--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002
11.21

ストレスチェックテスト・ストレス解消に効果のある食べ物

ストレスチェック


(1)肩こりがひどい
(2)寝不足である
(3)胃がよく痛む
(4)食生活が不規則である
(5)うっかりミスが多い

血流チェック


ストレスがたまっている人は血小板が固まり、血流が悪くなる。
血の流れる速度を測ってみるとストレスの度合いがチェックできる。

※ 1秒間に流れる血小板の数 女性の平均は35~45個
ドロドロ血をほおっておくと動脈硬化や脳梗塞にかかることも!!


ストレス解消にはレモン


ストレス解消にはレモン1日1.5個!
レモンに多く含まれるクエン酸は血流をよくする効果がある。
さらに、疲労物質の乳酸を取り除く効果もある。
香り成分のリモネンはリラクゼーション効果があるのでストレスには効果的

レモンはコレステロール値も下げる効果があるので、続けていけば必ずよくなります。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2002
04.23

プレッシャー・上がり症克服法 プレッシャーに強くなる方法 アガらない方法

上がり症で公の席で発言するのが怖い。
プレッシャーを克服する方法は?

アガルって何?


アガルとは意識が過剰に覚醒した状態で、何らかの場面に望む時にダメだと思い、自信が持てないとアガってしまう。ひどくなるとパニックになってしまうのです。

プレッシャーとは?


ストレスの一種で精神的に過剰に緊張した状態。
プレッシャーにかかるというのは、交感神経が緊張した状態のこと。
平常心の場合、「興奮を促す交感神経」と「安静を保つ副交感神経」のバランスがとれている状態なのですが、プレッシャーを感じると、脳が「交感神経」だけを刺激するので、2つのバランスが崩れてしまう。


プレッシャーを克服する為に、心理的な面からアプローチ


プレッシャー克服法 その1


(1) 左手で右手首を掴み、左側に体を傾ける。肺の側面にある「呼吸筋」を伸ばす事で呼吸を楽にする。反対側も同じように伸ばす。
(2) 指を交互に組んで鼻で息を吸いながら、体を後ろへ倒す。これで、横隔膜の近くにある「副交感神経」を刺激し、緊張が和らぐ。
(3) 4秒かけて鼻で息を吸い口で息を吐きながら体を起こす。

プレッシャー克服法 その2


(1) 30cm手前から額に向けて指を近づける。
(2) 指が額についたら、目を閉じ指を離す。指の感触をイメージする事で、集中力が高まる。

プレッシャー克服法 その3 グッズ利用法


(1) カイロを挟んで発熱させる。
(2) 両手で挟む。
(3) 肩を上下させてリラックスしながら、手のひらを温める。手のひらの血管が広がると、近くにある副交感神経が刺激されて緊張が和らぐ。

プレッシャー状態では「交感神経」が刺激されるので、逆に「副交感神経」を刺激してやれば良い。足の裏や肩を温めても同じ効果がある。


簡単!リラックステクニック


条件反射を身につけよう


毎日のイメトレで決まった仕草をするクセをつけると条件反射でその仕草をしただけでリラックスできるようになります。

ミスしたときの心の切り替え術


本番中に予想外のミスをすると心は敗北へと向かってしまうので、自分に都合よく考え、素早く心を切り替える

超高速呼吸法


ものすごいスピードで鼻から吸い口から吐きます。こうしてわざと酸欠状態にし、苦しんだ後に深~い深呼吸をすると超リラックスが実現!


子供をあがり症にしない育て方


プレッシャーに弱い原因は、子供の頃にあった!その原因は母親の何気ない言葉によるプレッシャー。必要以上に「がんばってね!」と言うと子供は頑張ることを要求されると自分ではなく、誰かのために頑張らなくてはというプレッシャーにつぶされる危険があるのです。

■「期待してるからね!」は禁物!
期待している、などと条件をつけられるとカンペキにしなくてはいけないと思い込み、強いプレッシャーを感じてしまう。

■無理に練習させていた
無理強いをすると、何事からも逃げ出すくせがついてしまう可能性があります。
母親がよかれと思っていた子供への励ましが実は多大なプレッシャーとなっていたからなのです。


アガる人の脳


私たちの身体は、自律神経によって自分の意志とは無関係に、心臓や肺などの臓器や、汗腺の働きをコントロールされています。

この自律神経とは、私たちが活発に活動している時に働く交感神経と、リラックスしている時に働く副交感神経に分かれており、不安やプレッシャーのために、交感神経が副交換神経よりも優位に立つことによって、臓器などが過剰の覚醒状態になって、同期や多量の発汗、胃炎などを起こすようになるのです。

アガル原因ともなるプレッシャーに強い人と、弱い人の脳はどうのように違うのでしょうか?

あがらない人・プレッシャーに強い人の脳


●強い人の場合…(会議で重役な役目を任されてしまった場合)
前頭葉が発表すると決定したにもかかわらず、まだ視床下部は煮えきりません。すると、覚醒ホルモンのアドレナリンが登場!視床下部がプレッシャーを感じるとこのアドレナリンが分泌されるのです。

●アドレナリンの登場
アドレナリンが自律神経を刺激し、その結果、手足の震えや大量の汗、動悸などが起こってしまいます。しかし、前頭葉が視床下部に不安を取り除くように情報を調節して伝えます。すると…?

●アドレナリンを抑える働きをする正義のヒーロー登場!
これがコルチゾール。アドレナリンの活動を抑えます。そして、コルチゾールの活躍により、アドレナリンは中和され、身体的な影響は出にくくなります。


あがりやすいプレッシャーに弱い脳


●プレッシャーに弱い人の場合
なんと前頭葉が不安になる情報をそのまま視床下部へと伝えてしまうので、大量のアドレナリンが分泌され、コルチゾールの量も減っていき、コルチゾールはアドレナリンを抑えきれずに、自律神経が刺激されてしまいます。

●その結果
先ほどの失敗を、海馬が経験として記憶します。さらにこのようなことが何度か繰り返されると、海馬がこれまで失敗した記憶を呼び戻し、それを視床下部に直接伝えてしまい、極度の緊張を伴う場面ではなくても、条件反射的に脳がアガリの状態を作り上げてしまうのです。

Comment:0  Trackback:0
2002
04.11

ジェットコースターの恐怖克服方法 落ちるときの呼吸法と姿勢

ジェットコースターの恐怖をを克服する方法


レールをみて曲がる方向に体を倒すことですね。
バイクに乗るときと同じですよ。


ジェットコースターの落ちる瞬間の恐怖克服方法


呼吸方法


急降下が始まったら思いっきり鼻から息を吐いてください。
内臓が持ち上げられる感覚は全然なくなります。


ジェットコースターの登っている間は少しずつ息を吸って下さい。
そして落下するタイミングで少しずつ息を吐き続けます。
魂が抜けるような怖さはかなり無くなります。


姿勢など


バーをしっかり体に押し付けてください。
そうすれば、フワッと浮く感じが少しなくなります。


顔を膝にくっつけるような感じで体を折り曲げると「内臓が持ち上げられるような感覚」は、ほとんど無くなりま

す。これは自信アリです。(個人差はあると思いますが)


落ちる前にしっかり落ちる先を見て、少し前のめりになり、腰を少し浮かします。丁度スキーで直下降で腰を落としているようなイメージです。 びっくりするほど怖くなくなります。

勿論、しっかり腰をつけているのと違い、少し不安定になりますので、しっかり前のバーにつかまる事と、可能であれば足を前又は横に突っ張り体を支えてください。 方法が方法だけに、頻繁に右や左に回転しながら、横Gを受けながら「落ちる」ものには適しません。危険ですので。 まずは小さい物(安全)からこの方法を試してゆくと、あの「ふわり感」に慣れて、ディズニーランドにあるもの位なら、
こんな事しなくても、普通に乗っても全く怖くなくなります。

それでもこわかったら、とにかく大声で叫ぶこと!!


ジェットコースターの恐怖克服 精神的な問題を解決


ジェットコースターに乗れない理由を考えてみる


・小さい頃の恐怖体験
・様々な情報による思い込み

ジェットコースターを恐がらないようにするには


不安を取り去るために弛緩訓練をする。
弛緩訓練とは、不安を感じると緊張する→その緊張を解くと不安が減る、というように、不安を下げる訓練のこと。

ジェットコースターに乗れるようになるコツとは


手をグッと握り締めてから力を抜く。これを繰り返し、体の緊張をほぐし、呼吸を整える。音楽を聴いて気を紛らすのも効果あり。

★ポイント
(1)緊張した筋肉を緩める
(2)イメージトレーニング(まず初めはブランコに乗るイメージから)
Comment:0  Trackback:0
2001
07.13

PTSDの症状と接し方 傷つける言葉

凶悪な犯罪や、予期せぬ事故、災害などに巻き込まれ、命の危険にさらされたとき、目には見えませんが、私たちの心は大きな傷を負うことになります。こうしたとき、心配される状態の一つが「PTSD」です。PTSDとはどんなものなのか、それを解決するにはどんな取り組みが必要なのか、考えていきます。

「PTSD」とは何か?


PTSD=ポスト・トラウマティック・ストレス・ディスオーダー=心的外傷後ストレス障害

命が危険にさらされるような恐怖の体験などで大きな心の傷を受けたことが原因で起きる症状です。


PTSDの症状


・突然よみがえる記憶(再体験)
・記憶につながるものに近づけない
・眠れない
・いらだちやすい

辛い体験の記憶やその時の気持ちが自分の意志とは関係なく蘇ってしまったり、その体験につながるものに近づけなかったり、眠れなかったりという症状があって、生活に支障を来してしまうものです。 こうした症状は、事故や災害、犯罪など、異常な体験をした場合に誰にでも起こりうる正常な反応です。ただ、時間の経過と共に薄れることなく、過去の忌まわしい記憶に振り回される状態が続く場合、日常生活に支障が出るため、治療が必要になっていきます。


接し方


PTSDの症状に苦しむ人など、心の傷ついた人には、周囲の人たちの何らかの支援が必要です。ただ、過度の慰めや励ましは逆効果のことが多く、また、どう接したらいいか分からず、疎遠になっていくことは、孤立感を深めてしまう結果になります。また、よかれと思ってかけた言葉が、相手を深く傷つける場合もあります。

傷つける言葉


・がんばれ、
・元気にならないと亡くなった人も浮かばれない、
・早く忘れてやり直しましょう、
・思ったより元気そうですね


Comment:0  Trackback:0
2001
05.31

初老期のゆううつ

40歳から始まる初老期のゆううつ。放っておくと進行してうつ病になるおそれもある。ゆううつになりやすい人の性格やそのサイン、または進行を防ぐにはどんな注意が必要かを伝える。

初老期に起きる心と体の変化
ゆううつになりやすい性格
心配なゆううつ
ゆううつを上手に乗り切る


初老期は変化の年代


リストラ・退職・職場のIT化
子どもの独立や親の介護
身近な人との別離
気力や体力の低下
昇進やマイホーム

ゆううつになりやすい性格


まじめで責任感が強い
完ぺき主義
神経質できちょうめん
他人の評価を気にする
感情を抑える

心配なゆううつ


不眠
食欲不振
性欲減退
気分がすぐれない
意欲が低下する
これらが2週間以上続く

ゆううつを上手に乗り切る


人目を気にせず八分目で
変化に注意する
状況を理解して安心させる
励まさない
大事を判断させない

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。