うつ病の治し方 3.生活習慣を見直す


 うつ病では、治療中に症状が再燃(悪化)したり、治療後に再発することもあります。特に、うつ病の引き金になりやすい、生活や環境の変化があった場合は、休養を十分にとってください。

また、日ごろから、「自分の性格を知り、あまり無理をし過ぎないように心がける」「仕事や家事などで完璧を目指すのではなく、ゆとりのある生活をする」「何でも一度にこなそうとせず、物事に優先順位をつける」「何もかも自分で処理しようとせず、相手を信頼して任せる」「心配事や悩みなどがあれば、友人や家族などに相談する」「他人の目を気にせず、マイペースで生活する」などに留意して、うつ病を予防することが大切です。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.05

うつ病とは 症状と特徴

近年、中高年を中心に「うつ病」で医療機関を受診する人が増えています。その多くは、"何となく憂うつだ"という軽い症状の患者さんです。思い当たる症状があれば、早めに精神科や心療内科を受診してください。

1.うつ病とは きっかけ・症状
2.うつ病の治し方・治療法
3.うつ病の人への接し方


うつ病とは「心のかぜ」のようなもの


 うつ病は、「内因性」「心因性」「身体因性」の3つのタイプに大別されます。

内因性のうつ病


最も多いのが「内因性のうつ病」で、特有の病前性格と、何らかのうつ病になりやすい素因があり、そこに精神的なストレスや、過労などによる身体的ストレスが加わって発症すると考えられています。

心因性のうつ病


「心因性のうつ病」は、予期しない大きな精神的ストレスがきっかけとなり、発症すると考えられています。

身体因性のうつ病


「身体因性のうつ病」は、脳血管障害などの体の病気が基礎にあったり、あるいは薬の副作用として、二次的に起こるものです。

 近年、仕事や人間関係など、ストレスの原因となることが増えているため、うつ病を発症する人も増えてきています。「一部の人だけがかかる特殊な病気」と考えられることが多いのですが、うつ病は、誰にでも起こりうる「心のかぜ」のようなものです。そのなかでも症状の軽い「軽症うつ病」が増えているのが、最近の傾向です。軽症うつ病は、はっきりとわかる抑うつ症状が見られないため、本人はもちろんのこと、周りの人も、うつ病ということになかなか気がつかないことが多いようです。「疲れやすい」「食欲がない」などの症状を訴えて内科などにかかり、そこから精神科を紹介されるケースも少なくありません。


うつ病発症のきっかけ


うつ病」の引き金になるのは、生活や環境などの変化です。「身近な人の死」や「病気、失業、離婚」といったマイナスとなるような要因だけではなく、「昇進、栄転、進学、就職、結婚、出産」など、はたから見ると喜ばしい出来事が、うつ病を引き起こすこともあります。また、「引っ越し、子どもの独立、退職」なども、うつ病のきっかけになります。

 うつ病の発症には、「性格」も関係すると考えられています。例えば、「自己否定的なものの考え方や、悲観的な見方をしがちな人」「まじめで几帳面で、何事にも完璧を目指す人」「他人に対して過敏な反応をする人」などは、前述したような生活や環境の変化が加わると、うつ病を起こしやすいといわれています。ただし、このような性格の人が、必ずうつ病を発症するわけではありません。


うつ病の症状 抑うつ症状


 うつ病では抑うつ症状が現れます。抑うつ症状というのは、「何とも形容しがたい憂うつな気分」のことです。ひどくなると、「世の中が、この先真っ暗に見える」「何もする気がせず、会社に行くのもつらい」ということが起こります。軽症うつ病の場合も、症状は軽いながらも、言いようのない憂うつな感じが毎日のようにあります。

 一般に、抑うつ症状は、朝起きたときに最も強く、その後は時間がたつにつれて薄れていきます。健康な人でも、時々憂うつな気分になることがありますが、これは一時的なものです。うつ病の場合は、抑うつ症状が長期間続くのが特徴です。

 また、「物事に対する関心や、意欲が薄れる」「思考の速度が遅くなり、決断力や理解力が鈍る」「周りの人に対して『申し訳ない』『すまない』という意識が強まる」といった症状も現れます。


うつ病の症状 身体的な症状


 また、うつ病のなかには、身体的な症状が強く出るため、精神的な症状が目立たないものもあります。こうしたタイプのうつ病を「仮面うつ病」と呼んでいます。仮面うつ病では、本人も周囲の人も、「体の病気だ」と思い込み、内科などを受診する人が多いようです。
  しかし、体には異常はありませんから、治療をいくら行っても治らないというケースがよく見られます。

睡眠障害


「布団に入っても、なかなか眠ることができない」「眠りが浅く、明け方には目が覚めてしまう」といった症状がよく見られます。

食欲不振


食欲がなくなり、食べても「おいしい」と感じなくなります。また、体重が1か月で3~5kgも減ることがあります。

性欲の減退


特に理由がないのに、性欲が減退し、性的なことや異性に対する関心が薄れてきます。

痛み


「頭痛や腹痛、腰痛」など、痛みの症状を訴えることがあります。うつ病による痛みに対しては、市販の鎮痛薬をのんでも、ほとんど効果はありません。

 そのほかにも、「原因不明の肩こり、顔色が悪い、疲れやすい、体がだるい、口が渇く、下痢や便秘が起こる、むかむかする、おなかが張る」などさまざまな症状が起こります。こうした身体的な症状は、精神的な症状よりも先に現れることもあります。


 軽症うつ病のなかには、軽症のまま経過していくものもあれば、放置していると、だんだんひどくなっていくものもあります。適切な治療を受ければ、早く克服することができ、また悪化を防ぐこともできるので、たとえ軽症でも、うつ病が疑われるようなサインがあれば、早めに精神科や心療内科を受診しましょう。


うつ病を早期発見するために


 うつ病は、早く適切な治療を受ければ、その分早く回復します。そのためにはうつ病の早期発見が重要になります。うつ病は、朝に症状が強く現れ、夕方になるにつれて、だんだん元気が出てくるという特徴があるので、1日の気分の変化を冷静に振り返り、比較してみてください。また、うつ病を早期発見する最も手軽な方法に、「チェックリスト」を利用するやり方があります。「はい」の項目数が多いほど、うつ病の可能性が高くなりまが、数が少なくても、その症状が強かったり、気になることがあれば、精神科か心療内科の専門医を受診してみてください。


Comment:0  Trackback:0
2000
06.05

貨幣状湿しんとは

Category: 皮膚の病気   Tags:健康
アトピー性皮膚炎や水虫など、皮膚の病気は数多くありますが、かゆみなどの不快感が伴ったり、なかなか治らなかったりで、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。きょうは、「貨幣状湿しん(かへいじょうしっしん)」という変わった病名の皮膚の病気についてです。


貨幣状湿しんとは


貨幣状湿しんとは、コインぐらいの大きさの水を持ったような粒が集まって出る病気です。特に、中年男性に多く、ひざから下にでき、冬によく出ます。
貨幣状湿しんは、でこぼこしていて赤く、かゆいためにひっかくと水が出てジクジクします。

この病気はとてもかゆいため、入浴時にザラザラしたナイロンタオルなどでこすったり、寝ている時にかいたりしがちです。そうしたことで皮膚全体がとても刺激に敏感な状態になり、貨幣状湿しんから自家感作性皮膚炎という全身に湿しんが出るやっかいな状態になってしまいます。


貨幣状湿しんの治療


この状態は全身的なものなので、通常はステロイドののみ薬を1~2週間きっちり計画的にのみます。そして元の発症の場所にステロイドの薬をつけてガーゼをあて、包帯をまいて、それ以上ひっかいたりしない、刺激から皮膚を守るという対策を立てて、内側からと外側からの両方から治していくということです。自分でいろいろな薬の試し塗りなどはしないで、皮膚科の専門のところで計画的に治療することです。そういったステロイドののみ薬、つけ薬の使い方をすれば、決して副作用などの問題は起きてきません。
ですから一気に治してしまうという方が、この方の場合はよろしいのではと思います。

ただし、貨幣状湿しんという診断がついていますが、往々にして薬しんという場合もありますので注意が必要です。いろいろな内科的な病気をお持ちでのんでいる薬の副作用ということも考えられます。

通常薬しんというのは、薬をのみ始めてすぐか2週間後ぐらいに出ることが多いのですが、のむ薬の性質により、のみ続けて半年後ぐらいたってから出てくる薬しんもあります。
ですから貨幣状湿しんという診断が合っていればもちろんよろしいのですが、まずのんでいる薬をもう一度チェックをしていただくということも大事かと思います。

Comment:0  Trackback:0
2000
06.01

紫外線の急性反応と慢性反応

Category: 未分類   Tags:健康
日光浴は健康によいといわれますが、「紫外線」は、皮膚にさまざまな悪影響を及ぼします。特に、日ざしの強くなるこれからのシーズンは、紫外線を避ける工夫をしましょう。


紫外線の種類


 「紫外線」は、皮膚にさまざまな悪影響を及ぼすことがわかっています。1年のなかで最も紫外線が強いのは6~8月なので、この季節に、紫外線を上手に避けることが大切です。 紫外線は、太陽光線全体の5~6%を占める光線で、「UV(ウルトラ・バイオレット)」と表します。UVは波長の長い順に、「UVA」「UVB」「UVC」の3種類に分類され、地表に届く大量のUVA(オゾン層に吸収されない)と、少量のUVB(一部オゾン層に吸収される)が、私たちの皮膚にさまざまな影響を及ぼします。


紫外線による急性障害


 急性障害は、一般に「日焼け」と呼ばれるもので、急性炎症のサンバーンと、炎症が引いた後に起こる色素沈着のサンタンの2つに分けられます。サンバーンを起こすのはUVBで、日焼けしたときに皮膚が赤くなるのは、真皮の血管が拡張するからです。一方、肌が黒くなるのは、紫外線が当たることによって皮膚の表皮でメラニンという黒い色素がつくられるからです。メラニンは、紫外線から皮膚を守るためにつくられますが、メラニンがつくられるということは、皮膚がすでに紫外線の害を受けていることになります。


紫外線による慢性障害(光老化)


 紫外線は、皮膚を老化させる大きな要因にもなります。UVBは「しみ、そばかす」の原因に、UVAは「しわ、たるみ」の原因になります。「しみ」や「しわ」は、加齢による自然老化でも起こりますが、80%以上は紫外線が原因だといわれています。

また、紫外線は、皮膚の細胞のDNAを傷つけます。DNAが傷ついても、通常は修復されますが、紫外線の刺激が長く続くと、修復がうまくいかず、皮膚がんなどの腫瘍を起こすこともあります。良性の腫瘍では、しみのような茶色の斑点がいぼ状に盛り上がる「脂漏性角化症(老人性疣贅)」、悪性腫瘍では、「日光角化症」「基底細胞がん」「有棘細胞がん」などがあります。また、過度の紫外線は、「白内障」を引き起こすほか、皮膚の免疫力を低下させ、ウイルスに感染しやすくなったり、皮膚がんに対する抵抗力を弱めたりします。


日本人の3つのスキンタイプ


 紫外線による皮膚への影響は、皮膚のタイプによって異なります。「タイプ1」は色白の人で、少しの日焼けでも皮膚が真っ赤になり、皮がむけるだけで黒くなりません。
「タイプ2」は、日本人に多いタイプで、日焼けすると少し赤くなり、やがて黒くなります。
「タイプ3」は色黒の人で、日焼けすると赤くならずに、すぐに黒くなります。色白の人は紫外線の害を受けやすいので、特に注意しましょう。


日常生活での注意


 紫外線の害を少しでも防ぐため、日常生活では、「長時間、直射日光に当たらない」「紫外線の強い正午前後2時間の外出は避ける」「外出時には、つばの広い帽子、長そでシャツ、長ズボン、日傘などで紫外線をカットする」「サングラスは、UVカット効果のあるものを選ぶ」「サンスクリーン剤(日焼け止め)を使う」などを心がけましょう。

Comment:0  Trackback:0
2000
06.01

顎関節症 治し方 親知らずを抜いたら治ることも

Category: 骨・関節の病気   Tags:健康
「あごが痛む」「口が開かない」「口を開けようとするとパキンと音がする」などの症状を起こす“顎関節症 (がくかんせつしょう)”。この病気は特に女性に多く、最近、増えてきていると言われています。どのように対処したらいいのでしょうか。


「親しらず」を抜いたら顎関節症の症状が軽減?


上下の歯が均等に合わさっている場合、思いっきり噛みしめていても、顎関節(がくかんせつ)に加わる負荷はほとんどゼロに近いと言われています。
ところが親しらずが生えてくると、片側の奥歯だけが関節に当たって、反対側の奥歯は全然当たらない隙間が空いた状態になります。

この状態でぐっと噛みしめる習慣があると、この歯を支点に関節が上に持ち上げられて圧迫を受けてしまうんです。それによって痛みが出たり、関節円板がずれるという症状が起こります。

ですから、親しらずを抜いたことで症状が軽減したのは、早く関節にぶつかってしまう原因がなくなったので、関節の負荷が消えたと考えてよいと思います。


あごのエクササイズで症状を軽減


「あくびをすると激痛が走る」という症状
関節円板がずれていると考えられます。口をぐっと開けようとすると、関節円板も一緒に開くんですが、ずれていると、開けるときに引っ張られて痛みが起こります。
痛みを解消するためにはあごのエクササイズが効果的です。(指が3本入るようになったら正常だと思ってよろしいでしょう。)

エクササイズのやり方ですが、まず指3本くらいを口の中へ縦に入れ、痛みがあるところで20秒ほど保持します。そして指を出して、ゆっくり口を閉じてください。これを1回で5セットほど繰り返します。朝晩やるだけで、かなり楽になると思います。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。