--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.03

ネバトロ松茸冷や汁レシピ ヒルナンデス9月2日 アレンジ王子 有坂翔

ヒルナンデス9月2日放送
ネバトロ松茸冷や汁レシピ(冷や汁アレンジ)


ネバトロ松茸冷や汁レシピ ヒルナンデス 冷や汁アレンジ


アレンジ王子・有坂翔太とお料理アイドル八乙女光が教える!
意外な材料で簡単&美味しくなる
残暑に嬉しい!5分でできる冷や汁アレンジなンデス!
ヒルナンデス9月2日冷や汁アレンジレシピ一覧

ネバトロ松茸冷や汁 作り方


【 材料 】
ご飯      茶碗1杯
松茸吸いの素  1人前
水       100cc
めんつゆ    大さじ1
ナメタケ    大さじ1
ヤマトイモ   適量
キュウリ    適量
すりごま    適量
氷       2~3個

【 作り方 】
 1.松茸吸いの素に水を加え、溶かす
 2.溶かした松茸吸いの素にめんつゆ・ナメタケ・氷を加える
 3.お茶碗に盛ったご飯の上に②をかけ、輪切りにしたキュウリを散らす
 4.さらにその上からすったヤマトイモとすりごまをトッピングすれば完成

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
01.13

テスト

Category: a
テスト
Comment:7  Trackback:0
2013
09.03

ぜんそく NHKあさイチ9月4日 秋に増える喘息 発作の原因と予防

Category: a
NHKあさイチ9月4日「ぜんそく
急増する“ぜんそく” 知られざる脅威と対策


長引くせきに悩まされるという方はいませんか?実は秋はぜんそくの発作を起こす人が増えるシーズンです。子どもの病気と思われがちですが、大人で発症する人も多く、この10年で患者数は2倍に増加、年間およそ2千人が亡くなっています。秋は空気が冷たくなったり、ダニの死骸が増えたりと発作が起きやすい要注意の時期なのです。

長引くせきがサインになることが多いですが、「ぜんそく」の診断は医師でも難しいのが現状です。そんな中、診断のヒントになる「呼気NO検査」という新たな検査が今年から保険適用となり注目されています。さらに、ぜんそくが重症化する背景に、薬(ステロイド剤)をやめてしまうという事があげられます。ぜんそくに関する正しい知識と服薬方法を患者どうしで教え合う「熟練患者」を認定し、患者の重傷化の予防につなげているNPOもあります。

また小児ぜんそくの子どもたちが抱える「社会からの孤立」、それと向き合うための夏のキャンプも取材します。日常生活でさまざまな制約を受けることから自信を失い、引きこもりがちになる子どもたちの自立を後押ししようと開かれる2泊3日のサマーキャンプを密着取材。小学生の成長をドキュメント&最新情報を織り交ぜながら、ぜんそくとのつきあい方を考えていきます。


ぜんそく 発作の起こる仕組みは?


気道が収縮する


 「ぜんそく」は急に呼吸が苦しくなる「ぜんそく発作」を繰り返す病気です。空気の通り道を「気道」といいますが、発作が起きているときは、気道の周囲の筋肉が収縮したり、たんがたまったりして、空気の通り道が狭くなっています。そのために、呼吸が苦しくなるのです。
 ぜんそくの原因は、すべてがわかっているわけではありませんが、「ダニなどに対するアレルギー、ウイルスなどの感染、たばこの煙」など、さまざまな要因が重なり合って起こると考えられています。そのほかに「大気汚染、ストレス、気候」などの影響も考えられています。


気道が過敏になる


 発作が治まると、気道は元の広さに戻り、呼吸が楽になります。しかし、発作が治まっているときでも、患者さんの気道の粘膜には、慢性的な炎症が起こっていることがわかってきました。慢性的な炎症が起きていると、粘膜が過敏になり、ちょっとした刺激で発作が起こりやすくなります。
 発作が起こると、炎症がさらに悪化して、気道はさらに過敏になります。このように、慢性的な炎症が次の発作を招く下地となり、発作が起こると慢性的な炎症をさらに強めるという悪循環に陥ります。すると、発作の頻度が増えたり、発作の程度が強くなるなど、ぜんそくが悪化します。


ぜんそくの薬


炎症を抑える薬


 「ぜんそく」の治療は、「慢性的な炎症を抑える治療」と「発作を抑える治療」の2本柱で行われます。慢性的な炎症を抑える治療では、「吸入ステロイド薬」を中心に使います。発作が起きていないときも、基本的に毎日吸入ステロイド薬を使うことで、炎症が抑えられ、発作が起こりにくくなります。
 吸入ステロイド薬は、炎症を抑える効果が高く、口から吸入して、気道に行き渡らせます。霧状の薬を吸い込むスプレー式と、粉末状の薬を吸い込むパウダー式があります。それぞれ吸入方法が異なります。吸入方法を間違えると、十分な効果が出ませんから、正しい方法で吸入するようにしましょう。


併用する薬


 慢性的炎症を抑える治療では、吸入ステロイド薬に「抗アレルギー薬」などの薬が併用されることがあります。併用する薬は、1種類のこともあれば、2種類、3種類のこともあります。いくつかの薬を併用することで、炎症を抑える効果が高まったり、吸入ステロイド薬の量を減らすことができます。
 炎症を抑える治療は、毎日続けないと、炎症と発作の悪循環を断つことができません。吸入ステロイド薬や併用する薬も、自己判断でやめるのは禁物です。病気と気長につきあうつもりで、毎日薬を使い、よい状態を保つようにしましょう。また、定期的に受診することも忘れないで下さい。


発作を抑える薬


 発作が起きたときは、気管支を拡張する薬などを使って症状を改善します。発作を抑える薬には自宅で使う「β2刺激薬」と、医療機関で使われる「アミノフィリン」があります。β2刺激薬は吸入薬で、携帯できます。発作の症状があったときは、我慢せずに吸入し、発作がひどくならないようにします。
 家庭で対応するか、医療機関を受診するかは、「横になれるかどうか」が目安となります。苦しくて横になれない場合は、医療機関を受診して下さい。発作は、夜間や早朝に起こることが多く、受診をためらうこともありますが、我慢しないことが大切です。


ぜんそく発作が起きたらどうすればいい?


自宅で治療が可能な場合


 発作の程度は、「軽度、中等度、高度、重篤」の4つに分けられます。このうち、自宅で治療が可能とされるのは軽度の発作です。発作が起きて苦しくても、横になれる程度の場合は、軽度の発作で、自宅でβ2刺激薬を吸入します。吸入して症状が消えれば、発作が治まったと考えられます。
 しかし、症状が残っているようなら、20分後に再び吸入します。このように「20分ごとに3回まで」を目安に吸入してください。なお、吸入する量は、指示された1回量を守ってください。症状が治まり、3~4時間安定した状態が続けば、受診の必要はありません。


受診の必要がある場合


 薬で症状が治まらないときや、悪化する場合には受診が必要です。また、軽度の発作と思える場合でも、以前に発作で入院したり、医療機関へ運び込まれたことのある場合も受診して下さい。特に、1年以内に入院や救急外来を受診した場合、一度でも気管挿管をしたことがある場合は、早めに受診して下さい。
 中等度以上の発作が起きたときは、直ちに受診します。横になることができず、「座っていないと苦しい」「話せない、動けない」「チアノーゼがある」などの場合です、特に、チアノーゼがあるときは、ためらわずに救急車を要請して下さい。救急車には、酸素吸入の設備があり、呼吸困難にも対応できます。


ぜんそく予防のための自己管理とは?


ぜんそく日記をつける


 ぜんそくは、患者さん自身が、病気の状態を正しく把握し、薬をきちんと使うなど自己管理することが大切です。そのために使われるのが、「ぜんそく日記」です。ぜんそく日記には「天気、発作の有無や強さ、薬の使用状況、せき、たん、かぜ、発熱、睡眠の状態」などを記入します。
 ぜんそく日記を毎日つけて、天気や睡眠、かぜなど、どんなきっかけで症状が出たか、薬の使い忘れがどう影響したかなどがわかったら、生活や薬の使い方に注意しましょう。また、受診時には、ぜんそく日記を担当医に見せて下さい。医師は、ぜんそく日記を参考にしながら、治療内容を検討します。


ピークフロー値を測る


  「ピークフロー値」を測定し、気道の状態を客観的な数字でとらえ、自己管理に役立てます。ピークフロー値は、「ピークフローメーター」という器具を口にくわえて、息を吐き出して測ります。値が低ければ低いほど、気道が狭くなっていて、発作に近い状態にあることがわかります。
 自覚症状がなくても、ピークフロー値が低い場合は、やがて発作が起こる可能性が大きいと考えられます。そこで毎日、朝晩、ピークフロー値を測り、値が低下し始めたときに薬を使うなど適切な対応をすれば、発作を予防することができます。毎日測ったピークフロー値は、ぜんそく日記に書き込みます。

Comment:0  Trackback:0
2013
08.26

帯状疱疹 あさイチ8月28日

Category: 未分類
あさイチ8月28日
帯状疱疹

80歳までに3人に1人は一生のうちにかかる、という身近な病気「帯状疱疹」。しかも、その患者数は15年前と比べ、およそ4割も増えています。重症化すると神経が傷ついて慢性痛が残ったり、失明や顔面まひといった合併症を引き起こす可能性もある危険な病気ですが、正しく対処できた人は実は意外と少ないとのこと。最も重要なのは早期発見で、発疹が出てから72時間以内に抗ウイルス薬服用すること。しかし、発疹で帯状疱疹に気付いたのはたったの3割。痛みの症状から、四十肩やぎっくり腰、心筋梗塞や腸閉塞(へいそく)などと勘違いし、治療が遅れ、重症化するケースが多いのが現状です。

そこで番組では、簡単な早期発見のチェックポイント、予防法、痛みが残った人のための最新治療法までお伝えしました。また帯状疱疹を発症させないための、とっておきの対策についてご紹介しました。


帯状疱疹は気づくのが遅れがち


なかなか帯状疱疹と気づけなかった2人の女性のケースを紹介しました。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談1


福祉関係の仕事をしていた女性はあるとき、心臓の後ろや肩に原因不明の痛みを感じたが、当時は何が痛いのかが全くわからなかった。痛みはまるで背中から金槌で殴られたような感覚までひろがり、背中を鏡で見てようやく腫れに気がついたのだという。その後病院で診察を受け、帯状疱疹と診断された。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談2


また別の女性は、帯状疱疹だとは気づかずに整形外科に受診。すると医師は四十肩と間違えられ、別の処方を受けたという。しかし帯状疱疹ではないかと疑いながら10日以上放置し、ようやく内科に向かった。女性は、自分も整外科に言ってしまったのは悪いと思うが、医師ももう少し深く聞いて欲しかったと話した。

発疹が出る前から、不思議な痛みに襲われ「心臓が悪いの?」と思った人や、「筋肉痛だと間違えて、整形外科に行ってしまった」という人も少なくありません。
そもそも帯状疱疹の原因は、子どもの頃にかかる水ぼうそうのウイルス。水ぼうそうにかかると、ウイルスは神経節といわれる所に潜伏しています。しかし水ぼうそうウイルスに対する免疫力が下がると、ウイルスが暴れ出し、神経に炎症を起こしながら皮膚に発疹が出ます。ということから、「帯状疱疹は、神経を舞台とした病気」といわれています。


顔にできた帯状疱疹で失明・顔面まひに


耳に帯状疱疹ができ、その後、顔面まひを引き起こす「ラムゼーハント症候群」と診断された女性に話を聞きました。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談3


17年前に帯状疱疹に罹患した女性を取材。彼女の場合は、耳に帯状疱疹ができてしまったため、その後顔面麻痺の症状を引き起こされ、顔の皮膚だり半分が動かなくなってしまった。医師によるとこの症状は帯状疱疹によるラムゼーハントと呼ばれる合併症で、17年たった今も麻痺の症状は消えたが顔の左半分に対する違和感が消えていない
という。

なぜ顔面まひになるのかというと、耳の奥にある表情筋を動かす顔面神経が傷害を受けてしまったから。さらに顔面神経の近くには音の高低差や、身体のバランスをつかさどる神経も通っているため、耳鳴りやめまいといった症状も引き起こすことも特徴の一つ。さらに目の周りに帯状疱疹が出来た場合も要注意。目の場合は、眼につながる三さ神経が炎症を起こすため失明・視力障害の恐れがあるといいます。


帯状疱疹の後慢性痛に


帯状疱疹の発疹が消えたあとも、痛みだけが残ってしまった女性のケースを紹介しました。

帯状疱疹に罹患した女性の体験談4


36歳の看護師の女性は19年前に帯状疱疹にかかった時に、高額だという理由で薬を処方されず、自力で治すという選択をした。しかし、腫れや発疹は治まったが体内の痛みが取れず、仕事にも支障をきたすようになった。

帯状疱疹の治療には抗ウイルス薬を処方するが、20年前に開発されたもので、VTRに出ていた女性は治療薬が出回って間もない頃に罹患してしまったため、自力で治すよう言われたのではないか、とのこと。帯状疱疹に理解のない先生がいると自力で治そうと言われるという。


帯状疱疹の治療法・早期発見のポイント


痛みを残さないためには早期治療が必要不可欠です。ウイルスの増殖は、発疹が出て72時間でピークに達するため発疹が出て72時間以内に抗ウイルス薬を服用することが大切。発疹が出て72時間以内に抗ウイルス薬を内服すれば、帯状疱疹後の痛みを抑えられるというデータもあります。また抗ウイルス薬は、1週間でおよそ6000円と高いため驚く人も多いですが、痛みや合併症を引き起こさないためにも、まずは抗ウイルス薬を、ちゃんと飲みきることが大切です。

早期発見のポイント


また、帯状疱疹を早期発見するポイントとして、
・最初に痛みがあり、4~5日後に発疹が出る
・片側だけの発疹が出る
・帯状に発疹が出る


発症しないための、とっておきの対策


帯状疱疹にならないための、とっておき対策とは、水ぼうそうのワクチン接種です。
水ぼうそうのウイルスと、帯状疱疹ウイルスは同じ。そのため、水ぼうそうのワクチンを打つことによって、帯状疱疹の免疫力が上がるといわれています。費用は、任意接種のため1万円程度かかります。また帯状疱疹にかかりにくい人として、保育士さんは、年齢を問わず、免疫力が強い事も判明。水ぼうそうの子どもと接し、体内に水ぼうそうのウイルスが入ると、免疫細胞が増えるため、帯状疱疹にかかりにくいと言われています。

※ワクチン接種を希望される方は、まずは地域の皮膚科へご相談ください。
ほとんどの皮膚科では、ワクチン接種を行っていますが、事前の予約が必要となります。


最新治療で痛みから脱出?!


現在、帯状疱疹後の痛みの治療は、劇的な変化を遂げています。2年前、神経の痛みの信号を抑える新しい薬が登場した事をはじめ、これまで帯状疱疹後の痛みで悩んでいた人でも、薬で改善する可能性が出てきました。
さらに番組では、まず薬の治療後、超音波を使った神経ブロック注射で、痛みがさらに改善した男性のケースを紹介しました。超音波を使った神経ブロック注射とは、痛みの信号を出している神経を見ながら、安全にかつ、確実に麻酔薬を注入できる治療法です。

男性の場合、腕に帯状疱疹を患い、腕の発疹が消えたあとも神経が傷ついていたため、痛みの信号が脊髄、脳へと伝わっていました。そこで超音波を使った神経ブロック注射で、手から送られる痛みの信号を確実に遮断。すると痛みの信号が来なくなった脊髄の神経は痛みを伝える必要がなくなったと判断し、痛みの信号が脳に過剰に伝えられることがなくなるというものです。また、この治療法により、帯状疱疹後神経痛の痛みを和らげられる可能性のある部位は、上肢、下肢、お腹と腰と、まだ非常に限られています。

※「超音波を使った神経ブロック注射」を受けられるのは、全国で数か所のみとなります。
※帯状疱疹後の痛みでお悩みの方は、まずは地域の皮膚科やペインクリニックへご相談下さい。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
07.26

きょうの健康「認知症予防の運動法」運動で記憶能力に良い効果が得られる

Category: 未分類
きょうの健康2013年07月25日(木)放送

運動で記憶能力に良い効果が得られる


 認知症は記憶能力の低下などが徐々に進行していくもので、社会の高齢化に伴い患者数が増加しています。認知症の大きな要因は加齢で、アルツハイマー病や脳卒中などの病気が関わることで発症します。予防は難しいと思われがちですが、近年、認知症は生活習慣の改善で予防できる可能性があることがわかってきました。特に、運動の継続による効果が期待されています。

 運動の強度は「楽」から「ややきつい」と感じられる程度が目安です。楽しみながら行うと脳が活性化するため、認知症予防の効果がさらに上がることが期待できます。各自治体の介護予防教室などを利用するのもよいでしょう。


認知症予防の運動をやってみよう!


注意!
担当医から運動制限を指示されている場合は、運動を行ってよいかどうかを担当医に確認する

「体を動かす」と「脳を使う」を同時に行う運動  1日10分間×週3回


下記の体を動かす運動と、脳を使う方法を同時に行う。慣れるまでは動きを止めないことを優先し、ステップ運動の順番を意識しすぎないようにする。

【体を動かすステップ運動】
1. ステップ台(※)の正面に立ち、台の上に右足を乗せる。
2. 左足も乗せて台の上に立つ。
3. 右足を台から下ろす。
4. そのあと左足も下ろす。

・この一連の動作を1サイクルとして、今度は左足から行う。これをリズムよく繰り返す。

※ スポーツ用品店や大型のホームセンター、福祉用品販売店などで購入できる。家の階段などを利用してもよいが、転倒しないよう注意して行う


【脳を使う方法】
・足し算や引き算などの計算を行う。
・野菜や果物の名前をあげていく
・2人で行う場合は、しりとりなどを行う


歩いて筋力を強化するモンキーウオーク  1日1分間×週3回


1. 両足を肩幅ほどに開き、まっすぐに立つ。
2. 背筋を伸ばしたままゆっくりと両ひざを曲げて腰を落とし、両手を組んで前へ伸ばす。
3. この状態のまま、前を見ながらゆっくりと歩く。


慣れてきたら...
歩幅を大きくして大股で行うと、さらに筋力を強化できる

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。