--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000
04.30

前立腺肥大症の検査方法1~3

Category: 泌尿器の病気   Tags:健康
ここ10年ほどの間に、通院患者の数が3倍も増加している「前立腺肥大症」。60 歳以上の男性の約2割が、この病気を持っているのではないかと言われています。では、どのような検査で前立腺肥大症を見つけることができるのか。


前立腺肥大症の検査方法


前立腺肥大症の検査方法1.直腸診


ぼうこうの前にあるのが前立腺という器官です。前立腺肥大症はこの前立腺が大きくなる病気。
一番簡単な検査法は、お医者さんが指にゼリーをつけて肛門から触診する“直腸診”という方法。前立腺は直腸の前にありますから、こうして肛門から指を入れて触診すると、前立腺の大きさやがんの有無などがわかるわけです。


前立腺肥大症の検査方法2.超音波


もっと具体的に前立腺の大きさを調べるときは、直腸のほうから超音波の機械で前立腺を測定する検査方法をとることもあります。

・正常な前立腺は三日月みたいにきれいな形をしている。
前立腺肥大症の前立腺はちょっと変わった形(帽子みたいな形)で映る。
・もっと前立腺が肥大してくるとみかんくらいの大きさに。(前立腺の大きさは通常だとくるみ大くらい)
・更に進行するとリンゴ大程度に肥大。


前立腺肥大症の検査方法3.尿流測定


その他、おしっこの流れを客観的に調べる“尿流測定”という検査方法もあります。通常だと、おしっこをするときはシューッと一気に出ます。ところが前立腺肥大症になると、しようと思ってもちょっと間延びして、出始めてもダラダラ1分も2分もかかってしまいます。このようにおしっこの流れを調べることにより、前立腺の異常がわかる場合もあります。


夜間の頻尿があり、昼間もトイレが近くなった
前立腺肥大症の初期の段階に入っている可能性大。一度専門医をお訪ねになってご相談されたほうが良いでしょう。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2000
04.27

胃癌治療ガイドライン

Category: がん(癌)   Tags:健康
日本胃癌学会がまとめた、日本で初めて病状別の標準的治療方針を示した「胃癌治療ガイドライン」。これにより、「医師と患者さんの相互理解が深まる」「患者さんの知識が深まり、治療法の選択や決定に役立つ」ことなどが期待されています。



胃癌治療ガイドラインがつくられるまで


 「胃がん」は、早期発見・早期治療により、患者さんの半数以上が完治しています。これは、さまざまな治療法が開発されたためですが、一方で、医療機関や医師により、選択する治療法が異なる場合があることも事実です。

 そこで、さまざまな治療法のなかから、がんの進行具合に合わせた適切な方法を、標準的に示そうとしたのが、この「胃癌治療ガイドライン」です。医師に対しては「適切な治療法の推薦」、患者さんに対しては「医師と患者さんの相互理解を深める」ことが、ガイドラインの目的です。つまり、医師が患者さんに標準的な治療法の情報を提供し、患者さんが治療方法を選択するときの参考にしてもらうわけです。


胃がんの治療法の実際


 胃壁は胃の内側から外側に向かって、「粘膜層、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜」の5層構造になっています。胃がんは、まず胃の粘膜細胞に発生しますが、がん細胞の広がりが粘膜下層までの場合を「早期がん」、その下の固有筋層より深く達しているものを「進行がん」といいます。早期がんは、進行がんに比べてリンパ節などに転移する割合は少なくなります。胃がんの主な治療法は、次のとおりです。

(1)内視鏡的治療……口から内視鏡を入れて、病巣を観察しながら、内視鏡の先端についたワイヤーでがん組織を切除する。開腹も全身麻酔も行わない。粘膜内にある小さいがんの場合に限る。

(2)外科療法……胃がん治療の基本となる外科手術で、胃の一部、または全部を切除する。病状によって、周囲のリンパ節の切除や、食べ物の通り道の再建法などを組み合わせる。

(3)化学療法……抗がん剤による治療。現在、単独でがんを治癒させる力はないが、手術後に再発した場合や手術で切除しきれない場合に行われている。

(4)集学的治療……手術と化学療法の組み合わせ。化学療法は、手術後に再発予防のために行われる場合と、手術前に病巣を小さくするために行われる場合がある。


患者は胃がん治療ガイドラインをどう利用するか


 ガイドラインは、胃がんの治療方法の種類とそれに適応するがんの状態、進行度別の治療法の選択などを示しています。主な標準的な治療法は、次のとおりです。

(1)粘膜にとどまっている早期がんで、直径2cm以下の場合……「内視鏡的治療」が推薦される。リンパ節に転移している可能性が極めて低いので、リンパ節切除は行わない。

(2)粘膜下層に広がっている早期がんで、リンパ節転移の可能性が低い場合……悪性度の低いがんなら1.5cm以下、悪性度の高いがんなら1cm以下の場合は、切除部分が少ない「縮小手術」が推薦される。

(3)リンパ節に転移し固有筋層にまで広がっている進行がんの場合……「胃の3分の2以上とリンパ節の切除手術」が推薦される。

 治療方針の最終的な選択権は、医師ではなく患者さん自身にあるので、患者さんが治療方法を選択するときに、このガイドラインが役立つと考えられます。もちろん、ガイドラインは標準的治療を推奨したものですから、治療は医師と患者さんの「インフォームドコンセント(説明と同意)」に基づいて行われるべきことはいうまでもありません。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.27

子宮がん検診で結果はステージIIIa、手術は必要か

Category: がん(癌)   Tags:健康
一昨年の10月、子宮がん検診で軽度異形成のIIIaと言われた。今後、妊娠・出産は可能か? また、手術は必要か?


子宮がんの診断のプロセス


相談者は細胞診を受けて、IIIaと言われたということですがおそらく医師はコルポスコープなどの内視鏡を使って、組織が異形であるということを確定診断したのだと思います。

「IIIa」という数字がどのような意味を持つのか
IとIIはまったく正常
ⅣとⅤが出てしまうとどこかしらにがんが潜んでいる。

「IIIa」の場合は、細胞が多少関わっています。正常を白、がんを黒とすると、その間の灰色にあたります。正常ではないけれど、がんでもない状態。元は正常だったのが、軽少の異形成になってしまったということです。

これはしばらく見ていると、また正常に戻ってしまう方がかなり多い。
しかし、一部の方は灰色さが増していって、中等度異形成や高度異形成、あるいは上皮内がんというレベルまで上がってしまうこともあります。


治療は必要ないが、定期的に検査をすることが大切


相談者のような軽度異形成というレベルでしたら、手術やお薬などの治療は必要ありません。先ほどもお話ししたように、自然に治ってしまう方が大半ですから。ただし、中等度、高度、あるいは初期のがんに進行してしまう可能性もありますから、きちんと定期的に検査していただくことが大切です。

このように軽度のときに見つけられたということは、がんになる前に処置できたということ。あまりご心配なさらず、前向きに考えていただければいいと思います。

出産や妊娠についてですが、これは治ってしまえばまったく問題ありません。仮に高度異形成になった場合でも、子宮の出口の悪い部分だけを処理すれば、妊娠・出産に差し支えないケースがほとんどですから、ご安心していただいてよろしいと思います。
Comment:0  Trackback:0
2000
04.26

子宮内膜症 再発・不妊の可能性 次の妊娠までどれくらい間隔をあけたらいいか

第一子帝王切開時に子宮内膜症が見つかり、治療した。再発の可能性はあるのか? また、子宮内膜症になると不妊の可能性もあると聞いたが、次の妊娠までどれくらい間隔をあけたらいいか?


子宮内膜症とは


子宮内膜というのはこの子宮の内側を覆っている膜で、赤ちゃんも育つ所。
内膜は月経のときに出血と一緒に外へ出ていくもので、毎月新しく再生されます。赤ちゃんのための新しいお布団のようなものと考えていただいたらいいでしょう。

その内膜が卵管という管を通ってお腹の中に出ていって、卵巣や子宮の外側、あるいは直腸の後ろ側などで発育してしまうことがあります。ときには月経のときに出血を繰り返すような形で、だんだんと卵巣をはらしてしまう…。これが子宮内膜症という病気なんです。


できた場所によっては不妊症を引き起こすことも
相談者はたまたま帝王切開のときに見つかったということですが、その前に腹痛や立ちくらみなどの症状があったということです。軽い子宮内膜症があったけれど、幸い問題なく妊娠されました。また、妊娠するとホルモンの状態が内膜症を治す方向に働くんですね。

さらに帝王切開時に病巣を処理していただいているので、現在、子宮内膜症は停滞している状態だと思います。生理痛などもかなり楽になったのではないでしょうか。

しかし、現在、完治している状態でも、月経のときにまた出て来るという可能性があります。また、内膜症ができた場所によっては、たとえば子宮と卵巣、あるいは子宮と卵管などが癒着を起こすことがあります。通常でしたら卵巣の中から卵が出て、卵管にキャッチされなくてはいけないんですが、子宮と卵管が癒着しているとそれをうまく行えないということがあるんです。そういう意味で、不妊の原因になるということも考えられます。

「次の妊娠までどれくらい間隔をあけたらいいか?」
出産が帝王切開ということですから、産後最低1年は避妊していただいたほうがいいでしょう。帝王切開というのは子宮を切開して赤ちゃんを出すわけですから、子宮に傷が残ります。その傷がしっかり治ってから妊娠されたほうが安全だと思います。

お時間が経って、経過も順調のようでしたら、帝王切開された先生にご相談して、次の妊娠を考えられても良いのではないでしょうか。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.26

更年期障害の治療・病気予防方法

Category: 更年期障害   Tags:健康
更年期」を迎えると、女性は、これまでより、「生活習慣病」や「骨粗鬆症」などの病気にかかりやすくなります。日常生活では、「食事の工夫で病気予防、マイペースで楽しく運動、快適な睡眠でリラックス」の3か条を心がけて、病気の予防に取り組みましょう。

1.更年期障害の症状と起こる仕組み
2.更年期障害の治療法 ホルモン補充療法 受けてはいけない人
3.更年期障害の治療・病気予防方法

第1条 食事の工夫で病気予防


 1日3食、バランスのよい食事をとることが食生活の基本です。いろいろな食品をまんべんなくとるようにしますが、特に更年期には、「カルシウムは1日800~1000mgを摂取する」「塩分の摂取は1日10g以下にする」に気をつけます。

 カルシウムは骨粗鬆症の予防になるので、牛乳や乳製品、大豆製品などを十分に摂取することが必要です。また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも必要です。一方、塩分のとり過ぎは、血圧の上昇を招きます。更年期には若いころより血圧が高くなる傾向があることに加え、自律神経が失調状態になると、血圧の変動も起こりやすくなります。高血圧の予防のために、塩分をとり過ぎないことが大切です。

 食生活全般では、肥満の原因となるエネルギーやコレステロールのとり過ぎに注意が必要です。また、薄味を心がけるほか、野菜、海藻類など食物繊維の多い食品を十分にとりましょう。アルコールは、休肝日を設け、適量にとどめます。また、喫煙は「百害あって一利なし」です。生活習慣病予防のためにも、禁煙しましょう。


塩分チェック


1.塩辛いもの、濃い味が好き
2.干物、ハムなど加工食品が好き
3.外食や惣菜の利用が多い
4.食卓に調味料を置いている

カルシウムチェック


1.乳製品はあまり食べない
2.インスタント食品をよく食べる
3.イライラすることが多い
4.偏食しがちだ

食生活全体チェック


1.魚より肉のほうが好きだ
2.甘いものには目がない
3.野菜をあまり食べない
4.酒、たばこが好きだ


第2条 マイペースで楽しく運動


 適度な運動は、精神的なストレスの解消に役立ちますが、それ以外にも、血液の循環がよくなり、「冷え症や肩こり、腰痛が解消・軽減する」、適度な運動の刺激が「骨粗鬆症の予防になる」、「肥満や便秘を防ぐ」、「コレステロール値や中性脂肪値を下げる」、「脳の老化の予防につながる」など、さまざまな効果があります。 こうした効果を得るためには、ハードな運動をたまにするのではなく、毎日、少しずつでも無理のない範囲で続けることが大切です。翌日に疲れを持ち越さない程度に、楽しく行いましょう。水中ウオーキング、水泳、ストレッチング、ヨガ、ウオーキングなど、自分の好みに合ったものを選びます。水中ウオーキングは、体への負担が少ないので、肥満の人にもお勧めです。また、今まで電車やバスを使っていた距離を歩くなど、日常生活の中で、積極的に体を動かすようにしましょう。


第3条 快適な睡眠でリラックス


 睡眠不足は、自律神経の働きを悪くするほか、イライラを招いたり、体力を低下させて、いろいろな病気を引き起こす原因になるので、十分な睡眠を確保するようにしましょう。昼間、疲れ過ぎない程度に体を動かし、適度の疲労感を得ることがよい睡眠を得るコツです。夜、どうしても眠れない場合は、軽い昼寝を生活の中に取り入れるなど、工夫をしてください。体が冷えていると眠れないので、就寝前に入浴したり、足をマッサージしたりして、体を温かくして床に就くとよいでしょう。睡眠薬の助けを借りるのも1つの方法です。

更年期を乗り切るポイント


更年期を上手に乗り切るためには、以下の様なポイントがあります。

1.正しい知識で快適な生活を
2.健康診断を忘れずに
3.楽しく食べ、よく働き、よく眠る
4.家族、友人と協力して乗り切る

なかでも、周りの人の理解は欠かせません。夫やお子さんなど家族は、いたわりの気持をもって接しましょう。何でも相談できる友達をもつことも、助けになります。また「完璧主義をやめる」「おしゃれをする」など、精神的なゆとりをもつことも大切です。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.25

更年期障害

Category: 更年期障害   Tags:健康
更年期障害の治療の1つに、「ホルモン補充療法」があります。症状の緩和、生活習慣病や骨粗鬆症の予防などに効果がありますが、だれでもが受けられるわけではありません。内容をよく知ったうえで、治療法を選択してください。


不足した女性ホルモンを補う治療法


 ホルモン補充療法は、不足している女性ホルモンを薬を用いて体外から補充し、更年期の症状を緩和する治療法です。閉経以降に起こりやすくなる生活習慣病や、骨粗鬆症などを予防するのにも効果的です。しかし、希望する人がすべてこの治療を受けられるわけではありません。

 基本的には、卵巣の機能が急激に低下、あるいは停止して、女性ホルモンの分泌が減少してから行います。そのため、血中の女性ホルモンの量を調べたり、基礎体温を測って、高温期がない(排卵がない)ことを確認することが必要です。また、更年期障害以外でも、卵巣の機能不全や、両方の卵巣を摘出した場合はA ホルモン補充療法の対象になります。


ホルモン補充療法を受けてはいけない人


 がんが進行する場合があるので、乳がんや子宮体がんに現在かかっている人、または過去5年以内にかかったことのある人は受けられません。また、薬は肝臓で代謝されるため、重い肝機能障害がある人や、女性ホルモンは血液の凝固を促進する可能性があるので、すでに血栓症(脳硬塞、心筋梗塞など)のある人は受けないようにします。

注意が必要な人


 子宮内膜症、子宮筋腫、乳腺症にかかっている人、もしくはかかったことのある人は、閉経によって治まったこれらの病気が再発することがあるので、使い方の注意が必要です。また、高血圧や糖尿病がきちんとコントロールできていない人は、傷んだ血管には血栓ができやすいので、要注意です。
 ホルモン補充療法以外には、漢方薬の服用や、抗不安薬、睡眠薬などの使用、カウンセリングがあります。なかでもカウンセリングは、ストレスが軽減され、症状が軽くなることが多い、重要な治療の1つです。


自分にあった薬と量を選ぶ


 ホルモン補充療法の基本は、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンを同時にのむ方法です。その人のホルモンの状態、ホルモンに対する感受性などを考慮して、薬と量が選ばれます。服用方法にはいくつかののタイプがあり、月経の有無、月経と同じような出血が起こってもよいかなどによって、自分に合ったものを選びます。通常は、錠剤を内服しますが、最近は、皮膚に貼り、皮膚から薬の成分を吸収させる「パッチ薬」が用いられることもあります。

 起こりやすい副作用は、「乳房の張り、胃のもたれ、出血、薬疹」などですが、たいていの場合は、自然に治まるものです。また、将来、がんになるリスクが高まるのではないかと心配する声もありますが、現在使用されている薬では、子宮体がんの危険性は、むしろ減少すると報告されています。ただし、乳がんに関しては、「高齢の人が10年以上、強いホルモン薬を大量に服用すると発生率が高まる」という調査があるので、長期に使う際は、弱い薬を使い、定期検診(半年~1年に1回)を欠かさず行います。いずれにしても、定期的に検診を受け、医師とよく相談しながら治療を進めます。

 大多数の人は、1~2か月で症状が改善されます。3か月以上使用しても効果が現れない場合は、別の治療を併用することもあります。服用の期間は、更年期の一時的な症状を改善するためなら、数か月から、長くても1~2年間、骨粗鬆症や動脈硬化の予防や治療のためなら、5~10年はのみ続けます。服用をやめる際は、自分で勝手にやめず、医師の指示に従って、徐々に減らしていきます。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.24

更年期障害の症状と起こる仕組み 40代~50代

Category: 更年期障害   Tags:健康
更年期になると、「ほてり、冷え、発汗、動悸」などをはじめ、さまざまな症状が現れます。体に何が起こるかを知り、必要なときには適切な治療を受けて、この時期を上手に乗り切りましょう。

1.更年期障害の症状と起こる仕組み
2.更年期障害の治療法 ホルモン補充療法 受けてはいけない人
3.更年期障害の治療・病気予防方法

閉経前後の10年間が更年期


 「更年期」とは、女性の体が子どもを産める状態から、卵巣の機能が低下して、産めない状態へと変化する移行期のことです。一般に「閉経」をはさんだ前後5年ずつ、計約10年間を指します。日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後なので、一般には45~55歳ぐらいの間に、更年期を迎えることが多いようです。しかし、閉経の時期にはかなり個人差があります。月経の間隔が短くなって、出血が多くなるなど、月経不順(周期や経血量の乱れ)が起こってくることが、更年期の始まりの目安になります。


更年期の症状


更年期には、さまざまな症状(更年期障害)が起こります。

* 血管・運動神経系の症状:のぼせ、冷え、動悸、息切れ、しびれなどがあります。
* 精神神経系の症状:血圧が変動しやすくなるので、めまいや耳鳴り、頭痛などが起こることがあります。疲労感、不眠、イライラする、怒りっぽくなる、くよくよする、憂うつになるといった症状もみられます。
* 皮膚、内分泌系の症状:皮膚や粘膜の乾燥やかゆみ、発汗などがあります。
* 運動器官系の症状:肩こり、腰痛、関節痛などがあります。

 そのほか、性交痛、頻尿、尿失禁などが起こることもあります。
 このような症状は、単独で起こることもあれば、いくつも重なって起こることもあります。また、症状が次々と日替わりで現れたりするのも、更年期障害の特徴の1つです。症状や程度の個人差は非常に大きく、治療が必要なほど重い症状が出る人は、およそ3分の1です。
 症状や程度の差は、女性ホルモンのバランスが崩れることのほかに、環境や個人の対応力の違い(例えば、家庭や職場などで受けているストレスの程度や、物事をどう受け止めるかという個人のキャラクターなど)も関係しています。
 更年期の症状は、検査をしても原因疾患をはっきり特定できない、いわゆる「不定愁訴」と呼ばれるものなので、更年期によるものだと気がつかない人もいます。


更年期障害の症状の起こる仕組み


 女性ホルモンは、卵巣の機能が活発になる思春期ごろから増え始め、20~30歳代に分泌のピークを迎えます。その後、卵巣の機能低下に伴って減少し、閉経を迎えると急激に減少します。 女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは、脳の間脳にある「視床下部」や、「下垂体」です。卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌が減ると、分泌を促そうと、視床下部や下垂体のホルモンは通常の10倍も20倍も分泌されて、卵巣を刺激します。すると、自律神経の中枢も兼ねている視床下部がオーバーワークになり、自律神経のバランスにも乱れ(失調)が生じてきます。つまり、自律神経失調症の症状として「のぼせ、発汗、冷え、動悸」など更年期のさまざまな不定愁訴が生じているのです。そこにストレスが加わると、自律神経はさらに失調し、更年期の症状がより強く表れることになります。


更年期だと自己診断しない


 更年期を迎える年代では、「動脈硬化、心臓病、高血圧などの生活習慣病」「骨粗鬆症」「子宮体がん、乳がん」などの病気が急増します。ですから、不定愁訴があった場合、「更年期障害に違いない」と、自己判断しないで、婦人科や内科を受診して、ほかの病気によるものではないことを調べることが大切です。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.23

肝機能検査の数値の見方 GPTとGOTの正常値

春の健康診断が行われるこのシーズン。労働省の調べによると、会社の健康診断などで数値が悪く出てしまう人が多いものワースト3は、1高脂血症、2肝機能低下、3高血圧だったそうです。
(お話してくださったのは三井記念病院常勤顧問 鵜沼直雄先生です。)


肝機能の正常値


GOTの正常値は大体38、GPTは37までです。しかし、この値が少しぐらい高いからといって必ずしも悪いというわけではありません。いろいろな場合がありますので、慎重に考える必要があります。

肝機能の検査値


GOT(AST) 正常値 13~38単位
GPT(ALT) 正常値 6~37単位
γ-GTP   正常値 0~40単位

検査値はさまざまな条件で上がることもあるため、多少高いからといって必ずしも肝機能に問題があるとはいえない


GOTの正常値


GOTの正常値が13〜38単位とされていますが、例えば健康診断で39と言われたからといって肝臓が悪いということはありません。最近は誤差が少なくなったとはいえ、誤差範囲はあります。また、運動などによって上がる場合もあります。GOTは肝臓のほか、筋肉や心臓にも含まれているため、心筋こうそくで上がることもあります。


GPTの正常値


GPTは主として肝臓の中にありますので、これが上がった場合には大体肝臓に問題があるのだろうということになる基本的な検査です。非常に敏感なため、肝臓が悪くなると翌日にでも上がってしまいますが、よくなれば2〜3日で戻ります。

GPTは肝細胞の中に含まれている酵素の一つで、細胞が壊れると細胞の中から漏れ出てきます。そうなるとすぐに血液の中に入ってしまうため、血液の中の数値が上がってくるわけです。

その上がり方は、細胞の壊れ方に比例するといってもよいでしょう。軽い肝炎なら100ぐらい、中程度重い場合は500、非常に重い肝炎なら数千というように上がってしまいます。それで重症度がある程度見当がつくわけです。GPTというのは、それほど鋭敏で読み方が大事なものであるわけです。


γ(ガンマ)-GTP


一方、γ(ガンマ)-GTPというのはいろいろな場合で上がりますが、一番はっきりしているのはアルコールによる反応です。お酒を飲んだ場合には上がり、やめると下がります。ですからお酒を隠れて飲んでも、γ-GTPの値でわかってしまうわけです。

例えば、このようなケースがあります。ある主婦の方が、肝臓が悪いということで受診に来られました。γ-GTPの値から、どう考えてもアルコール性肝炎だろうと思ったのですが、その方は絶対に飲んだと言わないのです。けれども看護婦さんにひそかによく聞いてもらったところ、実は隠れて飲んでいたことがわかったのです。


やむをえず飲む場合は日本酒なら1合程度に


体に害のないアルコールの飲み方というのがありますが、医師としては、適量や安全量については言わないことになっております。飲まないのが一番よいのです。けれども、やむをえず飲む場合、この程度なら最も害が少ないだろうというのはあります。

純アルコール25グラムを、各アルコール飲料のそれぞれの量に換算した表


日本酒 1合
ビール(大瓶) 1本
ウイスキーダブル 1杯
焼酎 1杯
ブランデー 1杯
ワイン グラス2杯
カクテル 1杯

純アルコール25グラムが各アルコール飲料のどのくらいの量に相当するかを換算したものです。日本酒ならば約1合から1合半まで、ビールならば大びん1本などといったようになります。

その根拠は、肝臓のアルコールの分解能によるものです。アルコールの分解能は、どなたにも共通で、1時間に体重1キログラム当たり純アルコールが 0.1グラム分解されます。例えば体重60キロの人の場合、1時間に6グラム分解されますから、日本酒でしたら1合で約25グラムの純アルコールとなり、4時間で分解されるわけです。

アルコールが分解されていく速度は一定で、それを早めることはできません。したがって、2合飲めば8時間、3合飲めば12時間はアルコール漬けになるわけです。ですから、少なくとも4時間でちょうど分解される、ほろ酔いぐらいまでということです。

また、いろいろな統計上からも、お酒を飲むなら日本酒に換算して1合から1合半までが最も病気になることが少ないことがわかっています。
したがって、最も害の少ない飲み方は、日本酒ならば1合ないし1合半までである、ということです。


かぜや飲酒、薬を服用しているときは再検査を


検査の数値は、いろいろなことから影響を受けるため、少しぐらい数値が高いからといって必ずしも肝臓が悪いとはいえません。
かぜをひいているときも、数値が少し上がることがあります。インフルエンザの場合は全身感染ですから、治ってからもう一度調べてみることです。

検査の前日に宴会があったという場合には、翌日には数値が高いことがありますから、1週間ぐらいたってからのほうが本当の自分の値を知ることができます。また、薬によって肝臓にある程度障害を受けることがありますので、何か薬を飲んだらのならやめて、もう1度検査を受けてみることです。

相談者はGPTが高かったということですが、もしお酒を飲んでいるのでしたら、やめてみることでしょう。
検査の数値が高いのには、いろいろな原因があるのですから、簡単にすぐ肝炎だとは言えません。原因は、肥満かもしれない、お酒かもしれない、糖尿病があるかもしれない。いろいろな条件を全部チェックして、最後の診断を決めることです。


血液検査だけで判断せずに超音波検査も受ける


有効な診断方法としては、そのほかに超音波検査があります。これは絶対に欠かすことはできません。よく健康診断の血液検査だけで判断して、いいとか悪いとかいうことがありますが、それでは不十分です。肝機能が正常でも、超音波検査の映像でいろいろな変化が出る場合もあります。脂肪肝は血液検査よりも超音波検査でわかるといっても過言ではないでしょう。正常な映像と比較しますと、脂肪肝の場合は白く写ります。脂肪が白く輝くので、「輝く肝臓」と呼んでおります。


お酒を飲まない工夫


私もお酒を飲み過ぎて、体を少し悪くしたこともあります。そうしますとやはり、ある程度お酒をやめるコツを工夫いたしますね。

例えば家庭での場合は氷水でよいのです。お酒なしでの食事では何となく落ち着かないときは、氷水をちょっと飲みながら食べれば、半分ビールを飲んだ気持になり、落ち着くんですね。

パーティーでの場合は、最初から「私は飲みませんからジュースです」などと言う必要はありません。最初の乾杯で一口飲んで、あとはウーロン茶にします。自分も陽気になって酔った振りをすれば、そのうちに本当に酔った気持になるものです。ですから私は皆さんに、役者になりなさいと言っているんですよ。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.20

膠原病 全身性エリテマトーデスの症状 妊娠・出産は可能か?

一昨年、妊娠中に「全身性エリテマトーデス」と診断された。出産後に行った腎生検の結果は、5段階中3の中期くらい。今後、妊娠・出産することは可能か?
 腎臓や他の臓器に悪影響を及ぼすことはあるのか?


全身性エリテマトーデスとは


「全身性エリテマトーデス」は女性に多い膠原病で、確かに妊娠・出産を契機に発病するケースが多いんです。また、正常な方だと80%くらいの方が満期産なんですが、SLE(全身性エリテマトーデス)の方だと満期産が60%くらいで、流産や早産をされる方が多いという傾向があります。

病気が悪化している時期だと、妊娠中に悪くなる方が75%、あるいは出産後に悪くなる方が37%という高い数字が出ています。一方、病気が落ち着いている時期だと、妊娠中に悪くなる方が26%、出産後に悪くなる方が13%という数字になっています。

特に腎臓が悪いと妊娠中毒症を起こしやすくなったり、さらに腎臓を悪くするという可能性はありますが、現在、腎臓の数値が3の中程度で落ち着いている状態でしたら、次の妊娠・出産は不可能ではありません。

ただ、どうしても妊娠・出産を繰り返すと病気を悪くすることが多いので、よく主治医の先生と相談されて、病状に合わせ、計画的に妊娠・出産をお考えになっていただきたいと思います。


妊娠中は免疫抑制剤の服用をやめる


膠原病患者の方が妊娠されるときは、特に腎臓や中枢神経などの重大な臓器病変が落ち着いていなければいけません。また、治療で使っている薬が胎児に影響を及ぼすことがありますから、薬にも気をつけなければいけないでしょう。

ステロイドホルモンについては、妊娠中に使用してもまったく心配ありません。
妊娠中に病気が悪くなったら、我慢せずに使用してください。まず、お母さんが健康でないと、元気な赤ちゃんが産まれませんので。40ミリ、60ミリ使っても大丈夫。この薬はだいたい胎盤で非活性型になってしまいます。

ただし、免疫抑制剤は、妊娠中に服用すると胎児の奇形などの心配がありますから、これは使用しないほうが良いでしょう。妊娠をしようと思ったときは、こういったお薬はやめなければいけないと思います。


解説:東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター教授 原 まさ子先生

Comment:0  Trackback:0
2000
04.20

黄斑変性症とは 起こる仕組みと症状・見え方

Category: 目・眼の病気   Tags:健康
ものを見るうえで特に重要な「黄斑部」が障害される、「黄斑変性症」の患者さんが増えてきています。早期発見のためにも、日ごろから見え方をチェックすることが大切です。


増加傾向にある黄斑部変性症


「黄斑部」は、視細胞が密集していて、物を見るうえで特に重要な働きをしています。中高年になると、この黄斑部に異常が起こる「黄斑変性症」が増えてきます。30年ほど前まで日本ではまれな病気でしたが、最近急増しており、高齢になるにつれて多くなります。その原因は、はっきりわかっていませんが、食生活の欧米化が関係していると考えられます。

 黄斑変性症には「萎縮性黄斑変性症」と「滲出(しんしゅつ)性黄斑変性症」とがあります。萎縮性黄斑変性症は、視細胞の栄養が不足して黄斑部が萎縮する病気で、日本人にはあまり起こりません。現在日本で急増しているのは滲出性黄斑変性症で、これを一般に「加齢黄斑変性症」と呼んでいます。


黄斑変性症の起こる仕組みと症状


 網膜はいくつかの層に分けられますが、いちばん下(外側)に色素上皮細胞の層があり、その前面に視細胞の層があります。色素上皮細胞と接しているのが脈絡膜で、ここに走っている血管が、網膜に栄養を送り込んでいます。年をとると、網膜に栄養を送っている血管が閉塞し、網膜に栄養を送れなくなることがあります。すると、急ごしらえの、もろい病的な「新生血管」が、脈絡膜から網膜のほうへ伸びてきます。新生血管の血管壁には、小さな孔あながあいているので、そこから血液成分が漏れ出したり、出血が起こったりします。新生血管から血液成分が漏れ出すと、物がゆがんで見えるようになります。障子の桟などが曲がって見えたり、平らな面の一部が盛り上がって見えたりします。

また、出血が起こると、「見ようとする対象の中心が暗く見える」ようになります。例えば、ある人の顔を見ようとすると、ちょうど顔の辺りが暗くぼやけてしまうのです。この状態が続き、滲出物や血液によって網膜の視細胞が破壊されてしまうと、視力が著しく低下し、ひどい場合には、失明に至る危険性もあります。

 黄斑変性症は、瞳孔から眼底を調べる「眼底検査」を行えば、大体診断がつきます。しかし、より詳しく調べるために、新生血管がどこに、どのくらい伸びてきているのかを調べることができる「蛍光眼底造影」という検査が必ず行われます。


黄斑変性症の治療


 治療は、新生血管の位置が黄斑部の中心窩(黄斑部の中心の、特に視覚の敏感な部分)にあるか、中心窩から離れているかによって異なります。新生血管が黄斑部の中心窩から離れている場合には、「レーザー治療」が行われます。眼底に向かってレーザーを照射し、新生血管を焼く治療法です。治療後には、視野が多少欠けることもありますが、視力の低下はほとんどありません。

一方、新生血管が黄斑部の中心窩にある場合には、眼球を小さく切開し、そこから手術器具を挿入して、新生血管を除去する「硝子体手術」が行われます。新生血管に放射線を当てる「放射線治療」は、再発しやすいのが欠点ですが、ごく初期だと成功することもあります。


治療後も見え方のチェックを忘れずに


 黄斑変性症は、再発することがありますし、もう一方の目に発症することもあります。そのため、治療後も目のチェックを続けることが大切です。物がゆがんで見えないか、暗く見える部分はないかなどを毎日チェックします。

また、黄斑変性症には動脈硬化が関係していると考えられています。動脈硬化を促進する高血圧などをきちんと管理しましょう。たばこを控え、動物性脂肪のとり過ぎに注意するとともに、ビタミンCやビタミンEを積極的に摂取することも、予防につながると考えられています。


Comment:0  Trackback:0
2000
04.19

半月板損傷の症状と治療 筋肉の訓練や足底板やサポーターの使用でひざの痛みを軽減する

Category: 骨・関節の病気   Tags:健康
最近、中高年の間でジョギングやウォーキングなどのスポーツがブームになっています。でも、その分、ひざの痛みなどのトラブルも増加。今日は「半月板の損傷」からくるひざの悩みをご紹介。ひざ関節外科・スポーツ医学がご専門の守屋秀繁先生にお話をうかがいました。(千葉大学医学部教授 守屋秀繁先生)


半月板損傷とは


昨年、左ひざが痛くなり、足が不自由になった。病院で検査をしたら、半月板にひびが入っており、手術以外で治る見込みがないと言われた。薬は湿布、消炎剤、座薬をもらっている。本当に手術以外で治る方法はないのか?

大腿四頭筋を鍛える訓練
まず最初にやっていただきたいのは、筋肉を鍛えること。ももの筋肉を鍛えることが大切です。
足首に0.5~1キロの重しをつけ、椅子に座った状態でひざから下を上げ下げする。(横になって行っても良い。)

この方法は体重がかかりませんから、ひざに負担がかかりません。ほとんどの方はひざに痛みを感じずにできるはずです。

3、4日やると、「ひざの痛みは軽減したが、ももの筋肉が痛くなってしまった」と感じてやめてしまう方もいるんですが、できればそれを乗り越えていただきたいと思います。痛い間は少し運動を少なくして、それでも頑張って毎日、このももの筋肉の訓練を続けてください。


筋肉の訓練、足底板やサポーターの使用でひざの痛みを軽減


次に、「足底板(そくていばん)」という方法です。
足底板を使って足のかかとの骨の外側を高くすると、体重が少しだけ内側から外側のほうに移ります。そうすると、内側へかかる体重が少なくなるので、少し楽になります。整形外科へ行って「足底板」と言えば、必ず先生が処方してくれるはずですから、お試しになってみてはいかがでしょうか。

また、「サポーター」をつけることもおすすめです。普通のものではなく、両脇に金具がついているサポーターのほうが調節できますから、痛みもなくスムーズにつけられると思います。

筋肉の訓練、それから足底板やサポーター。これらのことを実行することによって、手術をしないで済むかもしれません。頑張って、おやりになってみてください。



足底板つき室内履き
足趾に変形のある方に。足部への負担を軽減


足底板 治療サポート用インソール 中敷き
体を支える土踏まずのアーチを鍛えるインソール


Comment:0  Trackback:0
2000
04.19

飛蚊症の治療と原因 生理的な飛蚊症と病的な原因によって起こる飛蚊症の違い

Category: 目・眼の病気   Tags:健康
飛蚊症のほとんどは、心配のいらないものですが、一度は受診して、原因をはっきりさせておきましょう。なかには、網膜剥離の前ぶれ症状である場合もあるためです。


飛蚊症の2タイプ


 中高年になると、目の前を点や糸くずのような像がちらつくようになることがあります。見え方はさまざまで、水玉のように見えたり、アメーバ状に見えたり、虫が飛んでいるように見えたりします。このような症状を「飛蚊症」といいます。

 飛蚊症には、加齢によって生理的に起こる心配のないものと、病的な原因によって起こるものとがあります。


生理的な「飛蚊症」


生理的な飛蚊症は、年をとるにつれて、眼球の中を満たしている硝子体が変性するために起こります。

 硝子体は、薄い膜に包まれた卵の白身のようなドロドロした物質で、その中に透明の線維が、網目状に走る構造になっています。加齢とともに、この構造が崩れ、線維が寄り集まってきて、ゼリー状の線維質部分と水分とに分離してきます。さらに進むと、ゼリー状の硝子体が、眼球の後方で網膜からはがれてきます。これを「後部硝子体剥離」といいます。これは、50歳を過ぎると多くの人に現れる現象で、近視の強い人には比較的早く現れることがあります。病的な状態ではないので、特に治療は必要ありません。

 「生理的な飛蚊症」は、硝子体の変性によって寄り集まった線維が、網膜の前にきて、その影が映る場合と、後部硝子体剥離を起こし、硝子体を包む薄い膜の影が網膜に映る場合とがります。本人にとっては気になるものですが、効果的な治療法がありません。症状が特にひどくなることもないので、心配はいりません。


病的な「飛蚊症」


 病気が原因となる飛蚊症は、飛蚊症全体の1%ほどですが、あるとき突然に起こるのが特徴です。

その大部分は、網膜などからの出血によって、硝子体が混濁するために起きます。硝子体出血を起こす最大の原因は、網膜が破れて孔があく「網膜裂孔」です。網膜裂孔はいろいろな原因で起こりますが、多くは後部硝子体剥離に伴って起こります。硝子体と網膜が癒着した部分があると、加齢によって硝子体がはがれていくときに、網膜を引っ張る形になり、網膜に孔があいてしまうのです。このときに、網膜の血管が切れて出血すると、出血部分が光を遮るために、スミを流したような影となって、網膜に映ります。網膜が引っ張られるときに、光が点滅するように感じる「光視症」という症状が現れることもあります。

 網膜裂孔を放置しておくと、網膜の破れた部分から網膜の裏側に水分が入り込み、網膜がしだいにはがれていく、「網膜剥離」を起こします。このように、突然起こる飛蚊症は、網膜剥離の前ぶれになっていることがあるので、なるべく早期に受診することが大切です。

 網膜裂孔の場合は、裂孔の周辺の網膜を外側の組織と癒着させる治療を、網膜剥離の場合は、はがれた網膜を元どおりに眼底に戻してから固定する治療を行います。


病的な飛蚊症を見逃さないために


 飛蚊症に気づいたときには、速やかに眼科を受診し、飛蚊症の原因をはっきりさせておくことが大切です。生理的な飛蚊症であっても、硝子体と網膜が癒着している場合には、後部硝子体剥離が起こるときに、網膜がはがれることもあります。「光視症を伴う」「飛蚊症が徐々に悪くなる」場合には、すぐに眼科に相談してください。

また、視野の一部が欠けてきた場合には、網膜剥離が起きている可能性があります。強い近視の人や、片方の目が網膜剥離になったことのある人は、網膜剥離を起こしやすいので、ふだんから飛蚊症の症状に注意しておきましょう。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.18

ぎっくり腰とは 急性腰痛症の治し方

Category: 腰痛・肩こり   Tags:健康
これまでに4回ぎっくり腰を繰り返している。違和感があるときは湿布薬をはるなどしてはいるが、再発したときはどうしたらよいのか? また、再発を防ぐには、どのようなことに気をつけたらよいのか?


ぎっくり腰とは ぎっくり腰の原因


ぎっくり腰というのは俗称で、われわれは急性腰痛症という言い方をしています。つまり、激しい痛みを急激に起こしたときに、こうした病名をつけるのです。

実は、ぎっくり腰を起こす原因はたくさんあるのです。

腰・背中の痛み


・変性疾患 椎間板ヘルニアなど
・炎症性疾患 カリエスなど
・代謝性骨疾患 骨粗しょう症など
・外傷その他 腰痛症など

腰や背中に痛みをきたす疾患というのは、以上の様な代表的分類に分けられます。
これが急激に起きた場合に、みなさんは「ぎっくり腰になった」とおっしゃるわけです。

この相談者は、おそらく変性疾患の中の変形性せきつい症という年齢を基盤にして起こる病気ではないかと思われます。もう少し年齢を重ねた方ですと、骨粗しょう症によって背骨がつぶれてしまったために激しい痛みを起こし、寝起きができなくなるようなことも起こります。こうしたこともぎっくり腰の代表的な症状です。
相談者は、1週間ぐらいでいったんは良くなられたものの、4回も繰り返していることから申しますと、やはり変形性せきつい症の確率が高いのではないかと思います。


せきついの変形により急性の腰痛発作を繰り返す


変形性せきつい症
正常な場合はまっすぐだが、変形性せきつい症では、とげができて変形している

若い方ですと椎間板が高く保たれているのですが、変形性せきつい症になりますと薄くなってしまいます。多分身長も、若い時と比べて何センチか低くなってしまわれたのではないでしょうか。

とげができてしまうとこれが一種のブレーキ役となり、こういった変形が出てしまうわけです。そのために、急性の腰痛発作を何度も繰り返すのだと思います。
椎間板も悪ければ、あるいは椎間関節も当然すり減っておりますから、そういったところから症状が起こっても一向に不思議はないというわけですね。


違和感があったら、できるだけ腰をいたわる


それではどうしたらよいのかということですが、相談者がおっしゃっていた、症状がひどくなる前の違和感、これが大事なんです。ご自分のフィーリングというのが一番の警告反応です。ですから、そうなった時にはコルセットをお着けになって、できるだけ横になる時間を長くとる、つまり腰をかわいがってあげることです。予防に勝る治療はないわけですね。

そうしたことを心掛け、そして治ったあかつきには、積極的に自前のコルセットであります、腹筋、背筋を鍛えるための運動を積極的に行っていただくことが大事だと思います。



Comment:0  Trackback:0
2000
04.18

白内障のタイプと治療法 眼鏡・目薬・手術

Category: 目・眼の病気   Tags:健康
年とともに水晶体が濁ってくる「白内障」。程度が軽く、生活に支障がなければほうっておいてかまいません。しかし、視力が著しく低下した場合には、「手術」を行うこともあります。


白内障とは?


 水晶体に濁りの生じる病気が「白内障」です。白内障の大部分は加齢によって起こる「老人性白内障」です。60歳代から発症率が高くなり、75歳以上では90%を超える人に起こっています。

しかし、そのすべてが治療を必要とするわけではありません。「目がかすむ、視力が低下する」などの症状が現れるのは、ほとんどの場合、白内障がかなり進行してからです。水晶体に少し濁りがあっても、まったく症状がない人も少なくありません。目がかすみ、視力が低下して手術を受ける人は、70歳以上でもだいたい6~7%です。


白内障のタイプ


 白内障による水晶体の濁り方には、3つのタイプがあり、どこから濁り始めるかによって、現れてくる症状が多少異なります。

白内障のタイプ1.水晶体の周辺部から濁り始める


加齢性白内障の大部分は、水晶体の「周辺部から濁り始める」タイプです。明るいところでは、光は水晶体の中央部からしか入ってこないので、周辺部が濁っていても症状は現れません。濁っている部分が中央部分にまで広がってくると、眼鏡をかけても「目がかすむ、細かい字が読みにくい、明るいところでまぶオさを感じる」などの症状が現れます。

白内障のタイプ2.水晶体の核が濁ってくる


 水晶体の中央部にある「核が濁ってくる」場合は、初期から症状が現れます。「目がかすむ、明るいところでまぶしさを感じる」などの症状に加え、「遠くはよく見えないが、近くの物だけは見えやすくなる」ことがあります。また、物が二重に見えるようになることもあります。

白内障のタイプ3.水晶体の後に接する部分から濁り始める


 水晶体の「後に接する部分から濁り始める」タイプでは、ごく初期の段階から、「目がかすむ、細かい字が読みにくい、明るいところでまぶしく感じる」などの症状が現れます。


白内障の治療法1.点眼薬や眼鏡による治療


 水晶体の濁りを消すような薬は、現在のところありません。水晶体の濁りの進行を遅らせるのが治療の目的になっています。薬物療法は、症状があまりひどくない段階から始めるのが理想的です。

薬は大部分が点眼薬で、水晶体を透明に保つのに必要な「グルタチオン」という成分や、抗酸化作用をもつビタミンCなどを含んでいます。それでも見えにくい場合は、眼鏡の度を変えてみる、明るいところでまぶしさを感じる場合には、サングラスを利用するなど、症状を緩和する対策をとることも必要です。


白内障の治療法2.手術による治療


 症状が進んで日常生活が不便になった場合には、濁った水晶体を取り出し、代わりに人工の「眼内レンズ」を入れる手術が行われます。どの程度視力が落ちると不便を感じるかは、患者さんのライフスタイルによっても異なりますが、一般的には、視力が0.5以下になったときが、手術を受ける目安とされています。

 白内障の手術は、安全性が高く、手術時間も短時間です。麻酔の技術が進み、切開範囲もごく小さいので、患者さんの身体的な負担は、軽くてすみます。最近は日帰り手術も行われるようになっています。ただし、手術の翌日、3日後、1週間後の検査は不可欠です。なお、白内障以外の目の病気がある場合、糖尿病などの全身的な病気がある場合、片方の目の視力がすでに失われている場合などは、日帰り手術は控えたほうが安全です。

 手術直後は、感染を防ぐため、医師の指示どおりに点眼薬を使用し、手術後1週間ほどは目に水が入らないように洗顔や入浴には注意が必要です。また、眼内レンズが入っているので、転んで目をぶつけたり、目を強くこすったりすることがないように、注意しましょう。


Comment:0  Trackback:0
2000
04.17

肩反復性脱臼 手術をしたほうがよいのか

Category: 骨・関節の病気   Tags:健康
19歳の時にスキーで肩を脱きゅう。その後も十数回繰り返している。医師には激しい運動をしなければ外れないと言われているが、ちょっとした動きで外れることも。脱きゅうすることで、心臓を圧迫するように感じ、日常生活が不安だが、手術をしたほうがよいのか? また、筋力の強化方法を教えてほしい。

若いころに脱きゅうすると、後に何度も繰り返してしまうことも多いようです。
頻繁に関節が外れるとなると、やりたいスポーツが制限されるばかりではなく、日常生活にも支障をきたしてしまいます。
なぜ繰り返すのか、どのようにして予防したらよいのかなど、専門医がアドバイスします。
解説してくださったのは日本医科大学助教授、伊藤博元先生。


肩反復性脱臼とは


肩の関節というのは、肩甲骨と上腕骨の2つからできてます。肩の脱きゅうは、この上腕骨が前に外れてしまうことですが、この方の場合は、もっと中の方に外れてしまい、非常に圧迫が強くなるということから、いろいろな症状が出てくるわけです。
繰り返し脱きゅうを起こすことで、レントゲンでは写らない部分にもいろいろな損傷、障害が起きてるということになります。

関節は骨からできていますが、実はその補強をするために関節の袋があります。そこには軟骨があるのですが、脱きゅうを繰り返すたびに、特に肩甲骨側の軟骨がすり減ったり、はがれたり、なくなったりします。
あるいは、関節の袋がはがれて緩み、広がってしまうことなどから、外れやすくなるわけです。

つまり、ある程度ある動作をすると、外れやすい道ができてしまうというようにお考えになっていただいてもいいと思います。


肩反復性脱臼 防ぐには筋力強化を


注意すべきことの一つは、日常生活で肩が外れそうな動作をあまりしないようにしていただくことです。そして、筋力強化を積極的に行っていただくことが必要です。
筋力強化といいましても、鉄アレイを振り回すのではなく、肩に近いところにあるインナーマッスルという関節に近い筋肉を鍛えることが必要だと思います。

肩の前方の筋肉、特に前にある肩甲下筋(けんこうかきん)と棘上筋(きょくじょうきん)という筋肉を中心に鍛えて、肩の安定性を少しでも高めるようにすることです。

この筋肉を強くするには、チューブを使うとよいでしょう。まず、ひじを曲げて両手を前に出し、ひじにチューブの輪をかけて、それを広げるような形をします。今度は内側にすぼめるような形をしましょう。こうすることで、肩の前方の筋肉がつくわけですが、この筋力強化を数十回ずつ何セットか繰り返し、数か月から半年ぐらい続けてみてください。それでも外れるようであれば、その時に手術の対象になるというように考えてよいと思います。


肩反復性脱臼の手術


手術には1か月から1か月半ほどの入院が必要

手術が必要とお考えなった場合、まずはきちっとした検査を受けて原因を見つけることが大切です。手術は、広がってしまった関節の袋をきちっとした形に縫い縮めるということが一つ。それから関節の軟骨が残っていれば、これも修復してあげるということですね。後は、前にある肩甲下筋をきちっとした形にして外れにくくする、肩の関節を丈夫にするというのが手術の概略です。

だたし、手術後のリハビリが重要になりますので、3か月から半年ぐらいの時間的な余裕が必要だろうと思います。

また、手術ということになりますと、1か月から1か月半ぐらいの入院が必要になるかもしれません。少なくとも手術をしてから3週間ぐらいは腕を固定しなければならないでしょう。大体手術してから2~3週間後からリハビリを少しずつ始め、1か月半後ぐらいで、ほぼ日常生活の動きに戻るといったことが目安だと思います。

相談者は、重たいものや長いものを持とうとする時や、後ろに手を回す時などに、肩が外れるのではないかと気をつけているそうです。日常生活で気をつけられる範囲でしたらよいのですが、寝ている時に外れたり、かなりつらいようでしたら、手術も考慮していただく一つの治療方法だと思います。

手術によって、2割から3割ぐらいは動きが制限されますが、日常生活やウィークエンドのスポーツぐらいでしたら、ほとんど問題がございません。


Comment:0  Trackback:0
2000
04.17

眼が見えにくい 症状から病気や原因をチェックする

Category: 目・眼の病気   Tags:健康
「眼が見えにくい」と思っても、年のせいにしていませんか? 見え方の異常の背後には、思わぬ病気が潜んでいる場合もあります。ここでは主な症状から、考えられる病気を紹介します。


眼が見えにくい 症状から考えられる病気


近くが見えない


 年をとると、カメラのレンズの働きをしている水晶体を、十分に厚くすることができなくなるため、近くが見えにくくなります。近くがよく見えなくなり、手元の作業に支障を来す状態になると、「老眼」と診断されます。これは加齢に伴う生理的変化で、病的なものではありません。


遠くがぼやけて見える


 角膜、水晶体、硝子体、網膜、視神経など、光が目に入って、それを脳が感知するまでの通路のどこに異常があっても、この症状が現れます。そのなかで、中高年に最も多いのは、水晶体に濁りが生じる「白内障」です。遠くだけではなく、視界全体がぼやけて見えにくくなるのが特徴です。


物がゆがんで見える


「黄斑変性症」の典型的な症状です。まっすぐの手すりなどが、曲がって見えたり、視界の中心の、見ようとするところが暗くなって見えにくくなります。「網膜剥離」でも、黄斑部に剥離が起こると、同じように物がゆがんで見えることがあります。


見えにくい部分がある


 網膜剥離や眼底出血などによる「眼底の異常」の場合、網膜のはがれた部分や、出血部分の視野が欠けます。また、「緑内障」の場合は、視野の内下方(鼻寄りの下側)が、脳に腫瘍ができて視神経を圧迫する「脳の異常」の場合は、視野の外側半分が欠けるのが特徴です。


点がちらつく


 視界の中に蚊が飛んでいるようにも見えるので「飛蚊症」といいます。飛蚊症には、加齢による硝子体の変性で起こる生理的なものと、病気が原因で起こるものとがあります。病的な飛蚊症の多くは、網膜が破れたり、網膜から出血が起きたりすることが原因です。


光が走って見える


 このような症状を「光視症」といい、考えられる原因は、「角膜の異常、網膜と硝子体の癒着、脳の異常」などです。角膜の浮腫が原因の場合は、電灯などの周囲に虹のような輪ができるのが特徴です。また、脳の異常による場合は、稲妻のような輝きが現れ、それが周囲の方へ移動して、スーっと暗くなるという特徴があります。


物が二重に見える


 「白内障」の場合は、明るいところよりも、暗い場所で、この症状がはっきりと現れます。また、「片眼複眼」といって、片方の目だけで見たときに気がつきます。脳卒中や脳腫瘍などが原因で起こる「眼筋麻痺」は、一方の目だけに病気が起こります。そのため、左右の眼で違うところを見てしまうために、物が二重に見えます。


目の異常を自己チェック


日ごろから片目ずつ、異常がないかをチェックする


 中高年になると、目にはいろいろな異常が起きやすくなるので、日ごろからの自己チェックが必要です。物がゆがんで見えないか、視野が欠けていないかなどを、片目ずつ調べてください。両目で見ているときには気づきにくい異常も、片目ずつだとよくわかります。

また、糖尿病や高血圧、動脈硬化がある人は、特に眼底の異常を起こしやすいので、定期的に目の検査を受けてください。


Comment:0  Trackback:0
2000
04.13

ひざの痛みの原因 変形性膝関節症の運動療法とは

Category: 骨・関節の病気   Tags:健康
中高年にみられる膝ひざの痛みの多くは、「変形性膝関節症」によるものです。変形性膝関節症を予防、改善するためには、膝を支える太ももの筋肉を鍛えることが大切です。


変形性膝関節症とは


  膝は、複雑な構造をしているうえに、膝にかかる負担も大きいため、さまざまな障害が生じやすいところです。なかでも中高年に最も多いのは、「変形性膝関節症」です。これは、筋肉が老化し衰えて、膝関節が不安定になったり、軟骨の新陳代謝が低下するために、軟骨がすり減って、骨が変形してくる病気です。

 膝の関節は、「大腿骨」と「脛骨」という大きな骨と、一般に、お皿と呼ばれる「膝蓋骨」の3つの骨で構成されています。それぞれの骨が接触する面は、軟骨に覆われていて、骨を衝撃から守り、摩擦を少なくしています。それに加えて、大腿骨と脛骨の間には「半月板」という軟骨があり、クッションの役割を果たしています。

 正常な膝関節は、大腿骨と脛骨との間に十分な隙間があり、その隙間には、軟骨と半月板があります。ところが、変形性膝関節症では、軟骨や半月板がすり減ってしまい、大腿骨と脛骨の隙間や、膝蓋骨と大腿骨の間が狭くなります。症状がさらに進むと、隙間がなくなって、大腿骨と脛骨の骨どうしが接触し、骨と骨とがこすれ合って、強い痛みが起こります。すり減った軟骨は再生しないため、ひどくなると、手術が必要になります。


急性期は安静に


 膝には、さまざまな障害が置きやすいので、膝が痛い場合は、自己判断せず、まず整形外科を受診して、診断を受けることが大事です。変形性膝関節症と診断された場合、膝の痛みが強い急性期には、安静にして、炎症を止めるなどの治療を行います。そして、症状が落ち着いてきたら、膝痛の再発を防ぐために「膝痛体操」を行います。


膝痛体操ポイント


 膝痛体操には、大腿骨側にある太い筋肉(太もも)を鍛えて、膝関節の安定性を高め、膝関節にかかる負担を減らす効果があります。その結果、変形性膝関節症の進行を抑えることにもつながります。また、膝が痛いからといって、いつまでも膝を動かさずにいると、膝関節が固まって、動きにくくなります(拘縮)。膝痛体操には、膝の拘縮を抑える効果もあります。

 膝痛体操を行う場合に注意したいのは、「決して無理をしない」ことです。痛みをこらえるなど、無理をすると、症状を悪化させることにもなりますし、長続きしません。少しずつでも毎日続けることが大切です。効果を感じられるようになるまでには、体操を開始してから、およそ3か月から半年くらいかかります。


日常生活の注意


 膝の痛みを防ぐには、日常生活のなかで、膝への負担を避けることも必要です。正座をすると、膝関節に全体重がかかり、膝への負担が大きいので、長時間の正座は避けましょう。階段の上り下りも、膝に大きな負担をかけるので、できるだけエスカレーターやエレベーターを利用しましょう。

平地では杖つえを使うと楽です。また、足に合わない靴も、膝への負担を大きくするので、要注意です。太っている人は、それだけ膝にかかる負担が大きくなるので、体重を減らすようにしましょう。
Comment:0  Trackback:0
2000
04.13

糖尿病の診断基準 境界型 糖尿病学会が作成した糖尿病の判定基準とは

Category: 糖尿病   Tags:健康
糖尿病」は高血圧や高脂血症などと並ぶ、生活習慣病の一つ。肥満などが原因にあげられています。今回はこの糖尿病の診断基準についての詳しいお話をご紹介。「糖尿病ではないけれど、血糖値が高め」という人はぜひ、ご覧になってみてください。(東京通信病院 宮崎滋先生)



糖尿病の診断基準


血糖値が高ければ糖尿病?


ブドウ糖負荷試験をしたら、空腹時血糖値が120、食後2時間後の血糖値が180という結果が出た。その後、食事に気をつけたり、ウォーキングを実行し、空腹時の数値が98まで下がった。一度でも高い数値が出れば糖尿病にかかっていると言えるのか? また、今後も検査が必要か?


糖尿病の判定基準


・正常型
空腹時血糖値 ~110mg/dl 2時間後 ~140mg/dl
・境界型
空腹時血糖値 110~126mg/dl 2時間後 140~200mg/dl
・糖尿病型
空腹時血糖値 126mg/dl~ 2時間後 200mg/dl~


糖尿病型でも正常型でもない境界型


相談者の検査数値を、糖尿病学会が作成した「糖尿病の判定基準」に当てはめて見てみましょう。

相談者の質問にもあるように、糖尿病の診断には空腹時の血糖値と食後2時間後の血糖値が非常に重要です。“75gブトウ糖負荷試験”は、患者さんにブドウ糖液を飲んでいただいて、時間ごとに採血をしていく検査です。

相談者は空腹時血糖値が120、食後2時間後の血糖値が180だったということですが、この値は判定基準で見ると、境界型に当てはまります。これは、糖尿病型にも正常型にもあてはまらない、ちょうど中間的な値です。


境界型は食事や運動に注意しないと糖尿病になる


相談者はその後、運動されたり、食事に気をつけられたり、体重を減らされて、空腹時血糖が98まで下がり、正常型になりました。このような生活をずっと続けておられますと、正常型のまま、糖尿病ではない普通の状態が続きます。

しかし、境界型の状態にいて、食事に注意しなかったり、運動不足の生活が続くと、糖尿病型のほうへ移行していくということがわかっています。ですから、相談者も、今後の食事や生活が非常に重要になってくると言えるでしょう。

食後2時間後の血糖値が200以下の人が、1~2年でどれくらい糖尿病になるのかを血糖値別に調べると、相談者の180という数値の場合、あまり注意をしないで生活していると、1年から2年の間に10人に1人、10%の方が糖尿病になってしまうという結果が出ています。

糖尿病というのは5年後、10年後になるという病気なんですが、相談者の数値だと、非常に近い将来に糖尿病になっていく可能性が高いと思います。


糖尿病にならないために週に3~4回ウォーキング


では、糖尿病にならないためにはどのような生活をしたらいいのか、簡単にお話ししましょう。相談者はウォーキングをされているということですが、これは毎日やる必要はありません。少なくても1日おきに、週に3回から4回、規則的に30~40分やっていただければ十分な運動療法になると思います。

姿勢を良くして少し速く歩くようにしていただければ、現在のような血糖値が下がった状態が長く続きますので、糖尿病に移行することが非常に少なくなるでしょう。このまま続けていかれると、非常によろしいと思いますね。また、検査についてですが、半年に1回はブドウ糖負荷試験を受けられることをおすすめします。




Comment:0  Trackback:0
2000
04.12

腰痛の原因 ストレッチのポイント

Category: 腰痛・肩こり   Tags:健康
腰は、体のかなめ。腰が痛いと、何をするにもつらいものです。再発を予防するためには、腰の回りの筋肉を鍛えるなどの「腰痛体操」がお勧めです。同時に、日常生活で腰を傷める姿勢を避けるなども重要です。


腰痛の原因は、骨の老化と筋肉の衰え


 私たちの体を支える背骨は、「椎骨」という24個の小さな骨が積み重なってできています。椎骨と椎骨の間には、椎間板という軟骨があり、クッションの役割をしています。椎骨のうち、腰の部分にある5つの骨を「腰椎」といいます。この腰椎と椎間板が、上半身の体重を支えています。

 また、背骨の役割を補う形で、腰の周辺には背筋や腹筋が発達しています。背筋と腹筋は、腰を支える自前の「コルセット」として大事な働きをしています。

 背骨は老化とともに衰えてきます。しかし、腰の回りの背筋や腹筋を鍛えておけば、少々背骨が傷んでいても、それを補ってくれるので腰痛を生じないですみます。そこで、腰痛の予防に「腰痛体操」をお勧めします。
後でまとめ


腰痛体操の目的


 一般に「腰痛体操」というと、腰痛を治す体操と思う人も多いようです。しかし、腰痛体操の目的は、腰痛の再発を防ぐことと、腰痛が起こるのを予防することにあります。したがって、腰痛体操が向いているのは、「以前腰痛を起こしたことがあるが、今は治った」という人や、「腰痛になったことはないが、予防したい」という人です。ただし、慢性的な軽い腰痛がある人には、痛みを和らげる効果があります。

 一方、激しい痛みを伴う急性の腰痛の人が、腰痛体操をすると、かえって症状を悪化させます。急性の腰痛の場合は、まず安静を心がけ、症状が落ち着いたら、整形外科を受診して適切な治療を受けてください。


腰痛体操のポイント


 腰痛体操には、背筋と腹筋の筋肉を強化する、血液循環がよくなり、疲れが早くとれる、体を柔らかくする、といった効果があります。また、けがをしにくくします。体操を行う場合、続けることも必要ですが、無理をしないことが大事です。特に、以前腰痛を起こしたことがある人は、体操の回数や程度を抑えながら、慎重に取り組みましょう。

 一応の目安としては、柔軟性を養うストレッチング、腹筋、背筋のトレーニングを、それぞれ10回ずつ、朝、昼、晩の3回繰り返します。仕事などの都合で、昼に行うのが無理な場合は、朝と晩だけでもかまいません。腰痛体操をした翌朝、痛みや疲れがないようなら、回数を徐々に増やしたり、負荷を大きくしていくとよいでしょう。


日常生活の注意


 腰痛を防ぐには、日常生活で、腰に負担をかけない工夫も必要です。重い物を持ち上げるときは、荷物のわきにしゃがんで、脚の力を使って持ち上げる、寝るときには、膝ひざを軽く曲げて腰の負担を軽減するなど、ちょっとした注意で腰痛を防ぐことができます。

靴も腰痛防止のための重要なポイントです。ハイヒールや、最近、流行の厚底靴などは、体のバランスをとるために腰への負担が大きくなります。また、肥満は、腰にかかる負担を大きくするうえ、体のバランスをとるために腰を反らせるので、よくありません。減量を心がけましょう。

 みんなのレビュー・口コミ(748件)
 みんなのレビュー・口コミ(761件)

Comment:0  Trackback:0
2000
04.11

五十肩の治し方 五十肩体操のポイント

“痛くて腕が上がらない”などの症状が起こる、つらい「五十肩」。そのままにしておくと、動きが悪くなります。強い痛みが治まってきたら、積極的に動かしましょう。


五十肩とは


 五十肩は、「四十肩」とも呼ばれます。40歳代後半から60歳代にかけて発症する、中高年の人に多い病気です。症状や程度には個人差がありますが、「肩が痛くて、腕が上がらない、体の後ろに腕が回せない」というのが、主な症状です。ある日突然発症することも徐々に発症することもあります。


五十肩の原因


 五十肩は、肩周辺の組織が老化することなどが原因で、肩関節の周囲に炎症が起こる病気です。肩周辺の筋肉が加齢によって衰えてくると、肩関節の動きを、腱や靭帯などの周辺の組織で調整するようになるため、腱や靭帯などに負担がかかって、炎症が起きてくるのです。

また、加齢とともに、肩関節を滑らかに動かす働きをもつ「滑液」の分泌量が減ったり、関節の衝撃を和らげる役目の関節包や滑液包でも炎症が起きます。一般に、肩周辺にある腱や靭帯、関節包、滑液包などに起こる炎症を総称して「五十肩」といい、医学的には、「肩関節周囲炎」と呼ばれます。


痛みが治まってきたら五十肩体操を


 五十肩は、発症直後から約3週間は強い痛みが続きます(急性期)。痛みが激しいときは、安静にすることが第一です。安静といっても、横になって絶対に動かさないということではなく、肩が痛む動作をしないで、炎症を抑えるよう心がけるということです。ただし、「じっとしていても痛い」という場合や、「動かすときの痛みが我慢できない」という場合には、整形外科を受診して、適切な治療を受けてください。

 急性期が過ぎれば、激しい痛みは治まりますが、「腕が上がらない、肩が動かしにくい」など、ふだんの生活に支障が出る時期がしばらく続きます。しかし、肩が動かないといって、そのままにしていると、関節の拘縮が進み、肩の運動範囲が狭まってしまうので、積極的に肩を動かすようにしてください。

 「五十肩体操」は、肩関節が固まるのを防ぎ、動かせる範囲を徐々に広げたりして、五十肩の回復を早める効果がある体操です。


尺取り虫体操


五十肩体操 2)  壁伝い(尺取虫体操)


ひじ曲げ体操


五十肩体操 3) その他、肩の動きを回復させる体操  「両腕を曲げ、外に広げる」運動

棒体操


棒体操 ストレッチ&エクササイズ 4.五十肩の運動療法


五十肩体操のポイント


 五十肩体操は、痛みの程度に合わせて、無理せず、少しずつ始めることが大切です。また、難しい体操ではありませんから、毎日根気よく続けることが大切です。回数の目安は10回×3セット、朝・昼・晩の1日3回です。痛みが治まってきたら、体操の量や回数を増やしてもよいでしょう。

 体操の一つ一つの動作はゆっくりと行います。ストレッチングなどは、自分の限界と思われるところよりも、ちょっと痛いと感じるところまで行うのが効果的です。

ただし無理は禁物です。負担が大き過ぎると、炎症を起こすなど、逆効果になることもあるからです。五十肩体操は、予防としても役立つので、五十肩予備軍の人にもお勧めします。


日常生活の注意


 急性期の強い痛みが治まったら、五十肩体操を行うほか、ラジオ体操など、無理なくできる運動を行うのもお勧めです。日常生活でも、なるべく肩を使うようにしましょう。




Comment:0  Trackback:0
2000
04.10

肩こり解消法

Category: 腰痛・肩こり   Tags:健康
若い人から中高年まで、「肩凝り」に悩まされている人は多いものです。今回は、仕事の合間や、ちょっとした時間にできる肩凝り解消のための体操を紹介します。


肩凝りとは


肩凝り」とは、首や肩の周辺の筋肉が、疲れのために硬くこわばった、不快な感じをいいます。首と肩には、頭と腕の重みを支える役割があり、何もしていなくても、首と肩の筋肉には、負担がかかっているのです。

私たちの背骨は、正しい姿勢のとき、自然なS字カーブを描いているので、首や肩にかかる頭の重みは、バランスよく分散されます。しかし、何らかの原因で、そのバランスが崩れ、重みが首や肩に集中的にかかると、筋肉に余計な負担がかかります。すると、筋肉周辺の血管が圧迫されて、血液循環や代謝が悪くなり、老廃物や疲労物質がたまって、肩が凝ります。


肩凝りの原因


 肩凝りのいちばんの原因は、姿勢の悪さです。前かがみや猫背の姿勢で長時間立っていたり、いすに浅く腰掛けてだらしなく座るなどは、肩の凝りやすい姿勢です。同じ姿勢を長時間続けたり、手指を使う作業をするのも、肩や首の筋肉が集中的に使われるので、凝りやすくなります。

また、「首が細い」「なで肩」といった、全体的にきゃしゃな体型の人は、頭や腕を支える筋肉が弱いので、それだけ疲労しやすくなります。

 その他の原因に、ストレス、低血圧、内臓の病気や骨格の障害などがありますが、これらは、いわゆる一般的な肩凝りとは違います。後述する「肩凝り体操」も効果がなかったり、逆効果になることもあります。吐き気やめまいを伴ったり、いつもとは違う肩凝りの場合は、自分で判断せず、まず専門医を受診しましょう。


肩凝り体操のポイント


 一般的な肩凝りの予防には、正しい姿勢を心がけることが大切です。それとともに、血行をよくする、柔軟性を高める、筋力を強化するといった効果のある、「肩凝り体操」で体を動かすと、症状を和らげることができます。肩凝り体操は、仕事の合間など、時間と場所を選ばずできるのでお勧めです。

 肩凝り体操を行うときは、初めのうちは、回数は少なめ、程度も弱めにしてください。慣れてきて、物足りなくなったら、少しずつ回数を増やしたり、強めに行うとよいでしょう。体操は、ゆっくり行うことで、筋肉や靱帯の柔軟性を効率よく高めます。はずみをつけて行うと、筋肉や靱帯を傷め、首の痛みや上腕神経痛を起こす危険があるので、注意してください。

柔軟性を高めるには、少し痛みを感じる程度まで行い、最大限まで筋肉や靱帯を伸ばしたところで一度停止します。基本的には、回数、頻度ともに多いほうが効果的ですが、やり過ぎると筋肉が疲労したり、すじを傷めます。翌日に疲れや痛みが残るようなら、回数や頻度を減らし、調節して続けましょう。大体の目安は、1種類の体操につき10回×3セット、朝・昼・晩の1日3回です。


日常生活の注意


 デスクワークが多い職場では、よい姿勢を心がけ、こまめに休憩をとったり、仕事の合間に肩凝り体操を行いましょう。家庭で「本を読む」「テレビを見る」「うたた寝をする」ときも、腹ばいになるなど、不自然な姿勢にならないよう気をつけます。

肩凝りはちょっとした生活態度の工夫によって改善できるものです。適度な休息、体操などを無理なく生活に取り入れてください。





Comment:0  Trackback:0
2000
04.10

心室細動とは 埋め込み式除細動器

15年前から心筋こうそくを患い、その後しばらくは異常がなかった。しかし昨年の夏、急に発作が起こり、病院で心室細動と診断された。
心室細動が起こる原因とは何か? この病気に対しては、埋め込み式除細動器があると本で読んだが、それはどういうものなのか?

心臓の脈拍は、洞結節(どうけっせつ)というところでつくられています。
そこから出る電気が心臓に伝わるわけですが、その経路のどこかに異常が起こるのが不整脈です。きょうは、この不整脈の中でも大変危険な「心室細動」について専門医がお答えします。 解説してくださったのは慶応義塾大学医学部教授、小川聡先生。



心室細動とは


心室細動と申しますのは、不整脈の中でも非常に危険なものです。いったん起こりますと、2、3分の内に適切な治療を受けないと命を落としてしまうという、非常に恐い病気なのです。
この方は大変幸運にも、非常によいタイミングで病院にかつぎこまれ、除細動という電気ショックを受けた結果うまくいったわけです。
この不整脈は、心筋こうそくで起こることが非常に多いのです。この方の場合のように、心筋こうそくを一度起こした方が、さらにもう1回発作を起こした時に、心室細動になる危険性も非常に高いんです。


心室細動には心臓に電気ショックを与える方法しかない


左心室の筋肉は、普通は心臓の上からの電気で規則的に拍動するのですが、例えばこういう部分が心筋こうそく、つまり筋肉が壊死(えし)に陥る病気になりますと、その悪いところから勝手に脈が発生してくるのです。1分間に300とか400とか、非常に早く不規則な拍動になり、ほとんどそうなりますと心臓の有効な拍動が消えて、血液が外に出ていかないような状況になってしまうんです。ちょうどさざ波が心臓の表面をおおっているような状況になり、瞬間的に心臓が止まったのと同じような状態になってしまうのです。
(あちこちで、制御を受けていない、まったく不規則な心臓の動きになって、このままにしておくと心臓が止まり亡くなってしまうということになると思います。)
(正常の脈は、規則的に1分間に 70~80回ずつ打っています。)

こうなりますと、心臓に電気ショックを与えるしか方法がないわけです。病院では医師が心臓の表面、体の表面に電気ショックの機械をつけて、除細動という治療を行うわけですけども、こういう処置を発作後すぐに受けられる方は大変幸運なわけですね。ましてや今後、同じ様な狭心症、あるいは心筋こうそくの発作が起こった時には再発する危険性もありますので、ぜひお問い合わせにありました植え込み型除細動器というのものを入れていただいたらよろしいかと思います。

万が一の発作に備えて植え込み型除細動器を


植え込み型除細動器とは、細い管を心臓の中に入れ、電池で心臓にショックを与えるもの 。ペースメーカーと同じようなやり方で、皮膚を切り、細い管を心臓の中に入れます。

こちらの電池の方から電気ショックと同じ様な事を心臓に行います。そうしますと、普通に生活している時に万が一発作が起こっても、自動的にこの機械が20~30秒の内に除細動してくれて、突然死されないようにしてくれます。画期的な治療法ですので、ぜひ専門の先生にご相談されたらと思います。

除細動器を埋め込んでいる方は、どんどん増えております。ただこの機械が、一般のペースメーカーと同じ様にどこでも埋め込めるということではありませんので、専門医がいて専門の設備がそろっているところでしかできませんから、ぜひ担当の先生にご相談されて、ご自分の再発する可能性などもよく診ていただいた上で、決められたらよろしいのではと思います。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.09

高血圧患者の生活上の注意点

Category: 高血圧   Tags:健康
「高血圧の悩み」は50代の男性では2人に1人、女性では5人に1人。日本では3千万人の人が高血圧で悩んでいると言われています。どのように改善していったらいいのでしょうか。
解説してくださったのは自治医科大学教授、島田和幸先生



高血圧患者の生活上の注意点


相談者
「高血圧だが、特に生活に支障はない。何か気をつけることはないか?」
・血圧が高いときで180、低いときで160前後
・ゴルフなどの運動をした後1日くらいは140くらいに下がる
この方の血圧の数値はどの程度のレベルなのか?

高血圧の危険レベル


健康と言われる血圧は上が120、下が80以下くらいの数値です。将来リスクが高くなると言われているのが上140、下90以上。この基準から見ると、180/110、少し下がって160程度という相談者の血圧のレベルはかなり高いと言えます。

★最高血圧が140以上、最小血圧が90以上になったら要注意。
 将来のリスクがぐんと高くなる

高血圧になってしまったら


では、高血圧になってしまったらどうすればいいのか

相談者は今、「中等および重症高血圧」のレベルに入っています。また、血圧以外に喫煙などの危険因子もあります。これらの危険因子を合わせて考え、どのように生活習慣を改善していったらいいか、あるいは薬物療法をしたほうがいいのか、などという計画を立てていきます。これは5年、10年、15年先のことを考えてやるわけです。

高血圧患者にとっての危険因子


1.喫煙
2.高脂血症
3.糖尿病
4.60歳以上
5.男性および閉経後の女性
6.65歳未満の女性、あるいは55歳未満の男性が心血管疾にかかったという家族歴

高血圧患者にとってこのようなことが危険因子になります。タバコは止めること。コレステロールの値はあまり高くないのでこれは大丈夫だと思いますが、糖尿病の検査を受けることは必要だと思います。


Comment:0  Trackback:0
2000
04.06

中年太り解消法 1日30分歩いて痩せる!

Category: 肥満・ダイエット   Tags:健康
健康的にやせるためには、適度な運動が必要です。脂肪を燃焼する有酸素運動のほか、筋肉をつける運動をプラスすると、太りにくい体をつくることができます。
解説してくださったのは東京逓信病院内科主任医長、宮崎滋先生です。


食事だけのダイエットはリバウンドを招く


 減量には、食事量の制限が必要ですが、食事だけで減量すると、体力が低下したり筋肉が落ちたりして、体に悪影響を与えます。さらに、「リバウンド(元の体重に戻ること)しやすい」という欠点もあります。生命を維持するために必要な最小エネルギーを「基礎代謝量」といいますが、ダイエットを行うと、体は使うエネルギーを節約しようとするため、基礎代謝量が減ってしまいます。そのため、ダイエット後に食事量を元に戻すと、以前と同じ食事の量でも、減量前よりも太ってしまうことになるのです。

 安全で健康的にやせるには、ある程度の食事制限に加えて、日常生活のなかに運動を組み込んでいくことが必要です。


運動すると太りにくくなる


 運動は、肥満解消だけでなく、生活習慣病の予防にも役立ちます。運動の効果のひとつに、「インスリンの働きがよくなる」というのがあります。これは、糖尿病の予防になるうえ、インスリンの働きでエネルギーの消費が促進されることから、「太りにくい体をつくる」という点でも効果的です。また、運動には、血圧を下げる効果もあります。


1日30分のウオーキングが効果的


 肥満解消や生活習慣病の予防に適しているのは、ある程度続けることのできる、それほど激しくない運動です。なかでもウオーキングは、足腰への負担が少なく、いつでもどこでも手軽にできる、たいへん効果的な運動です。1日30分以上のウオーキングを、最低でも週に3回は行いましょう。まとまった時間がとれない場合は、1回8分程度のウォーキングを1日に3回行うのでも、同様の効果が得られます。

 安全で効果的に運動するために、ウオームアップ(準備運動)と、クールダウン(整理体操)を欠かさないようにしてください。なお、心臓病があったり、血糖値や血圧が高いときなど、運動を控えなくてはならない場合があるので、運動を始める前に医師のチェックを受けておきましょう。


筋力トレーニングを組み入れる


 筋肉は、加齢とともに落ちていき、それと同時に、基礎代謝量も減っていきます。ですから、運動の中に筋肉をつける運動を加えていくことも大切です。筋肉がつくと、基礎代謝量が増え、同じ量を食べても、太りにくくなります。

手軽にできる筋力トレーニングの例
後でまとめ

 こうした運動は、長期間続けないと効果が現れてこないので、ウオーキングや筋力トレーニングを、習慣化していくようにしましょう。また、特別に運動というのではなく、日常よく体を動かすようにするだけでも、減量につながります。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.06

睡眠時無呼吸症候群

Category: 不眠症・睡眠障害   Tags:健康
身長178cmで、体重70kg。いびきがひどく、10秒くらい呼吸が止まることがある。横向きで寝ても、枕を替えてもおさまらない。病院へ行って、きちんと診察を受けたほうがいいか?

解説してくださったのは東海大学医学部講師、小野容明先生


睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症候群の症状


この方は間違いなく、「睡眠時無呼吸症候群」の患者さんだと思います。
私どもの病院で診察を受けた患者さんなんですが、鼻の下のセンサーで、無呼吸があるかどうか記録しています。四角い枠の中の波は呼吸を表しているんですが、波がまったく出ていません。これは無呼吸の状態を表しています。

呼吸しようと一生懸命努力しているんですけど、のどに詰まりがあって閉塞しているから、きちんと呼吸ができない。そこで、無理矢理いびきで「カーッ」という音を出して、呼吸を再開するわけです。これが「睡眠時無呼吸症候群」の典型的な呼吸ですね。


睡眠時無呼吸症候群の原因は?


では、どうしてこのような呼吸になってしまうのか。
相談者は肥満ではないんですが、きっとのどが狭いんだと思います。のどが狭い原因は、扁桃腺肥大やアデノイド、また、鼻が悪いことなどが考えられます。

通常だと気道に気流が通らなければいけないんですが、その通り道のどこかに障害があるんだと思います。途中で何らかの障害があるため、空気が入ってきても肺まで進むことができないのです。無呼吸状態が続き、やっといびきとともに呼吸を再開します。その閉塞をとらなければ、今の状態は良くならないでしょう。


放っておくと生活習慣病を引き起こすことも


閉塞を解除するためにはいくつかの治療法があります。まず、耳鼻科の先生に診ていただいて、きちんと診断してもらうことが大切です。できれば、夜間の睡眠の検査ができる施設、あるいは睡眠時無呼吸に関する知識を持っているドクターがいる医療機関がいいでしょう。そして「睡眠時無呼吸症候群」という診断が出たら、鼻のマスク等の治療が必要になってくると思います。

正確に診断治療をお受けにならないと、いわゆる生活習慣病と言われる高血圧や心臓疾患、脳血管障害、糖尿病などの病気を引き起こす可能性があります。今は健康でも、年を重ねるに従ってそういう病気が現れてくることがありますから、なるべく早く正確に診断をしていただいて、きちんと治療をお受けになることをすすめます。


成人の睡眠時無呼吸症候群診断と治療のためのガイドライン [ 睡眠呼吸障害研究会 ]


いびき対策にはこの横寝専用まくら!睡眠をお届け!
仰向けではなく、いつも横向きで眠っている方にオススメの枕ができました。


呼吸努力と体位の詳細分析ができる携帯用睡眠時無呼吸検査装置。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.05

中性脂肪を減らすには 1週間で減らす食事習慣

Category: 肥満・ダイエット   Tags:健康
中性脂肪が脂肪細胞にたくさんたまった状態が「肥満」です。中性脂肪はいわば「肥満のもと」。しかし、食習慣などを改善すれば、中性脂肪は減らすことができるのです。
解説してくださったのは東京逓信病院内科主任医長、宮崎滋先生です。


余ったエネルギーが中性脂肪になる


 血液中の脂質のひとつである「中性脂肪(トリグリセリド)」は、食事から得た摂取エネルギー量が、消費エネルギー量よりも多いとき、余ったエネルギーが肝臓で合成されてできたものです。中性脂肪が血中で増えると、貯蔵用のエネルギーとして脂肪細胞に蓄えられます。脂肪細胞の中には、白い粒子状の中性脂肪が詰まっていますが、中性脂肪が脂肪細胞に過剰にたまった状態が、肥満です。

 脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪は、エネルギーが不足したときに再び分解され、エネルギー源として利用されます。 


中性脂肪と食事の関係


食後の経過時間と、血液中の中性脂肪値の関係を示すと、血中の中性脂肪は、食後に上昇しますが、通常は数時間たつと元の値に戻ります。これは、「リポたんぱくリパーゼ」という酵素の働きによって、中性脂肪が脂肪細胞に貯蔵されるからです。

 ところが肥満の人では、中性脂肪値はなかなか下がりません。これは、血液中のブドウ糖を処理する「インスリン」というホルモンと深い関係があります。過食で肥満している人は、多量のブドウ糖を処理するために、インスリンもたくさん分泌されます。インスリンには、肝臓で中性脂肪が合成されるのを促進する働きもあるため、インスリンがたくさん分泌されると、合成される中性脂肪の量が増えます。そのため、リポたんぱくリパーゼの働きが追いつかず、血液中の中性脂肪が増えてしまうのです。


中性脂肪と生活習慣病


 血液中の中性脂肪が多いということは、それだけ太りやすく、肥満になりやすくなりますが、それ以外にも、中性脂肪が多いと、健康上、さまざまな問題が生じます。

 中性脂肪が分解されてできる遊離脂肪酸は、インスリンの働きを阻害するので、血糖値が下がりにくくなり、糖尿病になるおそれがあります。また、中性脂肪の多い人は、コレステロール値も高いケースが多く、それにより動脈硬化が促進されます。

 最近では、中性脂肪にも、動脈硬化を促進させる、直接的な要因があるといわれています。


中性脂肪を減らす方法


 血中の中性脂肪を減らすには、まず、摂取するエネルギー量を減らすことです。よく食べる食品のエネルギー量を、ある程度知っておき、食べ過ぎないように気をつけてください。また、同じ糖質でも、砂糖や果物に含まれる果糖は、中性脂肪になりやすいので、食べ過ぎに注意してください。

 肉類は、できるだけ脂肪の少ないものを選ぶようにしましょう。脂肪の多い肉は、網焼きにしたり蒸したりすると、脂肪分が落ちます。こうした調理上の工夫でも、脂肪の摂取を抑えられます。また、アルコールは適量を守り、おつまみも脂肪分の多いものは控えましょう。

 このような食生活の改善を中心に、適度な運動などもあわせて行えば、1週間くらいで血中の中性脂肪値は下がります。ただし、それで安心して生活が元に戻ってしまえば、中性脂肪はまた増えてしまうので、改善した生活を長く続けることが大切です。






Comment:0  Trackback:0
2000
04.04

内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の違い

Category: 肥満・ダイエット   Tags:健康
肥満には「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」があります。生活習慣病を招きやすい内臓脂肪型肥満の判定は、ウエストが男性で85cm、女性で90cmが1つの目安になります。
解説してくださったのは東京逓信病院内科主任医長、宮崎滋先生です。



内臓脂肪と皮下脂肪との違い


 脂肪といえば、皮下にたまるイメージがありますが、脂肪は、腸管や肝臓など内臓の周囲にもたまります。 皮下にある脂肪を「皮下脂肪」、内臓の周囲についた脂肪を「内臓脂肪」といい、同じ脂肪でも、つく場所によってその性質が異なります。

皮下脂肪とは


脂肪を預金に例えると、皮下脂肪は、出し入れの少ない定期預金と同じように、一度たまるとなかなか消費されません。つきにくく、落ちにくい脂肪です。

内臓脂肪とは


 一方、内臓脂肪は、よく出し入れされる普通預金と同じで、脂肪の貯蔵と消費が頻繁に行われます。 内臓脂肪は、肝臓で行われるさまざまな物質の代謝のエネルギーとして、日常的に出し入れされているのです。つきやすく、落ちやすい脂肪といえるでしょう。

 皮下脂肪の多いタイプの肥満を「皮下脂肪型肥満」、内臓脂肪の多いタイプの肥満を「内臓脂肪型肥満」といいます。体重やBMIが、ほぼ同じ数値であっても、腹部のCT(コンピュータ断層撮影)写真を撮ってみると、皮下脂肪型と内臓脂肪型では、明らかに違いが見られます。


生活習慣病との関係が深い内臓脂肪型肥満


 脂肪の多さと、生活習慣病の発症しやすさの関係を、皮下脂肪と内臓脂肪に分けて、調べた研究があります。それぞれの脂肪を面積の大きさで比較した結果、皮下脂肪型肥満より内臓脂肪型肥満のほうが、生活習慣病と深い関係があることがわかりました。

しかも、面積が大きくなるにつれて、病気の発症率が上がっています。この研究では、内臓脂肪の面積が100cm2前後になると、病気の発生率が上がるという結果が出ました。このことから、内臓脂肪の面積が100cm2以上が危険な肥満の目安といえます。


内臓脂肪型肥満の見分け方


 内臓脂肪がたまると、腹部がぷっくりと出てきます。下腹部が出ている場合は、これは皮下脂肪なので、それほど心配ありません。胸からおなかの辺りが出ている場合には、内臓脂肪型肥満のおそれがあります。

 体型的には、一般に皮下脂肪型肥満は「洋なし型肥満」といわれ、ヒップの辺りが特に太っています。内臓脂肪型肥満は「りんご型肥満」といわれ、胴体の中央部が膨れた体型をしています。つまりウエストが太いのが特徴です。

 ただ、内臓脂肪型肥満は、外見だけではわからないこともあります。体重やBMIでは、肥満と判定されないこうした「隠れ肥満」は、ダイエットを繰り返している人や、中高年の男性によく見られます。若いころと体重は変わらないのに、ウエストのサイズが大きくなった人は要注意です。

 先ほど示した内臓脂肪の面積の危険ゾーンである100cm2を、ウエストとの関係で見ると、男性は85cm、女性は90cmとなり、これを超える場合に、生活習慣病が非常に発症しやすい状態になるといえます。

 また、BMIが25以上の人、つまりすでに肥満域に入っている場合は、おなかをつまんでみましょう。つまめる脂肪は皮下脂肪なので、つまんだ部分の厚さが2cm以上あるなら、おおむね皮下脂肪型肥満です。2cm未満の場合は、内臓脂肪型肥満と考えてください。


内臓脂肪は努力すれば減らせる


 内臓脂肪型肥満と思われる人は、生活習慣病にかかる危険性が高いのですから、すぐに生活を改善していきましょう。幸い内臓脂肪は消費されやすい脂肪なので、食生活の見直しや運動不足の解消など生活を改善すれば、その成果が現れやすいという特徴があります。


Comment:0  Trackback:0
2000
04.04

脳動脈瘤 血管造影検査や手術をするべきか

Category: 脳の病気   Tags:健康
10年前に血管造影で左目の奥に5ミリ大の動脈りゅうが見つかったが、手術はしなかった。
動脈りゅうが大きくなれば破裂するというので再び検査を受けたいが、血管造影は怖い検査ですすめられないと言われた。この検査を受けた方がいいのか? また、思い切って手術を受けたほうがいいのか?

解説してくださったのは岩手医科大学教授、小川彰先生。


脳動脈瘤の検査方法


・血管造影そのものは決して安全な検査ではない。
・ただこの10年間で検査機器が随分発達しましたので、他の検査方法で安全かつ確実に診断ができるようになってきている。
・一般的には、目の奥にある血管が枝別れをしているところなどに動脈りゅうができやすい
・放っておくと大きくなる場合があります。ですから現在はどのようになっているのかを検査する必要があると思いますね。

今は血管造影以外にもすぐれた検査方法がある


今は血管造影以外にも、かなり良い検査方法があります。
例えばヘリカルCTという、CTスキャンを使った血管の検査です。血管造影と違いまして、造影剤を入れてCTを撮るだけですので、非常に安全にできます。

MRAで脳動脈瘤の検査をされますと、10年前からどのぐらい大きくなったかがわかると思います。今後もさらに大きくなる可能性ありますから、安全な検査ができておりますので、ぜひもう一度検査を受けられることをおすすめしたいと思います。
紹介した検査には、痛みも危険もありませんし、入院の必要もありません。


脳動脈瘤、再検査を受けて手術をするかどうかの判断を


また、思い切って手術をするべきかというご質問がありましたが、破れやすい動脈りゅうか、破れにくい動脈りゅうかということを、専門医に診てもらうことが必要ですね。10年前に1度見つかっていますので、この10年間にどのぐらい変化したかということがわかりますし、それによって本当に手術が必要な動脈りゅうなのかどうかを判断すればいいと思います。その際には、十分な経験のある施設で受けることをおすすめします。


Comment:0  Trackback:0
2000
04.03

死の四重奏とは 肥満・メタボ・生活習慣病が死を招く

Category: 肥満・ダイエット   Tags:健康
肥満と高血圧、糖尿病、高脂血症を合併した状態は、「死の四重奏」と呼ばれています。肥満がなぜ危険なのかをよく理解しておきましょう。
解説してくださったのは東京逓信病院内科主任医長、宮崎滋先生です。



肥満とは 肥満の定義


肥満は体内の脂肪の割合で決まる


 肥満は体重の多さではなく、体内に占める脂肪の割合で決まります。脂肪が占める割合を「体脂肪率」といい、男性では25%
、女性では30%を超えると「肥満」となります。しかし、体脂肪率を正確に測る方法は確立されていないので、現在は、肥満を簡単に判定する1つの目安として、「BMI(ボディ・マス・インデックス)」が広く用いられています。

 日本語で「体格指数」と呼ばれるBMIは、「体重と身長のバランス」と「病気のなりやすさ」の関係を統計的に分析してつくられたもので、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。このBMIが22になるのが、最も病気にかかりにくいことがわかっているので、BMI22を「標準体重」とし、その前後20%くらいを、健康的な普通の体格としています。

 肥満の判定については、昨年の日本肥満学会で、「BMI25以上を肥満とする」という、新しい判定基準が設けられました。BMIが25を超えると、高血圧をはじめとするさまざまな病気にかかりやすくなるのです。身長160cmの人の場合、BMIが25になる体重は64kgなので、これを超える体重の場合に、「肥満」と判定されます。

ただし、肥満=病気というわけではなく、BMIはあくまで肥満度の指標です。


死の四重奏とは


 太っていると、「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」など、さまざまな生活習慣病を招きやすくなります。生活習慣病の発症の約3~6割に、肥満が関係しているといわれており、肥満度が高くなればなるほど、発症する危険性も高まります。

 肥満が招く「糖尿病、高血圧、高脂血症」は、いずれも「動脈硬化」の大きな要因になります。動脈硬化は、加齢に伴って自然に起こる現象ですが、「糖尿病、高血圧、高脂血症」などの病気があると、その進行を促進します。動脈硬化が怖いのは、ある日突然、死に結びつく「心筋梗塞や脳卒中」を引き起こすことがあるからです。


肥満は最大の死因?


日本人の死因
1位 がん  27.8%
2位 心臓病 18.2%
3位 脳卒中 13.7%
その他

第2位の「心臓病」と、第3位の「脳卒中」は、どちらも主に動脈硬化を原因としています。つまり、「肥満」と「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」は、お互いに関連し合いながら、動脈硬化を促進し、死に結びつく重大な病気を招く危険性をもっています。それで、肥満とこれらの生活習慣病を合併した状態を「死の四重奏」と呼んでいます。


肥満が病気を引き起こすメカニズム


 近年、脂肪細胞の働きが解明され、脂肪細胞が生活習慣病の発症と深くかかわっていることがわかってきました。脂肪細胞は、余ったエネルギーを中性脂肪として蓄えるだけでなく、体内でさまざまな作用を行う、さまざまな活性物質を放出しているのです。「TNF— α」は、糖の代謝にかかわる物質で、これが体内で増えると、糖尿病を招くことになります。

「PAI—1」は、血液の凝固に関係する物質で、血栓や動脈硬化の促進と深くかかわっています。「アンジオテンシノーゲン」は、血圧を上げる物質をつくり出す酵素です。「レプチン」は、脂肪の貯蓄量の調節に関与しています。

 太ってくると、脂肪細胞から放出されるこれらの活性物質の量が、全体的に多くなり、糖尿病や高血圧、高脂血症、そして動脈硬化を引き起こしやすくなるのです。

 つまり、体に脂肪が過剰につくこと自体、直接、体に悪い作用を及ぼしているといえます。「病気がなければ太っていてもかまわない」のではなく、体に脂肪が過剰についているという状態が危険なのだということをよく理解して、減量に努めることが大切です。

Comment:0  Trackback:0
2000
04.03

脳卒中・脳内出血の後遺症 手術後の手足のしびれやふらつきは一生治らないのか?

Category: 脳の病気   Tags:健康

脳内出血についての悩み相談


2年ほど前に脳内出血で倒れ、手術を受けた。もともと血圧が高かったため、降圧剤を服用し、現在は上が135、下が85とほぼ安定。術後は調子もよかったのだが、天気の悪い日には頭がくらくらする。多少手足のしびれも残るが、これは一生治らないのか?

解説してくださったのは岩手医科大学教授、小川彰先生。



脳内出血の後遺症


脳へ行く血管にトラブルが生じる病気が脳卒中。脳内出血は、脳卒中のひとつです。
正式な名前は「高血圧性脳内出血」といい、血圧の高い方に起きる病気です。

脳内出血とは


まず脳内出血というのはどのような病気であるか。
手術前の頭の中には、白い血腫が見られますが、これが出血したところになります。この方は手術によって、この血腫を取り除いたわけです。手術によって血腫を取り除いた後は、スリット状の傷が残ります。

この方の場合には、麻痺はほどんど治って、今はしびれぐらいしかないということですが、そのぐらいよくなられたのは、かなりラッキーだったんじゃないかと思います。脳の神経の繊維が消えてしまっておりますと、麻痺などが治らない患者さんがたくさんいらっしゃるんですね。そうしたことから考えますと、現在はしびれが残る程度でしたら、かなりうまく治ったということが言えるかと思います。


くらくらするのは降圧剤の影響も


それでは、天気の悪い時にくらくらするということについてご説明いたしましょう。
この方は、もともとかなり高血圧のため降圧剤を飲んでいらっしゃるそうです。
この方の血圧は今、135の85ということですから、正常よりも少し高いぐらいに位置します。おそらく出血を起こして病気になる前は、かなりの高血圧だったと思われます。それがだいぶよくなったわけですが、血圧のコントロールをし過ぎますと、脳の血の巡りが減り、頭がくらくらするという場合があります。

ですから、ちょっと、降圧剤の薬とその飲み方を工夫してみたらいかがでしょう。今はよくコントロールされ、一応少し血圧が高い程度になっていますが、あまり血圧が下がり過ぎますと、頭がくらくらするとかふらふらするといったことになる可能性があるんですね。

そういう意味では、お薬の飲む時間や、血圧をコントロールするために服用されてるお薬がどのぐらいのものなのか、先生とよくご相談になって、血圧のコントロールを工夫してみれば、今お困りの症状も治る可能性があると思います。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。